ピクシブ百科事典

有馬貴将

ありまきしょう

「有馬貴将」とは、『東京喰種トーキョーグール』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:浪川大輔

プロフィール

<
所属CCG本局所属、特等捜査官 24区捜査指揮
誕生日12月20日
星座いて座(カネキと同じ)
血液型?型
身長180cm
体重82kg
足のサイズ27.5cm


概要

喰種対策局CCG)に所属する喰種捜査官の一人。
多くの逸話を持つエリート捜査官で、少年期からすでに天才であった。
CCG総議長・和修常吉に見出され特別に入局、そこから異例のスピードで特等捜査官にまで昇格した。
左右の手で別々のクインケを自在に扱える芸達者であり、
新人時代にSSS級レート喰種隻眼の梟」の撃退に貢献するという手柄を上げる。
「梟」戦では貴重な強力クインケを惜しげもなく使い捨て、瞬時に別のものに切り替えながら戦っており、
新人時点で既に冷静な状況判断力と思い切りの良さを兼ね備えていることが伺える。
個人戦だけでなく、部下への的確な指示による集団戦にも長けている。
ウタの回想ではピエロに関わる喰種を探し4区に来た捜査官達の班長として登場。
姉の復讐に燃える四方と互角以上に戦い、あろうことか戦闘中に部下(平子)の訓練を行っていた。

ぶっちゃけ喰種よりも化け物じみているが、性格は『 天然 』。
6年間コンビを組んでいた平子は一度も理論立てて何かを教えられたことが無いという。
その他にも・・・

~有馬さん天然列伝~


•平子に右手と左手を別々に動かして戦うこと簡単そうに言う(有馬さん曰く「そんなに難しいかなぁ…」)。
•平子に(11区の戦闘で)梟の腕でも取ってきたらよかったのに、と発言(梟は最高レートのSSS)。
•川で大きい桃が流れてきても華麗にスルー
•特等が飛ぶハエ相手に容赦無し(平子の川柳)
•平子が煎餅で咽せている様子を川柳にする


……このように非常にズレている。その上感情というものがほとんどなく、必要最低限度のことしか話さないため、その内面はまるで他人には計り知れない…。

『東京喰種トーキョーグール[JACK]』では、主役として登場している。


「あんていく」の襲撃では、「逃げた喰種の殲滅」と、この作戦を餌にして現れるであろう「本物」の隻眼の梟を倒すことを任せられる。

地下V-14で喰種を待ち受け、カネキがそこに辿り着いた時には大量の喰種の死体が転がっていた(この中に入見古間が含まれていたと思われる)。

そしてカネキが戦おうとした瞬間、『後頭部から左目を串刺しにした』。

その後「一撃さえ当てれば倒せる」と考えたカネキの特攻をIXAの防御壁を破壊されながらも防ぎきった。 そのことを賞賛し、不気味な笑みを浮かべながらクインケでカネキを貫き、その左目に再びIXAを突き立てた。
そして、カネキの右目を突き刺しながら放った「新しいクインケがいる」 の言葉の意味とは…

東京喰種:re(ネタバレ注意)


アオギリの樹のリーダー隻眼の王

梟討伐掃討戦で出会ったカネキに後継者の素質を見いだし捕獲。記憶を失ったカネキに佐々木琲世と名付けて部下に置き、裏では自身の戦闘技術を拷問的に体得させた。
多忙の身ではあったが本を返す口実に佐々木に会おうとするなど親心を示し、彼から「お父さん」として慕われていた。
流島上陸戦では本土に残り、佐々木と零番隊を率いてコクリアを防衛する。侵入した四方蓮示を追いつめ、反乱を起こした佐々木と対峙し初めて敗北に喫する。
佐々木の成長とカネキの能力を認め、彼の殺害への意思がないと知ると自ら動脈を切り自害。死ぬ間際にCCGの真実と白日庭の秘密を伝え、自身を殺したのが佐々木とし、「息子」の腕の中で息を引き取った。

王になった経緯

喰種を殺し続け、奪うばかりの人生に絶望していた有馬はエトと出会う。討伐前にこのくそったれ世界を滅茶苦茶に直してやりたいという彼女の言葉に感銘を受け、エトと手を組み共にアオギリの樹を設立。
有馬を殺した喰種が存在すれば喰種達の希望になることを前提に仮初の隻眼の王に即位。
組織運営はエトとタタラに任せ、捜査官として活動する裏でアオギリの樹にCCG内の情報を流していた(Vの家族構成やRc含有液、検査ゲート等は有馬が情報を流していたと思われる)。
そして梟掃討戦で自分を殺せる可能性を持った喰種=カネキを見つけ捕獲。誤算で記憶喪失になったものの有馬とエトの期待通りにカネキは有馬を破り、部下の平子に彼の幇助を命じ死神と呼ばれた悲しくも壮絶な有馬の人生は幕を下ろした。
誰よりも人間と喰種が共存できる世界を望んだ彼の遺志は金木研平子丈含める零番隊に受け継がれた。
尚、アオギリの樹は流島編でほぼ壊滅し生き残った喰種達は黒山羊に加入している。

有馬の正体を知っている喰種はエト、タタラ、ノロ(14巻)の三名。
CCG内では平子と零番隊の子供達。有馬は宇井ハイル富良など多くの捜査官達から慕われていたが、その中でカネキを託し真実を打ち明けた人間の捜査官は平子のみである。言葉少なくとも二人の信頼関係は確かなものであったといえる。(逆に組織内で心から信用できたのは平子だけで、長年の友である富良は妻子持ちで部下の宇井は後に旧多との密約を交わした事から人選は正しかった模様)

経歴

16歳]CCGの三等捜査官(12巻112話)
戦闘した喰種:四方蓮示の姉

17歳]CCGの三等捜査官(番外編JACK)
誠清高校に転入して富良太志と共に捜査を行う。
使用クインケはユキムラ(甲赫)。
戦闘した喰種:加藤澄晴(美容師の喰種)
      ランタン
      ヤモリ(串刺しにしたが逃亡されている)

19歳]CCGの二等捜査官(7巻65話、8巻69話)
芳村店長(梟喰種)と戦闘して腕を切り落とす。


22歳]CCGの準特等捜査官(8巻73話、11巻111話)
平子丈とコンビを組む。
使用クインケはIXA(甲赫)、ナルカミ(羽赫)
戦闘した喰種:四方蓮示
       ウタ
       芳村店長


25歳](3巻29話)
亜門の回想で対策Ⅰ課にいたことが確認される

28歳](8巻73話)
平子丈の上等捜査官昇進にともない、コンビが解消される

29歳]CCGの特等捜査官(3巻29話、8巻78話、9巻80話)

クインケ


【クインケ】
○ユキムラ1/3(甲赫)
CCGより支給され、高校生時代に使用。JACK]で登場している。レートはB。
平子に譲られ、後にハイセが使用している。

○IXA(イグザ)(甲赫)
レートS+のクインケ。
ランスモードでは攻撃、シールドモードでは強固な防御を担うバランスの良い変形ギミックを持つクインケ。
ただし、防御壁をムカデに損傷させられたためか隻眼の梟戦では使用していない。
遠隔起動で手元から離れても遠隔操作出来る等、非常に便利なクインケ。

○ナルカミ(羽赫)
IXAと同じくレートS+のクインケ。 ヨモの姉(トーカアヤトの母)から作られた。
凝縮されたRc細胞が「バチチチ」という擬音とともに雷のように放たれる。
11区のアオギリ掃討作戦での篠原のセリフから遠距離狙撃が可能のようだ。
また、モードチェンジでレイピアのような形状になり、近距離戦にも対応可能。

○フクロウ(羽赫)
レートSSSのクインケ。
当時、19歳の時に芳村の右腕から作ったクインケ。
コクリアでハイセ(カネキ)を迎え撃つ際に初めて実戦で使用。未だ未知数の力を秘めている。

V-14の謎(本誌未読者注意)

14巻の梟討伐戦では地下V-14で待機し逃走した喰種を全滅させる任務を受けていた有馬。
しかし、彼には不審な点が幾つか存在する。

隻眼の梟の出現は全捜査官達を驚愕させたが、一体梟はどこを通って偽者の梟の救出に現れたのか。
町は大量の捜査官が包囲し、地上を飛べばすぐに発見されてしまう。そこで残るのが地下ルート。

有馬が待ち構えていたV-14である

有馬は単独任務で、0番隊メンバーは各自部隊に散っていたのでV-14にいたのは一人
(もし二人が内通していたら、隻眼の梟が捜査官達の目を掻い潜り素早く現場に駆け付けたのも合点がいくのである。)

有馬と隻眼の梟は対峙し、戦闘は凄まじかったが梟の目的である偽者の梟の救出を見逃し事実上二人の討伐に失敗した。後々の梟の発言で有馬を「あいつ」呼ばわりしておりどこか親し気な間柄を感じさせる。ちなみにこの戦いのタイトルは宴戯(えんぎ)である。

有馬が前回戦った梟は偽者であり、隻眼の梟との戦闘は記録上ない。そして、有馬は梟の出身地とされる24区の捜査指揮を担当している。

更に有馬は何故かカネキの名前を知っていた。
(気づくのに時間を要していたが)
これはから聞いたのか。

カネキの正体を深く知る外部の人間及び喰種はアオギリの樹の上層部のみでCCGは情報を把握していない。(CCGが金木研=眼帯と位置付けたのは終盤)

その真実は有馬が隻眼の王だからである。

残り僅かな寿命の中で有馬は自分を倒せる喰種を探し、カネキに可能性を見いだして自らの手で教育する。
その一方でエトは新たな半喰種を作るべく嘉納を呼び、そして赫者である実父に目を付け梟掃討戦に便乗して参戦。アオギリの樹が突然現れて亜門や滝沢のいる第四隊が壊滅したのは有馬が事前に部下達に情報を横流していた為である。
タイトルの宴戯通り演技で二人は捜査官達を騙し、有馬は芳村確保の手助けをしたのがことの真相である。

関連イラスト

死神
有馬貴將



関連タグ

東京喰種  喰種捜査官 『東京喰種トーキョーグール[JACK]』 金木研
東京喰種:re 佐々木琲世 平子丈

pixivに投稿された作品 pixivで「有馬貴将」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3118713

コメント