ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

安部龍太郎

あべりゅうたろう

日本の小説家。ちなみに同音異字であるタレントの方は「安倍龍太郎」。

1955年生まれ。1987年から小説家として執筆活動を。

代表作には『家康』など


1988年の『師直の恋』でデビュー。


週刊新潮』に連載した『日本史 血の年表』(1990年に『血の日本史』として刊行)で注目を集め、かの隆慶一郎が最後に会いたがった男と言われた。


2005年、『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞受賞。

2013年、『等伯』で第148回直木賞を受賞。

2016年、第5回歴史時代作家クラブ賞(実績功労賞)を受賞。


紛らわしいが名前の読みが全く同じ1994年生まれのスペース・クラフトエンタテイメント所属のタレントの表記は「安龍太郎」である。

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました