ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

志摩スペイン村とは、三重県志摩市磯部町坂崎にある複合リゾート施設。

名前の通りスペインをテーマにしている。


近畿日本鉄道近鉄)が、総合保養地域整備法(通称:リゾート法)の施行に合わせ1988年に策定された「三重サンベルトゾーン」構想に基づき、三重県志摩郡磯部町(現・志摩市)の協力を得て開発した施設。

テーマパーク「パルケエスパーニャ」を中核施設に、宿泊施設「ホテル志摩スペイン村」天然温泉「ひまわりの湯」の3施設で構成されている。


ちなみに志摩スペイン村の英語表記は「SHIMA SPAIN VILLAGE」だが、宿泊施設である「ホテル志摩スペイン村」の英語表記は「HOTEL SHIMA SPAIN MURA」となっている。



日本一◯◯◯なテーマパーク?

かつて2019年の25周年記念に際して、公式ホームページ上で「日本一人の少ないテーマパーク」自虐ネタを披露して話題を攫った。


  • 並ばないから乗り放題
  • 人がいないから映え放題
  • ライバルが少ないから目立ち放題
  • 距離が近いから仲良くし放題

実際のまとめ記事


……と清々しいまでの自虐ぶりに、ネット上で笑いを誘った。

しかし当時はただのネタとも言い切れない、相当な閑散ぶりであったことは事実であり、文字通り来場者が無さすぎて閑古鳥が鳴くような状況だった。


これに転機が訪れたのが、2021年に配信された「にじさんじ」所属のVTuber周央サンゴによる体験レポートだった。

個人の感想にもかかわらず、企業案件レベルの熱弁で推しに推しまくり、彼女のファンのみならず日本全国の視聴者に志摩スペイン村の存在を知らしめた。

結果、公式もすぐさまこの騒動を察知し、広報部から周央サンゴへのお礼をX(旧Twitter)上で表明した。


そして2022年には、志摩スペイン村から彼女を志摩スペイン村バーチャルアンバサダーに指名し、まさかのコラボが実現した。

結果、集客数は2.3倍にまで跳ね上がり、文句無しの大成功を収めた。

翌年2023年には、同事務所の後輩壱百満天原サロメも加わってさらなる公式コラボを実現するに至る。


同時に、これらのレポートやコラボが公表されるたびに、採算度外視と言うべき破格の料金設定と想像以上のおもてなしが話題に上がるようにもなった。

具体的には、パーク2日分の入園・アトラクションフリーパス&ホテル1泊2日2食付き&長距離特急鉄道料金その他込み込み、のパスが2万円でお釣りが出るというバグりっぷり。

もちろん安いからサービスも適当――なはずはなく、常に「この価格にこのサービスはやり過ぎでは?」と思わせるほど全力プレーで歓待してくれると、別方向から話題を攫い、現在では「日本一バグってるテーマパーク」として注目されている。



関連動画


関連リンク

ホームページ

X公式アカウント


関連タグ

テーマパーク 三重県 志摩市

スペイン ドン・キホーテ

周央サンゴにじさんじ所属のバーチャルライバー。彼女が配信内で魅力を語りつくし、切り抜きが話題に。後に公式が認知する事態となった。この一連の流れは地上波の番組にも取りあげられた模様。その後に公式オファーどころか、公式コラボが決定した。

志摩廉造:「青の祓魔師」の登場人物。「ヘタリア」の登場人物であるスペインの二人が一緒に描かれた作品にも僅かながら「志摩スペイン村」のタグがつけられていた。

ヤバイTシャツ屋さん:CM等で使用されているテーマソング『きっとパルケエスパーニャ』をカバーして25周年記念CMに使用され、開業30周年記念として2024年に貸切ワンマンライブを予定している。

関連記事

親記事

テーマパーク てーまぱーく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189163

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました