ピクシブ百科事典

真戸呉緒

まどくれお

真戸呉緒とは、『東京喰種トーキョーグール』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:大川透

プロフィール

所属CCG本局所属 上等捜査官
誕生日1月24日 みずがめ座
血液型A型
身長177cm
体重47kg
size26.5
like妻と娘、苦労して手にした武器

概要

喰種対策局のベテラン喰種捜査官のひとりで、上等捜査官として亜門鋼太朗とコンビを組む。
暗い雰囲気を持つ中年の男。猫背で、常時、手に白い手袋をつけている。妻・真戸微も捜査官であったが殉職しており、彼女を嬲り殺した「隻眼の喰種」への復讐を、精神のバランスを完全に欠きつつも誓う。

喰種を殺すことを至上とし、戦闘時は右目は見開くが左目は半眼という異様な表情を浮かべ、その心身に対しどんな苦痛を与えることも辞さない。喰種の背中にある赫包から作られる武器「クインケ」に執着し、多数のクインケを所有していた。

同僚からはクインケマニアと呼ばれ、変人扱いもされていたが、人間に対しては誠実な善人。
妻と娘を深く愛し、弟子や後輩に対しても真摯に教え導いていた。出世を断ってまで「隻眼の喰種」への復讐に取り憑かれていなければ、他の面々のように特等になっていた可能性が高い。

呉緒が持っていた甲赫型クインケ「クラ」は亜門鋼太朗に受け継がれ、彼の愛用武器となる。
のちに上等捜査官に昇進した亜門は呉緒の娘真戸暁とコンビを組むことになる。
初代パートナーは篠原幸紀、2代目パートナーが法寺項介、そして最後のパートナーが亜門となった。

麟赫クインケ「フエグチ壱」でそのクインケの元になった男喰種のを殺害、さらに彼女から作った甲赫クインケ「フエグチ弐」をひっさげて、
二人の娘である笛口雛実を追い詰め彼女もまたクインケの材料にしようとするが、覚醒した彼女に手足を切断され、さらに乱入した霧嶋董香に返り討ちにされて殉職する。死の間際、「くそ喰種が…貴様らに生きる価値などあるものか…笑わせるな!」などと董香を口汚く罵り続け、隻眼の梟への復讐を叫びつつ息絶えた。死後、白手袋の下に結婚指輪をはめていたことが判明した。 董香たちが去った後ようやく駆けつけた亜門は真戸の変わり果てた姿を見て号泣し、彼を救えなかったことで心に一生消えない悔恨を残すこととなった。

単行本のギャグテイストなおまけ漫画では笛口夫妻は天国に行っているが、彼は地獄に落ちており同じく地獄に落ちた喰種たちを始末しようとする。
また、アニメ版ではジェイソンとも邂逅しており、亜門と共に応戦するも逃げられてしまっている。

関連イラスト

東京喰種 真戸 呉緒



関連タグ

東京喰種 東京喰種トーキョーグール 喰種対策局 三白眼 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「真戸呉緒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 743587

コメント