ピクシブ百科事典

四季崎記紀

しきざききき

『刀語』の登場人物。劇中ではすでに故人で本人が登場したのはアニメ版のみである。

柄師、鍔師まで兼任し、刀にまつわる全ての事をたった一人でやってのけた天才的な刀鍛冶
占い師の家系に生まれ、自らの能力で未来の知識、技術を得て「変体刀」を生み出す。

本編からおおよそ150年前の人物で鑢一根に虚刀流のアイディアを与えたり、手中に収めれば戦の結果も変えるといわれた「変体刀」を千本も生み出した。

劇中で鑢七花とがめが集めたのはその中でも将軍家の権力と武力をもっても収集することができなかった完成形変体刀十二本であり、残り988本の変体刀は、完成系変体刀を作り出すための習作に過ぎなかった。

登場人物の一人である否定姫は彼の子孫。彼我木輪廻は顔見知りの関係。
彼我木輪廻によるとこの世界で四季崎の筋書き通り生きてない人間はいないといわれている。

原作では本人は登場しないがアニメでは鑢一根の修行中に現れ会話をしている。
担当声優は森功至

関連タグ

刀語 否定姫 鑢一根 彼我木輪廻 完成形変体刀十二本

関連記事

親記事

刀語 かたながたり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「四季崎記紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92650

コメント