ピクシブ百科事典

対化物戦闘用13mm拳銃「ジャッカル」

たいばけものせんとうようじゅうさんみりめーとるけんじゅうじゃっかる

『HELLSING』に登場するアーカードが使用する拳銃の一つ。人類には扱えない代物。
目次[非表示]

対化物戦闘用13mm拳銃「ジャッカル」は、『HELLSING』に登場する架空の

概要

主人公であるアーカードが右手で使用する、黒く巨大な銃。
弾薬はそれまでの454カスール改造弾ではなく、初の専用弾使用銃となる。

後述するスペックを見れば分かる通り、普通の人間が片手に持つ拳銃として使える代物では無い。
これをアーカードは軽々と右手で扱い、左手の454カスールカスタムオートマチック二挺拳銃にして戦っている。

製作者はウォルター・C・ドルネーズ。2巻でアーカードに渡し、終盤まで愛用される。
そのスペックを聞いたアーカードは「パーフェクトだ、ウォルター」と称した。
ウォルターはそれに対し「感謝の極み」と返している。

銃身には「Jesus Christ is in Heaven now」(神は天に在り、世は全て事も無し)と刻まれている。

ハルコンネンと同じく、ジャッカルの精がいる。

スペック

全長39cm
重量16kg
装弾数6発(※)
専用弾13mm炸裂徹鋼弾
弾殻純銀製 マケドニウム加工弾殻
装薬マーベルス化学薬筒 NNA9
弾頭水銀弾頭(法儀式済)

※作中では装弾数に関わらず連射し、時折思い出したかのようにリロードするのみ。
作者曰く「100万発入りのコスモガン」。

二人のやり取り

ウォルターが完成したジャッカルをアーカードに渡す際のやり取り。
よろしい、ならば戦争だ」に比べると地味ではあるが、二人の台詞回しが評判の場面。

ウォルター(W)「それはそうとアーカード様 例の物 仕上がっております」
アーカード(A)「ほう 見せてくれ」
W「今 おとどけしようと思っておりましたが…」(ケースを置き、中を開けて見せる)

W「対化物戦闘用13mm拳銃「ジャッカル」
  今までの454カスール改造弾使用ではなく 初の専用弾使用銃です
  全長39cm 重量16kg 装弾数6発 もはや人類では扱えない代物です」
W「専用弾 13mm炸裂徹鋼弾」

A「弾殻は?」
W「純銀製 マケドニウム加工弾殻」
A「装薬は?」
W「マーベルス化学薬筒 NNA9」
A「弾頭は? 炸薬式か? 水銀か?」
W「法儀式済み 水銀弾頭でございます」

A「パーフェクトだ ウォルター」

W「感謝の極み」

関連タグ

ジャッカル HELLSING アーカード ウォルター・C・ドルネーズ 454カスールカスタムオートマチック ハルコンネン
 架空銃 二挺拳銃
エボニー&アイボリー:いろいろと相似点がある二丁拳銃











最期

アーカードは、アンデルセンを倒すためにこの銃をオーダーメイドした。
アンデルセンの死亡後、裏切ったウォルターとの戦闘中に博士の遠隔操作によって爆破される。
役目を終えた銃を処分できるよう、ウォルターは製作時に爆弾を仕込んでいた。

pixivに投稿された作品 pixivで「対化物戦闘用13mm拳銃「ジャッカル」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2730

コメント