ピクシブ百科事典

真戸暁

まどあきら

真戸暁とは『東京喰種』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

所属喰種捜査官養成学校卒業(首席)、CCG本局所属 二等捜査官
血液型A型
身長164cm
体重49kg
足のサイズ23.0cm
likeクインケ作り、謎解き、猫 
respect母、有馬貴将
cv瀬戸麻沙美



概要


『東京喰種』に登場するCCG本局所属の捜査官。通称「アキラ」。

喰種捜査官の夫婦の間に生まれたが、母、真戸微隻眼の梟に、父、真戸呉緒ラビットフエグチの手によりに殺されている。
アカデミーを首席で卒業した彼女は、の弟子であった亜門鋼太朗とコンビを組むことになる。滝澤政道とは同期。

効率を優先する思考から、時間の無駄として上司である亜門にも敬語を用いず、簡潔な男言葉で話す。捜査官の武器である「クインケ」の研究者でもあり、自らクインケの設計にあたる。
任務では複数のクインケを組み合わせた「キメラクインケ」を使用する。
その生い立ちも手伝って気丈な女性だが、根本の部分では歳相応の弱さを持っている。

女性らしく体重を気にする一面があり、夜の九時以降は食事をしないよう気を付けている。グラス一杯の酒を飲んだだけで泥酔してしまう程アルコールに弱い。マリスステラという名の猫を飼っている。

梟討伐戦において亜門と滝澤が公式の記録で死亡とされた際には「好きだったよ、滝澤も亜門上等も…」と涙を見せた。


クインケ

試作1→【尾】
アカデミー時代にオーダーした試作品。使用劣化により破損。

試作2→【尾】
二等捜査官就任後にオーダーした試作品。変形機能をもたせたが、上手くいかず破損。

【甲/尾】アマツ
普段は鞭のような形状だが、柄の部分から刃を出すことの出来るキメラクインケ。

【鱗赫】フエグチ
雛実の実父・笛口アサキから造られたクインケ。
元は父が所有していたもの。

東京喰種:re

髪型を変え上等捜査官となって登場。真戸班班長。
有馬からクインクスのメンター、佐々木琲世の教育を任される。
琲世の事を何かと気遣っており、そのためか琲世からは「お母さん」呼びされていた。
喰種からは〝背骨使い〟と呼ばれ、オークション掃討戦ではフエグチを使用しナキと戦闘。功績から亡き母と同じ准特等に昇進し、めでたく琲世にハグの褒美を与える。

琲世とは良好的な関係を築き上げているが、実はから大切な身内を二人奪われている。
フエグチ親子討伐の際、が亜門を足止めしたことで父がラビットによって殉職。
殺したのは彼ではないが共犯として間接的に関わっているといえる。
そして梟討伐戦では想い人であった亜門が彼との戦いで瀕死となり、記録上殉職。
亜門が所属していた部隊は全員行方不明となっているので、アキラ自身も記憶を失っている張本人も真相を知らない。

アキラは父の死に深く関わったフエグチの所有権を持つ琲世に処分を促しているが、その部下もまた因縁のある相手なのである。


後に行われた流島上陸作戦では法寺率いる一番隊の副隊長として参戦するが、その戦場でかつての同僚であった滝澤政道と再会。かつての面影を全く残さず自身にさえ牙を剥くその姿勢に「人殺しの喰種」と糾弾してしまうが、滝澤は直後に介入してきた亜門、そして六月との交戦に突入してしまう。

そして、六月の手で滝澤が斃れそうになった時……彼女は身を挺して滝澤を庇い、重傷を負わされてしまう


喰種を庇ってしまった事で『裏切り者』の烙印を押されてしまったが、作戦後は滝澤の手で流島から連れ出されて脱出。現在は黒山羊のアジト内で治療を余儀なくされている。

関連イラスト

暁ちゃん
真戸親子
ドーナツ




関連タグ

東京喰種 喰種捜査官 真戸呉緒 亜門鋼太朗 滝澤政道 東京喰種:re 亜アキ

pixivに投稿された作品 pixivで「真戸暁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1040025

コメント