ピクシブ百科事典

宇練銀閣

うねりぎんかく

宇練銀閣とはライトノベル「刀語」の登場人物。

概要

CV:宮本充

四季崎記紀の完全変体刀が一振り「斬刀・鈍」の所有者。
因幡国下酷城城主の浪人。居合い抜きの達人で、目にも留まらぬ速さの抜刀術「零閃(ぜろせん)」の使い手。
環境変化で全土が砂漠と化した因幡国の最後の住人。
いつも寝てばかりいるが、その実立て付けの悪い障子を開ける音で目を覚ます程眠りが浅い。
32歳。身長五尺四寸二分。体重十四貫二斤。趣味は「睡眠」。
例え寝てる間であろうと鈍を手放さないなど刀に対する執着心は強いが因幡国の砂漠化が解決するならば刀を手放してもいいと語るなど故郷に対する愛着も強い。

関連タグ

刀語 西尾維新

pixivに投稿された作品 pixivで「宇練銀閣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173701

コメント