ピクシブ百科事典

女神ソフィア

めがみそふぃあ

ファイナルファンタジーⅥ及びファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアに登場する三闘神の一柱(Ⅵでは女神の仮称)。
目次[非表示]

FF6

ファイナルファンタジー6に登場する三闘神の1柱である女神の仮称。
詳しい詳細についてはこちらで。
※、ちなみにメインイラストはこちらの女神のイラストである。

I would know the weight.


FF14

CV/田中理恵
古代アラグ帝国の幻獣制御技術により囚われ、魔大陸アジス・ラーに封じられた三柱の闘神(蛮神の旧い呼び名)の1柱。
南方大陸のメラシディアの線住人たちがアラグの軍勢に対抗すべく神降ろし(召喚)を行い、現世へと降臨する。

その姿は基部となる巨大な頭部の上に浅黒い肌の女性が乗っており、背面に光輪を思わせる構造物が配置されているという姿をしている。
なお、上述したFF6の女神と違って一応服装らしい服を纏ってはいるが、下はどっからどう見てもビキニスタイルといういろんな意味で物凄い事になっている。

南方の大陸のであり、ルーツも文化も異なる多民族国家の国々を纏める“調和”“均衡”を司る存在だが、その方法というものは調和を自身に願った信者さえも犠牲にして世界のバランスを一辺倒に保つ。要するに誰もいなくなれば調和と均衡が保たれる=“無こそが完全である”という世界のバランス一等辺な歪んだものである。

関連項目

三闘神

pixivに投稿された作品 pixivで「女神ソフィア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16574

コメント