ピクシブ百科事典

官能基

かんのうき

有機化合物を特徴づける原子の集団。
目次[非表示]

概要

多くの有機化合物中に存在する特定の原子の集団。同じ官能基をもつ有機化合物は同じ性質を示し、共通の一般名がつけられている場合が多い。普通炭素水素以外の元素を含むものを指す場合を指し、炭素と水素のみからなる原子の集団は単に置換基という。

官能基の種類

炭素と水素のみからなる置換基

官能基というよりは単なる原子の集団であり、その部分があるからと言って共通の性質を示す場合は少ない。また、化合物の一般名が存在しなかったり、共通の一般名がつけられていなかったりする。また、これらの総称してアルキル基という。

名称官能基化合物の例化合物の化学式
メチル基-CH32-メチルプロパンCH3CH(CH3)CH3
エチル基-C2H5エチルベンゼンC6H5C2H5
ビニル基-CH=CH2塩化ビニルCHCl=CH2
フェニル基-C6H5フェニルアラニン(アミノ酸の一種)C9H11NO2

官能基

炭素や酸素以外に含まれる元素として酸素窒素硫黄などがある。化合物の中には複数の官能基をもつものも少なくない。一般名の部分のリンクはWikipediaの記事に飛びます。

名称官能基一般名化合物の例化合物の示性式
ヒドロキシ基※1-OHアルコール/フェノール類エタノール/フェノールC2H5OH/C6H5OH
メルカプト基※2-SHチオールシステイン(アミノ酸の一種)C3H7SO2S
カルボニル基-CO-ケトン※2アセトンCH3COCH3
アルデヒド基※3-CHOアルデヒドアセトアルデヒドCH3CHO
カルボキシル基※4-COOHカルボン酸酢酸CH3COOH
アミド基※5-CONH-アミド※5アセトアミドCH3CONH2
シアノ基-CNニトリルアセトニトリルCH3CN
スルホ基-SO3Hスルホン酸ベンゼンスルホン酸C6H5SO3H
ニトロ基-NO2ニトロ化合物ニトロベンゼンC6H5NO2
エーテル結合-O-エーテルジエチルエーテルC2H5OC2H5
エステル結合-COO-エステル酢酸エチルCH3COOC2H5
※1 ヒドロキシ基ともいう。
※2 広義ではケトンだけでなく、アルデヒド、カルボン酸、アミド、エステルも含む。
※3 ホルミル基ともいう。
※4 カルボキシ基ともいう。
※5 アミド結合(生化学の分野では特にペプチド結合)といい、一般名もアミド化合物ともいう。

関連タグ

有機化合物

pixivに投稿された作品 pixivで「官能基」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313

コメント