ピクシブ百科事典

天井院

てんじょういん

天井院とは、『なんと!でんぢゃらすじーさん』から登場するキャラクター。 本稿では、彼の屋敷や家族、お世話係の床弾坊についても説明する。
目次[非表示]

我が名は、天井院。上から目線で庶民を見下す天井貴族!「天井院」である!!
「なんかわからんけど、サイテーな自己紹介だーっ。」

お概要

なんと!でんぢゃらすじーさん第4巻『天井貴族の天井院さまじゃっっっ!!!』から登場したいつも天井に張り付いている顔だけの貴族
じーさんからは『天井院さま』と呼ばれている。
貴族であるためか、尊大な口調で話し、孫を庶民と呼ぶ。
また、様々なものに「お」を付けて言う(例:おデリシャス)、ダンスパーティー毎日やらないと死んでしまうといった貴族らしい(?)所がある一方、寿司を見て、どもりながら「たいしたコトない」と言いつつ、大量の涎を垂らす、自身に勉強をさせるために現れた床弾坊(後述)に、唾を垂らす攻撃を行うといった貴族らしからぬ所もある。
帰る時は必ず天井ごと飛んでいく。
ちなみに何故か床から脱糞する(本人曰く「顔は天井にあるのだ。お大便はゆかからにきまってるだろ。」)

お屋敷

同巻『天井院さまのお屋敷にいくのじゃっっっ!!!』で登場。
屋敷は貴族らしく豪華…と見せかけて天井しかない。
エレベーター機能が搭載されているが、天井の高さが変わるだけである。
ちなみにインターホンは天井についている。

お家族

上述の話で登場。
家族構成は、の5人で、全員天井院同様、天井に顔だけ張り付いている。
天井院を含めた家族全員でダンスパーティーを行う事も出来るが、その様子はダンスというよりベイブレード催眠術である。
また、プロペラの如く、お屋敷の天井ごと飛んでいく事も可能(それにより、予定していたおフランスでのおダンスパーティーには余裕で間に合った)

床弾坊

床弾坊


せっしゃは…、お世話係…。貴族を床下からささえる…、お世話係…。せっしゃの名は…床弾坊!!天井院さまのお世話係であーる!!
第5巻『床弾坊登場じゃっっっ!!!』から登場した、床に張り付いている顔だけの天井院のお世話係の強面の老人。
天井院が怖くて逃げ出した所を見ると、彼にとっては天敵のような存在らしい。
口から吐く『床弾』という光線や、全ての物を体内に収納してしまう床下収納』(『なんと!』第8巻収録『みんなですきやきパーティーじゃっっっ!!!』では、天井院も同じような技を使っていた)という必殺技を持つ。
ちなみに、帰る時は床ごと帰る。
作者曰く彼が出てくると主人公のじーさんがまったく目立たないのが問題であるとの事。

お余談

第4巻『テレビ番組を作るのじゃっっっ!!!』では、スポンサーを務めた事があったが、じーさん達が作った番組は流せないと判断した(理由はふる ちんのすけ出演していたから)。

お関連イラスト

※庶民の方々の、天井院さまのお素晴らしいおイラストをお待ちしております。

お関連タグ

なんと!でんぢゃらすじーさん
天井
貴族

関連記事

親記事

なんと!でんぢゃらすじーさん なんとでんぢゃらすじーさん

pixivに投稿された作品 pixivで「天井院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209

コメント