ピクシブ百科事典

殷郊

いんこう

中国の小説、及びそれを原作とする藤崎竜の同名の漫画作品、『封神演義』の登場人物。
目次[非表示]

概要(原作)

紂王の長男にして殷の東宮(王太子)。弟に殷洪がいる。母の姜氏が謀反の罪によって拷問死すると、遺言に従って母を陥れる手伝いをした姜環を討ち果たすも、そのせいで今度は自身が謀反人とされてしまう。母方の実家である東伯・姜桓楚の元に逃れる途中で追っ手に捕まり、弟ともども刑場で処刑されることになった。だが、そこで広成子の放った黄巾力士にさらわれ、周の武王を補佐するために広成子の下で修行をすることとなる。

その後、広成子より三面六臂の体と強力な宝物を与えられ、西岐軍への合流を命じられる。その際広成子に誓いを求められ、殷に寝返ったら『「犂鋤(りじょ)の厄(※)」を受けても構わない』と誓約した。だがその道中で申公豹から弟・殷洪の死を知らされると豹変して復讐を決意。西岐討伐軍に加わった。裏切りを知った広成子の説得にも頑として応じず、宝貝・番天印を駆使して西岐軍を苦しめる。だがやがて劣勢となって囲まれ、最期は燃灯道人の術によって山に体を挟まれ、武吉により犂鋤の厄を執行されて絶命した。その後亡霊となって紂王に最後の諫言をしている。姜子牙により執年歳君太歳神に封神された。

※犂鋤(りじょ)の厄
犂=「り」、または「からすき」。古代中国におけるスコップ。鋤=「じょ」、または「すき」。干草や土などを掻き分ける、先端がフォークのように鋭く何本にも枝分かれしているアレ。つまり『犂鋤の厄』とはそうした農作業具で殺される刑のこと。仮にも戦士や王侯貴族・将軍が、『敵国の戦士の殺人用の武器』で命を奪われるならともかく、『戦士ですらない農民の農作業具』に殺されるという点で、とんでもない屈辱を与えるムゴい刑とされている。

概要(藤崎竜版)

紂王の第一子。の皇太子。原作と異なり、異形の姿となることはない。
母(姜妃)が妲己により投獄され自殺をしたのち立場が危うくなり、朝歌を出る。
その際に黄飛虎の護衛兵に偽装した妲己の刺客により暗殺されかけた所を太公望に助けられ、力を付けるべく崑崙山へ仙人界入りをする。
仙人界で広成子の弟子として修行し宝貝「番天印」を授かるも、殷への侵攻を決めた周に反発。殷の王太子として太公望らと敵対する。原作と異なり申公豹に誑かされておらず、師から宝貝を授かった時点で既に反抗の意思を固めていた。
戦いの最中、太公望をかばった弟を誤って討ってしまい、錯乱。その隙を突かれて太公望により封神される。兄弟仲は非常に良かった様子。

所持宝貝

・番天印 成人男性の腕や足ぐらいの太さの、「番天」と印字面に彫られたピストン式印鑑のような形状の宝貝。使用者の意思を受けて戦闘形態に移行する際には、番天印を使う側の腕を巨大甲虫めいた生物的な装甲で、肩口から手先まで完全に覆い尽くし、その生体装甲の腕の先から「番天」の印字彫面がせり出し、砲口と化す。攻撃の際は番天印の力で、狙撃対象に上述の彫面そのままの「番天」と書かれた光の印を浮かび上がらせ、その『番天』の印をロックオンサイトとして、そこ目掛けて腕の砲口からホーミングレーザーを発射する。
破壊力は、一発でも兜を被った人間の頭が粉々に消し飛ぶというなかなかに恐ろしいレベルだが、真に恐ろしいのはそれだけの破壊力のホーミングレーザーを、一度に大量に押印(ロックオン)&発射可能という点。
その特性ゆえに一対多の殲滅戦で特に戦果を挙げる(師匠の広成子のミリタリー趣味が現れたものか)宝貝であり、殷郊はこれで、宝貝相手ではなすすべもなく逃げ惑うしかない周の大勢の兵士たちに押印を行って太公望の反撃を封じる人質とし、実力に勝る太公望の左腕を撃ち潰すことに成功している。

その他作品における殷郊

  • 中国の諸経典・神話など 武王伐紂平話捜神大全などに太歳神(災いをもたらすこともある強力な神将)の前世として登場。母后(もしくは祖父)が処刑されたり、伯父と共に追放されたりと苦汁をなめるが太公望に出会い周に仕官。敵を滅する魔法の武器を振りかざして妲己を征伐する姿や、母后が生んだ肉塊から誕生する逸話は封神演義本編の哪吒に酷似したエピソードを持つ。



  • 殷周伝説(横山光輝氏のコミック) 封神演義と概要は全く変わらないが、救うのは仙人ではなく彼らに雇われた人々が砂嵐の日に刑場へ忍び込んで弟の洪王子と共に救出された。周が殷討伐に動きだした際、親姫発派の師匠と配下の童子に呼び出されて参戦するかどうかを聞かれるが、弟と一晩話し合った上できっぱりと拒絶する。その後、権力を捨てて静かに暮らすハッピーエンドを迎えた。


関連タグ

殷洪

pixivに投稿された作品 pixivで「殷郊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3961

コメント