ピクシブ百科事典

島田開

しまだかい

『3月のライオン』の登場人物。将棋のプロ棋士で作中でも屈指の強豪。
目次[非表示]

演じた俳優

TVアニメ:三木眞一郎
実写映画:佐々木蔵之介

概要

『3月のライオン』の登場人物。A級八段。年齢は30歳代後半。
熱さを内に秘めながらも、基本的な性格は温和な人格者であり、主人公の桐山零をはじめとする棋士たちや、取材記者までもが島田ファンとなっている。

ビジュアルのモデル佐々木蔵之介。棋士のモデルは勉強会を開き、後進の指導にあたっている島朗九段だといわれている。
実写版では実際に佐々木蔵之介が島田を演じることになり、原作者・羽海野チカが喜んでいた。


キャラクター

宗谷名人の同期にあたり、名人が突発性難聴にかかっていることを知る数少ない人物。
努力を積み重ね実力をつけてきた粘り強い棋風。二海堂の兄弟子。
奨励会に在籍していた頃から胃痛持ちであり、ストレスのせいか髪にも悪影響が出、タイトル戦などではプレッシャーなどから症状が悪化する。作中でもそれらをよくネタにされている。

二海堂とは互いに「坊」「兄者」と呼び合う仲。二海堂からの依頼により、後藤との対局にこだわり、まわりが見えなくなった零の目を覚ます役割を果たした。
その後、二海堂の薦めや、オールラウンダーであるの棋風が宗谷の棋風に「似ている」と感じたことから、零を研究会に誘う。

後輩の面倒見がよく、二階堂と零はもちろん、同輩の棋士たちからも慕われている。また故郷(山形県)の過疎問題に心を砕き、「じんちゃんばんちゃん」たちが少しでも生きがいを持って不自由なく暮らせるようにと、物販のルートを作る、買い物バスの運行システムを考案するなど手を尽くしている。

獅子王戦挑戦者決定戦決勝において、重厚な棋風で知られるA級棋士・後藤九段を2勝1敗で破り、自身の目標である宗谷獅子王と対戦するが、必死の戦いもむなしくストレート負けを喫してしまう。
その後、宗谷に惨敗した棋風を組みなおすために試行錯誤を繰り返し、棋匠戦挑戦者決定リーグ戦において一時的なスランプに陥るが、後藤の「そのうち勝ちだすだろう」という予言どおり徐々に復調、柳原棋匠への挑戦権を獲得する。

66歳の老雄・柳原棋匠との戦いでは、スポンサーの確保に頭を痛める神宮寺会長から、華のない病弱なおっさん二人の対決と揶揄された上、経費節約でポスターのデザインは身内で間に合わせ、印刷ではなくPC出力にされるという憂き目にあった。
勝負は3勝3敗ともつれこみ、最終第7戦は互いの知力・気力・体力を振り絞る文字通りの死闘となったが、柳原の執念と粘り腰に屈し、惜しくもタイトル獲得を逃した。

過去には恋人がいたことも何度かあった。しかし、故郷のためにもなんとかタイトルを取りたいと将棋に全力を注ぐあまり、彼女のために気持ちや時間を割くことが出来ず、結局すべて別れる羽目になっている。
島田のファンであり、あかりにたいしてはライバル的な立場にある林田から、直にあかりへの感情について聞かれた際には、そうした過去の懸念から「わからん…」と答えた。

しかし、自身を「鳥(宗谷ら天才たち)についていこうと、必死に人力で羽ばたく羽根つき自転車」に例え、「人力のみでやってきた」ことを誇りに思うとも言い、思わず感動した林田と意気投合。結局、彼らのどちらかとあかりを結び付けようとした零の画策は失敗に終わってしまった。


関連イラスト

【切り絵】3月のライオン 島田開
いよいよ見参!!!


島田八段
ハマりました記念絵。




関連タグ

3月のライオン 将棋 棋士 桐山零 宗谷冬司 二海堂晴信

pixivに投稿された作品 pixivで「島田開」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 588996

コメント