ピクシブ百科事典

佐々木琲世

ささきはいせ

『東京喰種:re』の主人公。
目次[非表示]

プロフィール

所属真戸班所属クインクス班メンター、上等捜査官(75期)→准特等捜査官(59話~)
誕生日4月2日
血液型AB型
身長170cm
体重58kg
年齢22歳→23歳
Rc値2753
Rc Type鱗赫
Quinqueユキムラ1/3(甲赫―Rate B)
Honors金木犀賞、白単翼賞
CV花江夏樹


概要

白と黒の混じった髪色の青年。真戸班所属の喰種捜査官で階級は一等。第一部エピローグ時は三等捜査官。59話から准特等捜査官に昇格している。
クインクス班のメンター(指導者)を務める。白単翼賞を取るほどの実力の持ち主。
喰種に情けを見せるほど温厚な性格。少々お調子者で、上司である真戸暁に対しても、ダジャレやジョークを連発し呆れられている。読書が好きで本を読む際にはメガネをかけている。また、料理がとても上手いなどという家庭的な一面もある。
有馬貴将とも仲が良いらしく、本の貸し借りをしている。
部下であるクインクスたちを指導しようと必死だが、まともな捜査官ではないということから他の捜査官からのけ者にされていたり苦労が絶えない。挙句の果てににパンツを盗まれた。
しかし、佐々木はRc値が異常に高く一般人の6倍近くあり、最早喰種の域であり、普通の人間の食事も取れない様子。そんな佐々木の実力はいったい・・・?

使用クインケの【ユキムラ】《甲赫》は有馬、平子丈がまだ下位捜査官だった時代に使っていたクインケである。

趣味や容姿など、"あの人"といくつか通じるところがある。


正体は嘉納によって赫包を移植された半喰種である。
CCGは現状「佐々木琲世」のことは「ヒト」として扱うことと決めているが、恐慌状態に陥った琲世に対してはSSレート喰種「ハイセとして駆逐対象となる。この時、人差し指を曲げ親指で押して鳴らす癖が出る。
また過去20年間の記憶を失っている

実は徐々に視力が低下している。
人間オークション編後は眼球をくりぬかれるような痛みに蝕まれており、それと関係しているのかは現時点では不明。ロゼ編以降は常に眼鏡をかけるように。

ssレート喰種「ハイセ」となり暴走したオロチ戦後は、「僕はここで戦っていていいのだろうか」と独白していた。
その後も「僕には何もないけどこれで結構幸せなんです。」と、彼のクセと同じ事をしながら語っており、「有馬さんが僕の『お父さん』でアキラさんが僕の『お母さん』」と有馬に話していた。
また、心の中に仮面をつけたがおり、拒みつつも語られる本心に苦悩し続けている。
回想では過去、零番隊に所属していた時期があり有馬によってトラウマになる程の過酷な調教を受けていたことがロゼ編で判明した。

オロチ編

トルソーを捜索するも瓜江と不知の勝手な行動に頭を抱える。
トルソーを追跡中にオロチと出くわし、窮地に追いやられた部下達を救うべくオロチと戦うも苦戦を強いられ、内なる彼の力を借りて形勢は逆転する。しかし仮面の正体に動揺し討伐できずトルソー共々逃してしまう。
後に瓜江を班長解任し、不知を新たな班長に命じる。

人間オークション編

13区担当の「鈴屋班」と共に『ナッツクラッカー』という喰種の捜査を任せられる。
掃討戦ではオウルと交戦し、同じ隻眼の喰種である彼に一方的に嬲られた。しかしヒナミの救出により彼女を救うべくを認め、「白髪の子供」の姿をしたと対面。才子の制止を振り切りオウルを撃退した。
以来、彼と脳内で共存する。掃討戦後、上等捜査官に昇進。
クリスマスではある人物から眼帯を、もう一人から金木研宛のサイン色紙を贈られた。

ロゼ編

ウタとの出会いをきっかけにQs班の特性を生かし喰種に変装する作戦を考えるが宇井郡に却下される。後に多数決で案を採用され調査中に眼帯の喰種が過去の自分であると知る。
金木研の剣・月山と出会い、交流を持つ。過去の自分を調べるにつれて精神的に追い詰められ、月山を喰種だと勘付いた上で記憶を乞うも去られてしまう。
月山掃討戦では単独で後継者討伐を命じられ、月山の正体を知り所有権を上げて投降を求めたが拒まれ、激しい戦いの末に彼を下すも内なるカネキの強い拒絶反応に苦悩する。
が乱入し片腕を失う。そのときに有馬の調教がフラッシュバックして半暴走化し、叶を追い詰めるがエトの出現と立ち直った叶の猛攻を受ける。そして…内なるカネキとの会話で秘めた過去が明かされる。

関連イラスト

佐々木琲世
『雑種』



関連タグ

東京喰種:re ハイセ 喰種捜査官 クインクス
瓜江久生 六月透 不知吟士 米林才子 真戸暁 有馬貴将





ロゼ編以降(ネタバレ注意)




おやすみ、ハイセ






闇カネキ



幼いカネキの願いを叶えるべく、琲世は自ら眠りにつく。
こうして金木研は三年の月日から目覚めるが、その後も彼は佐々木琲世としてCCGに在籍し続ける。

プロフィール

所属S3班書記 准特等捜査官
誕生日12月20日
血液型AB型
身長170cm
体重58kg
年齢24歳
Rc値???
Rc Type鱗赫


流島編(参照)

隻眼の梟の撃退功績から準特等捜査官に昇進。
メンターも辞任し、パートナーの旧多と行動する。アオギリの樹からは黒い死神と恐れられ、性格も冷酷な人物と化している。フエグチの面会にも通わず、かつての部下達とも疎遠で別人として不審を抱かれている。
隻眼の梟を捕縛すべく塩野を尋問し、高槻泉を喰種容疑で拘束。彼女の衝撃の発表からコクリア投獄の後も密かに交流し隻眼の王を殺すよう頼まれる。
アオギリ殲滅掃討戦では有馬の補佐として本土の最重要防衛対象(コクリア)警護班に配属。しかし独房を開放し、フエグチの前に姿を現し彼女と共に抜け出すが、旧多二福と遭遇し撃退。
有馬貴将に殺されそうになっていた四方蓮示を庇い、有馬貴将と対峙したときにトーカ,四方蓮示,アヤトらをプレス場へと逃がし独り有馬貴将に立ち向かう。
最初は戦意を向けず戦意も失いかけるが夢でヒデと出会い、彼の激励に改めて生きることを決意し有馬にも勝利する。
そして彼の遺言とCCGの真実を聞き、その後は有馬からの指示でという、平子丈や零番隊に幇助され共にコクリアを脱獄した。

新編

流島編から一か月後、コクリア襲撃事件の主犯格HSとして平子丈と共に全国指名手配者となり追われる身となる。

pixivに投稿された作品 pixivで「佐々木琲世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11452850

コメント