ピクシブ百科事典

小竜景光

こりゅうかげみつ

鎌倉時代の備前国(岡山県)の刀工・景光作の太刀。
目次[非表示]

誘導分岐

  1. 鎌倉時代の備前国(岡山県)の刀工・景光作の太刀。当記事にて解説
  2. 1.をモデルにした、『刀剣乱舞』のキャラクター。→小竜景光(刀剣乱舞)


概要

鎌倉時代の備前国(岡山県)の刀工である長船派の景光によって打たれた太刀であり、鎺元(はばきもと)に精緻な倶利伽羅竜の彫り物があることからこの名前が付けられている。
同じく倶利伽羅竜の彫り物があり、景光の名前のある「小倶利伽羅景光」とは別刀である。

また、楠木正成(楠公)の佩刀であったと伝えられていることから「楠公景光」とも、独特な刀身の彫物から「覗き竜景光」と呼ばれることもある。

国宝に指定されており、現在は東京国立博物館に所蔵されている。
国宝指定名称は「太刀 銘備前国長船住景光  元享二年五月 日(小竜景光)」。

参考リンク


関連タグ

太刀

pixivに投稿された作品 pixivで「小竜景光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 885799

コメント