ピクシブ百科事典

小坂依子

こさかよりこ

東京喰種のキャラクター。※画像の左人物
目次[非表示]

声 - 赤﨑千夏

概要

清巳高校の女生徒でトーカの親友。
トーカのことを常に心配しているが、彼女の正体には気付いていない。調理師を目指しており、たびたび手作りの料理をトーカに食べさせている。
また、思い込みが激しい性格なのかトーカの家にたまたま居合わせたカネキをトーカの恋人だと勘違いしたりしている。
小説版の【日々】では仲睦まじい2人を見ることが出来る。

関連イラスト



関連タグ

霧嶋董香 東京喰種




以下、ネタバレ注意




東京喰種:reにおいて


CCGによるあんていく殲滅作戦以降、学校から姿を消したトーカのことを心配しつつ高校卒業。

志望していた調理師の夢は少し形を変え、パン屋の看板娘として働いている。
このパン屋はCCG本部ビルからもそう遠くないところにあるようで、Q's班らCCG捜査官たちにも人気があり、才子などはこの店のパンと依子のことを特に気に入っている。

そして、瓜江らQ's班と同じくこのパン屋を気に入って通っていた、実は小学生時代に同級生だったCCG捜査官の黒磐武臣結婚することとなった。
武臣曰く、依子を見初めた理由は彼の父である特等捜査官・黒磐巌の「捜査官は体が資本。体は日々の食事から作られる。故に嫁さんを選ぶならうまい飯を作ってくれる人がいい」という教えもあってとの事。やはり料理は上手なようである。




しかし武臣との挙式前、2年前のCCGによるあんていく襲撃戦前後から行方不明になった親友のトーカを心配して、捜査官としてそれなりに人探しもする武臣に『見つけたら式に呼びたいので教えてほしい』と武臣に彼女の写真を託したことから、彼女の幸せな人生にも影が差し始める。

同僚である六月透に、武臣が『婚約者の行方不明になった友人』ということでトーカの写真を見せたことで、以前訪れた喫茶店『re:』のウェイトレスとして顔を知っており、なおかつ『六月の思い人にしてCCGの裏切り者・佐々木琲世のそばにいる女喰種「ラビット」』としてその存在も把握していた六月により、『指名手配の喰種と個人的交友を持ち、なおかつCCGに通報しなかった』というカドで、喰種隠匿罪により六月に逮捕されてしまう。

新婚の夫も自分の逮捕の影響で不便をしていないかなどあれこれ心配しつつ、CCGの取調室で六月により陰湿な尋問を受ける中、初めて親友のトーカが喰種だったということを知る依子。
しかしその事実を知った彼女が、『人食いの化け物』であることを隠して自分と付き合っていた親友に対して抱いた感情は、恐怖でも、軽蔑や失望でもなく…


「ごめんね……トーカちゃん」


『人間の食べ物をまともに食べられない存在であった』大事な友達への、後悔と謝罪であった。

上記のとおり調理師を目指していたこともあり、いつも簡素な食事ばかりだったトーカに良かれと思って食べてもらってきた自分の手料理を、実はトーカは『おいしくもなく栄養にもならないはずの』それを、一度たりともおくびにも出さず、全部食べてくれていたことで、彼女が自分に向けてくれていた優しい想いと、彼女の事情も知らずにそんな我慢と苦痛を押し付けてしまっていたことに気づき、取調室で涙する依子。

そんな彼女の有様を見て、依子からは「トーカへの裏切りめいた情報提供や敵意」を引き出すことをできないと悟った六月は、トーカやひいては彼女をそばにおいているカネキケン=ササキハイセをおびき出すために、CCG新局長となった旧多二福に働きかけ、彼女をそのまま『喰種隠匿罪のカドで処刑する』とCCGとしての決定を下させる。

しかしその決定が下ってすぐ、夫・武臣の父である黒磐巌と、武臣の同期生の瓜江久生が旧多の喰種対策局における専横に対し査問をかけ、本性を露にした旧多は巌ら多数の捜査官を殺傷し逃亡・失脚。
『旧多の肝煎りで決定された』依子の処刑もこの騒動のなかで立ち消えになり、夫の父を失うことになったものの、ようやく武臣ともども解放され、自由の身となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「小坂依子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23931

コメント