ピクシブ百科事典

富士ガリバー王国

ふじがりばーおうこく

かつて山梨県に存在したレジャー施設。2001年閉園。
目次[非表示]

概要

富士ガリバー王国とは、かつて山梨県上九一色村に存在したレジャー施設(遊園地)である。
1997年開園、2001年閉鎖。

特徴

ガリバー旅行記の主人公ガリバーとそれにまつわるおとぎの世界をテーマとし、園内には45メートルもの大きさのあるガリバー像や動物とふれあえる「ふれあい牧場」、北欧風の町並みを模したレストラン・ショッピング街などが設置されていた。
フランスで開発された最新鋭のコンピュータ技術を利用した劇場、ボブスレーコースといった当時他のテーマパークではみられなかった意欲的なアトラクションも存在した。

閉園

1997年に開園した富士ガリバー王国はわずか4年後の2001年に閉園。以下の要因が考えられている。

  • 風評被害
近くにオウム真理教のサティアンや樹海(自殺者が多発していた)があり、人があまり近づかない環境だった。
  • 交通アクセスが不便
当園があったのは標高1200mの高山帯。
  • ライバル遊園地との競合
コンセプトはかぶっていなかったものの、より規模の大きい富士急ハイランドと競合状態をつくりだしてしまった。
  • 融資打ち切り
経営母体の銀行は1999年に破産している。

その後

廃墟になった当園はホラービデオのロケ地などとして使われたこともあった。
閉園後、さまざまな企業によって再開発されているがいずれも短期間で廃業している。

関連イラスト

富士ガリバー王国に関するイラストを紹介してください。

別名・表記ゆれ

ガリバー王国

関連タグ

遊園地 廃墟

pixivに投稿された作品 pixivで「富士ガリバー王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント