ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

女先生(ブルーアーカイブ)

おんなせんせい

ゲーム『ブルーアーカイブ』におけるプレイヤー「先生」を描く二次創作について、女性と設定している作品を示すタグ。
目次 [非表示]

概要編集

『ブルーアーカイブ』原作ゲームにおけるプレイヤーの分身「先生」は、シナリオ内で明確な性別・年齢等の描写をあえて避けられている。

(エデン条約編において聖園ミカが「あんまり私たちと変わらない感じ」と述べるなど、間接的な言及に留まる)

公式のビジュアル設定は(デフォルメされたアロナの似顔絵、逆輸入としてのバレンタインチョコを除いて)存在せず、シナリオディレクターIsakusanによって「いかなる形であれ姿を描く予定は無い」と断言されてまでいる。

日本語版の一人称も中性的な「私」であり、諸々の選択肢における口調についても概ね女性と想定して違和感の無い内容となっている。

  • Isakusanへの公式インタビュー動画(韓国語音声・英語字幕)やインタビュー記事(韓国語)によると、原作ゲームにおける「先生」はプレイヤーの分身であるため、意図的に性別などを明確にしないよう描いているとのこと。
    • 「本質的には、先生はゲームを遊ぶプレイヤーを象徴しています。だからこそ多くの詳細が不明なのです。年齢や性別も含めて。ですから、先生のことをプレイヤーである自分自身だと思ってください」
    • 「もちろん先生が特定の性別に感じられたり、あるシナリオでは救いようのないオタクに見えたり、あるシナリオではまるで聖人のように見えたりすることもありますが……結局、先生はこのゲームを遊んでいるユーザーの皆さん自身と思われることを願って物語を構成していることをお伝えします」

日本語版における口調や一人称についても、女性プレイヤーでも感情移入に支障が出ないよう配慮したローカライズの結果であると考えられる。


Pixiv上ではタグ分けされているが、「先生」自体の総論・設定は女先生であっても男先生であっても百科事典「先生(ブルーアーカイブ)」記事で完全に共通しており、一方が公式/非公式というわけではない。

なお、アニメ版等のメディア展開では男性設定の先生が登場しているが、媒体によって先生の見た目や人物像も大きく異なっている(詳細は「先生(ブルーアーカイブ)」の項目にて)ため、あくまでもそのメディア展開作品限定の設定という意味合いが強く、総論として男性であることを決定づけているわけではない。


グローバル版では編集

Isakusanのインタビューが公式チャンネルに掲載されているグローバル版では、日本版ユーザーよりもプレイヤーと「先生」の一体化に関する認知度が高い。

当記事の英語版でも"The Female version of Sensei if player is Female in Blue Archive."(ブルーアーカイブでプレイヤーが女性である場合の女性版先生)と簡潔に説明がなされている。


関連イラスト編集

无题センシティブな作品

Twitterブルアカ幻覚漫画まとめ2先生Sensei-BlueArchive

水着生徒と先生たちセンシティブな作品


関連タグ編集

ブルーアーカイブ 女主人公

先生(ブルーアーカイブ):「先生」自体のゲーム内描写はこちらを参照。

女教師:女先生(ブルーアーカイブ)の創作において多くの場合外見のモチーフとなるキャラ属性。


他作品での類似タグ・キャラクター編集

他作品でも主人公の性別を女性として捉えるのは稀ではない。

関連記事

親記事

先生(ブルーアーカイブ) しゃーれのせんせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72214713

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました