ピクシブ百科事典

太歳星君

たいさいせいくん

古代中国の天文暦学において設けられた木星の鏡像となる仮想の惑星「太歳(たいさい)」が信仰の対象となって神格化されたもの。

概要

古代中国の天文暦学において設けられた木星鏡像となる仮想の惑星太歳(たいさい)」が信仰の対象となって神格化されたもの。詳しくは→太歳
首に多くの髑髏を下げ、金鐘を手にした三面六臂の姿で描かれることが多い。

創作での扱い

【落書き】一日一東方


世に災いを招く凶神「太歳星君」の影の1つ・・・という設定の紅美鈴の夢として登場した。
なおpixivのこのタグがつけられたイラストは、このキャラクター関連の投稿が一番多い。
詳細は →大ナマズ

pixivに投稿された作品 pixivで「太歳星君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34101

コメント