ピクシブ百科事典

クインクス

くいんくす

クインクスとは、東京喰種:reに登場する集団である。
目次[非表示]

概要

局長である和修吉時が『有馬貴将を超える捜査官をつくれ』と佐々木琲世にクインクス達を任せた。所属は、真戸暁の傘下の真戸班。
だが、問題児ばかりでチームをまとめることすら出来ていないのが現状であり、成績は平子丈率いる平子班の3分の1。なので、期待のわりに成果をあげない得体の知れない捜査官たちとして他の捜査官の間では煙たがられている。
しかしオークション掃討戦では活躍し、全員が出世したことで態度を改められている。
ロゼ編後は和修政率いるS2班に転属している。

クインクスとは

クインケを体に内蔵した兵士』である。
クインケは喰種の赫子をベースに作られる喰種捜査官喰種殲滅用武器。
クインクス施術をうけ、それを体に内蔵することで、クインケの形状変化できないデメリットをカバーし、喰種の持つ高い身体能力を手に入れたハイブリッド。
赫子発動時は半喰種のように片目だけ赫眼(描写の違いとしてQsはトーン)になる。半喰種とよく似ているようだが、喰種とは違い普通に食事を取ることもできる。だが、Rc値が1000をオーバーすると普通の食事は取れなくなる模様。ちなみに、喰種のRc値は1000~8000、人間にも微量に含まれていてその基準値は250~500ほど。Rc値の高さはそのまま喰種としての強さと言っても良い。

クインクス施術

別称「赫包インプラント法」。嘉納の「半喰種化施術」から地行甲乙が着想を得たもので、その工程はクインケ製造を応用している。
クインケと異なるのは"喰種"から取り出した赫包をクインケ鋼材でコーティングし、「ケース」ではなく「体内にプラント」する点であり、プラントされた「赫包」には「5段階」の「フレーム」を設け、「赫包」の稼働率を調整することができ、その理由は、よりリスクを少なく効率的に経過観察するため。そのため、今は佐々木を除く全員のゲートは「F2(フレーム2)」で、赫包の稼働率は40%に設定されている。「フレーム」のレベルを引き上げればより強力な赫子を使うことが可能。「フレーム」が外れた場合は「フレームアウト」という。
ちなみにクインクス施術を受けた者はたとえ喰種捜査官を辞めた後でも半永久的に生活が保証されるらしい。

能力

「F2」段階では稼働率が40%といった能力の半分以下しか使用できない為、防御が高い甲赫でも蹴りで破壊されるほど脆い。ただし施術を受けた人間の素質によって赫子の威力は異なるようで才子の鱗赫はレートS級喰種に致命傷を与えている。
身体能力も傷を負う程強化され、五感の一部も発達していく。

・赫子に重要なRc細胞数値が喰種以下
・クインケ鋼材による赫包の能力制限
・F4段階で暴走の危険性
・赫子の継続時間
・五感の強化は一部のみ

等、能力は半喰種より劣るのが実情。

メンバー


佐々木琲世


佐々木琲世:上等捜査官 真戸班所属 クインクス班メンター
Rc値:2753 赫子:鱗赫
クインクス班の指導者。優柔不断な性格で部下達を纏めようと日々奮闘している。その正体は記憶を失った。ロゼ編後はメンターを辞任し、黒い死神として名を馳せるもコクリア襲撃事件を起こし、全国指名手配犯となる。後、CCGとかつての部下達と敵対する。

DEATH ADDER


瓜江久生:一等捜査官 クインクス班元班長
Rc値:902 赫子:甲赫 五感:嗅覚
礼儀正しいが仲間の危機を顧みず己の昇進を目論む野心家であり、猜疑心の塊。
一度は班長を解任させられたもののロゼ編で不知が殉職し再び班長に就任と共にメンターも兼任する。
不知の殉職後は人間として成長し、六月には淡い恋心を寄せる。内密に「フレーム」レベルを上げている為、Rc値は高く喰種化が進行している。

落書き


六月透:一等捜査官
Rc値:655 赫子:尾赫 五感:視覚
眼帯に褐色肌の男装少女。真面目であるが臆病な性格の持ち主。家族を喰種に殺されている孤児。
学生時代の名残で佐々木を「先生」と呼び、異性として慕っている。班員の中で唯一赫子を出せずにいたもののオークション編で覚醒し、実力を身につけていく。
しかし本性はサイコパスで流島編を期に殺人鬼として人間も喰種も襲うようになる。

Kuki+Ginshi


不知吟士:二等捜査官 クインクス班班長
Rc値:920 赫子:羽赫 五感:聴覚
派手で攻撃的な見た目とは裏腹に仲間想いで繊細な心の持ち主。単純であるが割と律儀で、病を抱える妹の為に捜査官になった経緯を持つ苦労人。オロチ戦後、新班長に任命される。
ナッツクラッカー駆逐後から喰種への認識が狂い苦悩していたが、ロゼ編で仲間を守るべく単身でノロに挑み殉職した。

才子


米林才子:二等捜査官 
Rc値:850 赫子:鱗赫 五感:嗅覚
マイペースで幅広いジャンルに関心を持つオタク。クインクス適正テストで高い適正率を示したが故に補償金目的の親の意向で捜査官になった経緯を持つ。反感から怠惰な生活と訓練も怠り、結果としてロゼ編で不知を見殺しに近い形で殉職させた。後、捜査官としての自覚が芽生え副班長として瓜江を献身的に補佐する。

髯丸トウマ:三等捜査官
Rc値:不明 赫子:尾赫 五感:不明
ロゼ編後に加入した新たなクインクス。熱血漢かつ真っすぐな性格で瓜江と米林を強く尊敬している。
名家の生まれで人を助ける捜査官の仕事を生きがいに感じている。

小静麗:一等捜査官
Rc値:不明 赫子:甲赫 五感:不明
ロゼ編後に加入した新たなクインクス。白日庭で英才教育を受けた天才。
冷静沈着で寡黙な性格。殉職したハイルを姉のように慕っている。赫子ではなくクインケを駆使して戦闘する。

安浦晋三平:二等捜査官
Rc値:不明 赫子:羽赫 五感:不明
ロゼ編後に加入した新たなクインクス。特等捜査官の安浦清子を伯母に持ち、彼女を負傷させた隻眼の王に復讐心を寄せる。六月を師事し、穏やかな性格から攻撃的に変貌を遂げる。

関連イラスト

:re
クインクス


RE
:re




関連タグ

東京喰種:re 喰種捜査官 CCG 喰種
佐々木琲世 瓜江久生 六月透 不知吟士 米林才子 髯丸トウマ 小静麗 安浦晋三平
和修吉時 真戸暁 和修政

フレームアウト(ネタバレ)

Rc値の急上昇と幾度のF4以上の解放によりフレームが消失し、喰種と化す。

両目が赫眼となり食性も変化。
喰種化したクインクスは暴走した場合、佐々木と同じくレートS級喰種として駆逐される。

対喰種用殲滅兵器を内蔵した人間が喰種になるという皮肉な実験結果となった。
(しかしCCGは過去に喰種化の実験を行っており結果的に成功といえるのかもしれない)

「クインクス施術」は「半喰種化施術」を発案した嘉納が不知の遺体から技術を取り入れ、流島編では大量の嘉納製クインクスが登場する。
これはCCG側の適正テストをクリアした数より遙に上回り、半喰種化施術の成功率0.25%に対して適正のある人間を量産的かつ安全に喰種にさせるという技術が完全に確立してしまったといえる。

ただし、あくまでRc値を抑えれば喰種化はしない。
瓜江はオークション編で独断でのF4を解放、六月の場合は食事が起因している。それに比べて高い適正率の肉体を持つ才子は同期の中で唯一安定の数値を保ち、人間性は失われていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「クインクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1399044

コメント