ピクシブ百科事典

対戦車ロケット

たいせんしゃろけっと

歩兵が用いる対戦車兵器のひとつ。誘導機能を有さない点で対戦車ミサイルと区別される。
目次[非表示]

概要

対戦車ロケットは、専ら歩兵が用いる対戦車兵器として、車両類の装甲や建造物の壁を貫通することを期待される。
一般にモンロー/ノイマン効果を利用した成形炸薬弾の弾頭を持ち、無誘導でも命中が期待できる近距離で使用される。

RPG-7に代表される対戦車ロケットは大きな成功を収めた。
歩兵が持ち歩く安価軽便な対戦車ロケットが高価な戦車を撃破しうることは戦術に変革をもたらした。戦車は成形炸薬弾に対抗することを半ばあきらめ、装甲を薄くして機動力で避けるものとすらされた。
これがいわゆる第二世代主力戦車である。
しかし、中空装甲や爆発反応装甲や複合装甲といった成形炸薬弾が有効でない装甲の登場や、スラットアーマーやアクティブ防御システム等が開発されると、従来の対戦車ロケット弾が主力戦車の装甲を貫徹することは再び困難になった。

歴史

成形炸薬弾を利用する対戦車ロケット弾が実用化されるまでの歩兵は運動エネルギーを利用した対戦車兵器に頼っていた。つまり対戦車銃や対戦車砲である。
しかし、戦車の装甲が強化されると、これらの銃砲も陳腐化もしくは大型化を余儀なくされ、運用が難しくなった。
一方で爆薬の化学エネルギーを利用して戦車を破壊するには大量の爆薬を設置する必要があり、有効な投射手段がなかった。
そのため対戦車戦闘は梱包爆薬を人の手で戦車に設置する肉薄攻撃を行う必要があった。大口径の榴弾砲ならば榴弾の威力で戦車にダメージを与えることもできたが、歩兵の運用する小型の火砲ではそれも難しかった。
一方で成形炸薬ならば爆発力を一点に集中することで、装甲を貫通することができた。
成型炸薬を利用した対戦車兵器には吸着地雷などがあったが肉薄攻撃であるため、大きな危険が伴った。
そのためロケット擲弾発射器や無反動砲で成形炸薬弾を投射することができるようになったことは歩兵の対戦車戦闘に取って重要な転機となった。
現在は対車両だけでなく対人、対物など様々な用途に使える多目的火器として活躍している。

主な対戦車ロケット

第二次世界大戦

冷戦時代

現代


関連タグ

兵器 ミリタリー

pixivに投稿された作品 pixivで「対戦車ロケット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6929

コメント