ピクシブ百科事典

大池トビオ

おおいけとびお

「メタルファイトベイブレード」に登場するキャラクター
目次[非表示]

声優

石田彰

概要

どこからかベイを放ち一撃でブレーダーを叩き落とす「必殺のスナイパー」を自称するブレーダー。ベイの殺し屋、通称「デスカプリ」として恐れられる。
黄色のアフロヘアーに肩出しの服装で、腕を見る限り比較的筋肉質。チュッパチャップスのような棒付きの飴をいつも咥えている。
相手を必要以上に挑発するなど自信家で、本人は対戦相手の事を「ターゲット」と呼ぶ。
シュート時には寝そべったポーズをとる。ランチャーグリップにアングルコンパスを取り付けて角度を徹底的に計算したシュートによる狙撃や、変則的な軌道で相手ベイを翻弄し、必殺の一撃を見舞うバトルスタイルが特徴の頭脳派ブレーダーである。

使用ベイ

ストームカプリコーネM145Q

やぎ座がモチーフの攻撃型ベイ。
重心のずれたM(ムーヴ)145トラックと斜めにカットされたQ(クウェイク)ボトムによって地を蹴りジャンプ攻撃を仕掛けることができる。
ジャンプの際非常に不規則な軌道となるが、トビオはアングルコンパスによって軌道を読みきり自在にコントロール。相手を翻弄している。


因みに、このストームカプリコーネ。玩具版では色々な意味で当時の子供たちを困惑・落胆させたベイとして有名。
その理由は以下の通り、

・ボトムが写真やメディアとほぼ別物
上述した通りQ(クウェイク)ボトムは完全に斜めにカットされたボトムとして紹介されており、アニメや漫画版でもその通り描かれている。そしてパッケージにもちゃんとそう写されているのだが、肝心の実物は全然違うものとなっていた(例えを挙げると、WF(ワイトフラット)の少し欠けたような物)。
一応当時の商品としては他に似たような例がなかったわけでもなく、外箱にも※実際の商品とは異なる部分があります。(意訳)と書かれていたものの、それを踏まえてもあまりに違っていたので困惑した子供たちは多い。
と言ってもこの点は性能が期待通りならあまり問題とならなかったのだが…。

・事前に告知された性能と違う
当時の雑誌(主にコロコロコミック)等の情報にはM145かQのどちらかを付ければジャンプできると書かれていたのだが、これはほとんど間違い。まずQボトムだけだと全くジャンプしない。ならばM145だけの場合はと言うと、確かにジャンプはする。本当に小刻みに。ボトムによって微かな違いは出るのだが、とても実戦で使えるものではない。
よってジャンプ攻撃をするにはこの二つを揃えていなければならない。しかし、この二つを揃え、ジャンプレベル4に(M145の中心を外側にし、Qの先端を外側にセット)することでようやく実践レベルのジャンプになるのだが、それでもたいして高く飛ばなかった(高く飛び過ぎるとスタジアムアウトやぶつかって怪我をする恐れもある為仕方ないのだが)。

と言った経緯により、当時の多くの子供たちをガッカリさせる結果となってしまった。ベイがジャンプするという機能がメタルファイトシリーズでは画期的な物だった為、期待外れ感が否めなかったのだろう。
ただその動きは純粋なアタックタイプとして見ればかなり性能が高い(代わりに他のアタックタイプと比べても物凄くスタミナが無い)のも事実であった為、上手く当てることができれば一撃必殺の威力を誇るロマンあふれるベイとしての面もあった。
また、Qボトムの見た目は上述した通りだが、M145を使わなかった場合は普通にスタジアムの周りを高速で走る。当時レアパーツの一つでもあったWF(ワイトフラット)と似たような動きであった為、割り切ってそのように扱うブレーダーもいたとか。

余談

名前の由来は藤子作品の名脇役小池さんから。(そのために『爆誕!サイバーペガシス』では暁宇宙に小池さんと間違われた事も。)
また、トビオという名前から、ギリシャ神話でパーン神が怪物から逃れるために魚に変身して川に飛び込むも失敗して下半身が魚の中途半端な姿になってしまったという山羊座の神話も元ネタと思われる。

関連タグ

メタルファイトベイブレード

関連記事

親記事

メタルファイトベイブレード めたるふぁいとべいぶれーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大池トビオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25116

コメント