ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
『3月のライオン』の登場人物。将棋のプロ棋士で作中でも屈指の強豪。

演じた俳優

TVアニメ:三木眞一郎

実写映画:佐々木蔵之介


概要

『3月のライオン』の登場人物。順位戦A級八段。年齢は30歳代後半。山形県天童市出身(※地元の駅として天童駅らしき駅が描かれ、天童市で行われる春のイベント「人間将棋」の解説者に招かれている)。

熱さを内に秘めながらも、基本的な性格は温和な人格者であり、主人公の桐山零をはじめとする棋士たちや、取材記者までもが島田ファンとなっている。


ビジュアルのモデル佐々木蔵之介。棋士としてのモデルは勉強会を開き、後進の指導にあたっている島朗九段だといわれている。

実写版では実際に佐々木が島田を演じることになり、原作者の羽海野を感激させた。



キャラクター

宗谷名人の同期にあたり、名人が突発性難聴にかかっていることを知る数少ない人物。

努力を積み重ね実力をつけてきた粘り強い棋風。二海堂の兄弟子。

奨励会に在籍していた頃から胃痛持ちであり、ストレスのせいか髪にも悪影響が出、タイトル戦などではプレッシャーなどから症状が悪化する。作中でもそれらをよくネタにされている。

獅子王戦の解説で藤本雷堂棋竜に絡まれた零は「(藤本や後藤正宗九段、隈倉健吾九段のような猛者と日々順位戦A級で囲まれて戦い)、胃痛だけですんでいること自体、ある意味あなたも怪物ですってば」と恐れおののいている。

二海堂とは互いに「坊」「兄者」と呼び合う仲。二海堂からの依頼により、後藤との対局にこだわり、まわりが見えなくなった零の目を覚ます役割を果たした。

その後、二海堂の薦めや、オールラウンダーであるの棋風が宗谷の棋風に「似ている」と感じたことから、零を研究会に誘う。


後輩の面倒見がよく、二階堂と零はもちろん、同輩の棋士たちからも慕われている。また故郷(山形県)の過疎問題に心を砕き、「じんちゃん、ばんちゃん」たちが少しでも生きがいを持って不自由なく暮らせるようにと、物販のルートを作る、買い物バスの運行システムを考案するなど手を尽くしている。


獅子王戦挑戦者決定戦決勝において、後藤九段を激戦の末2勝1敗で破り、タイトルホルダーの宗谷と対戦するが、必死の戦いもむなしくストレート負けを喫してしまう。

このとき、宗谷の悪手に気付かず逆転の好機を逃していたことを、「君は僕を信じすぎだ」と他ならぬ宗谷自身から指摘される。


その後、試行錯誤を繰り返し、棋匠戦挑戦者決定リーグ戦において一時的なスランプに陥るが、後藤の「そのうち勝ちだすだろう」という予言どおり徐々に復調、柳原棋匠への挑戦権を獲得する。


66歳の老雄・柳原との戦いでは、スポンサーの確保に頭を痛める神宮寺会長から、華のない病弱なおっさん二人の対決と揶揄された上、経費節約でポスターのデザインは身内で間に合わせ、印刷ではなくPC出力にされるという憂き目にあった。

当初は凡戦と言われていたが3勝3敗ともつれこみ、最終第7局は互いの知力・気力・体力を振り絞る文字通りの死闘となったが、柳原の執念と粘り腰に屈し、惜しくもタイトル獲得を逃した。


過去には恋人がいたことも何度かあった。しかし、故郷のためにもなんとかタイトルを取りたいと将棋に全力を注ぐあまり、彼女のために気持ちや時間を割くことが出来ず、結局すべて別れる羽目になっている。

島田のファンであり、あかりにたいしてはライバル的な立場にある林田から、直にあかりへの感情について聞かれた際には、そうした過去の懸念から「わからん…」と答えた。


しかし、自身を「鳥(宗谷ら天才たち)についていこうと、必死に人力で羽ばたく羽根つき自転車」に例え、「人力のみでやってきた」ことを誇りに思うとも言い、思わず感動した林田と意気投合。結局、あかりの行き先を案じてどちらかと結び付けようとした零の画策は失敗に終わってしまった。



関連イラスト



関連タグ

3月のライオン 将棋 棋士 桐山零 宗谷冬司 二海堂晴信

「生きてる」って気がするぜぇ

演じた俳優

TVアニメ:三木眞一郎

実写映画:佐々木蔵之介


概要

『3月のライオン』の登場人物。順位戦A級八段。年齢は30歳代後半。山形県天童市出身(※地元の駅として天童駅らしき駅が描かれ、天童市で行われる春のイベント「人間将棋」の解説者に招かれている)。

熱さを内に秘めながらも、基本的な性格は温和な人格者であり、主人公の桐山零をはじめとする棋士たちや、取材記者までもが島田ファンとなっている。


ビジュアルのモデル佐々木蔵之介。棋士としてのモデルは勉強会を開き、後進の指導にあたっている島朗九段だといわれている。

実写版では実際に佐々木が島田を演じることになり、原作者の羽海野を感激させた。



キャラクター

宗谷名人の同期にあたり、名人が突発性難聴にかかっていることを知る数少ない人物。

努力を積み重ね実力をつけてきた粘り強い棋風。二海堂の兄弟子。

奨励会に在籍していた頃から胃痛持ちであり、ストレスのせいか髪にも悪影響が出、タイトル戦などではプレッシャーなどから症状が悪化する。作中でもそれらをよくネタにされている。

獅子王戦の解説で藤本雷堂棋竜に絡まれた零は「(藤本や後藤正宗九段、隈倉健吾九段のような猛者と日々順位戦A級で囲まれて戦い)、胃痛だけですんでいること自体、ある意味あなたも怪物ですってば」と恐れおののいている。

二海堂とは互いに「坊」「兄者」と呼び合う仲。二海堂からの依頼により、後藤との対局にこだわり、まわりが見えなくなった零の目を覚ます役割を果たした。

その後、二海堂の薦めや、オールラウンダーであるの棋風が宗谷の棋風に「似ている」と感じたことから、零を研究会に誘う。


後輩の面倒見がよく、二階堂と零はもちろん、同輩の棋士たちからも慕われている。また故郷(山形県)の過疎問題に心を砕き、「じんちゃん、ばんちゃん」たちが少しでも生きがいを持って不自由なく暮らせるようにと、物販のルートを作る、買い物バスの運行システムを考案するなど手を尽くしている。


獅子王戦挑戦者決定戦決勝において、後藤九段を激戦の末2勝1敗で破り、タイトルホルダーの宗谷と対戦するが、必死の戦いもむなしくストレート負けを喫してしまう。

このとき、宗谷の悪手に気付かず逆転の好機を逃していたことを、「君は僕を信じすぎだ」と他ならぬ宗谷自身から指摘される。


その後、試行錯誤を繰り返し、棋匠戦挑戦者決定リーグ戦において一時的なスランプに陥るが、後藤の「そのうち勝ちだすだろう」という予言どおり徐々に復調、柳原棋匠への挑戦権を獲得する。


66歳の老雄・柳原との戦いでは、スポンサーの確保に頭を痛める神宮寺会長から、華のない病弱なおっさん二人の対決と揶揄された上、経費節約でポスターのデザインは身内で間に合わせ、印刷ではなくPC出力にされるという憂き目にあった。

当初は凡戦と言われていたが3勝3敗ともつれこみ、最終第7局は互いの知力・気力・体力を振り絞る文字通りの死闘となったが、柳原の執念と粘り腰に屈し、惜しくもタイトル獲得を逃した。


過去には恋人がいたことも何度かあった。しかし、故郷のためにもなんとかタイトルを取りたいと将棋に全力を注ぐあまり、彼女のために気持ちや時間を割くことが出来ず、結局すべて別れる羽目になっている。

島田のファンであり、あかりにたいしてはライバル的な立場にある林田から、直にあかりへの感情について聞かれた際には、そうした過去の懸念から「わからん…」と答えた。


しかし、自身を「鳥(宗谷ら天才たち)についていこうと、必死に人力で羽ばたく羽根つき自転車」に例え、「人力のみでやってきた」ことを誇りに思うとも言い、思わず感動した林田と意気投合。結局、あかりの行き先を案じてどちらかと結び付けようとした零の画策は失敗に終わってしまった。



コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • ライオン、考えてみた

    島あかについてぐっだぐだと考えている

    小説じゃあないです 書きたいけど、まあそれのベースというか 妄想の垂れ流しというか 散らかった文章です、はい そのうち下げるか編集するかします 原作が進むにつれて見解も変わると思うので ワシぁ開ちゃんが好きなんじゃい 幸せになって欲しいの
  • アシンメトリー※

    ※1終始暗い話 出来れば続きが書ければと思いつつ、予定は未定。タイトルとか内容はがっつり聴いてた曲に影響受けてます。
  • 虚に囚われた熱

    あけましておめでとうございます。本年も、ゴミのような駄文をさらけ出して行けたらなと思っておりますので、宜しくお願い致します。 お目汚しを失礼させていただきます。やりたいネタは有るんですが、なかなか進まないので良く有るネタを投下させていただきます。すみません。 一発目なので後島です。出来上がってます。今回は後藤風邪編にしました。島田のビミョーな気持ちがかけたら良いなと思ってしまいました。コメディのつもりで始めたのに、何故か新年早々重苦しい、しかも何が言いたいのかよく解らない話になってしまいました…はぁ。やはり難しいですね…。 後藤の妻に関する表記を有りますので、苦手な方はバックでお願いします。 15巻を読んで以降あんまりネタも生まれてこずな感じですが…し~まぁ~だぁ~…。幸せになってくれ~… 読んで頂いた皆様、ご反応頂きました皆様、ありがとうございます。
  • 冬来りなば

    4. レモンの勇気

    島あか馴れ初め編の続き ようやく先が見通せるようになってきた。 おねいちゃんの決意が固まりました。
  • ビアガーデンで呑むビールはなぜか美味い!

    連日の暑さで溶けそうなので、零くんたちにビアガーデンに行ってもらいました。 酔っ払いたちのグダグダした会話メインの短いお話です。 島田さんと林田先生はもはや零くんの保護者だと思っています。 ちなみに個人的に野口先輩と島田さんは早生まれなイメージです。三月生まれっぽそう。 ※ひなちゃん出てきませんが零ひな要素がちょっとあります。
  • 直球勝負

    直球勝負 3

    3月のライオン。 直球勝負をシリーズ化してみました。 裏面は入れてません。裏面は宗零が主軸になっているので。
  • 俺たちの思い出シリーズ

    表鏡

    アイネクライネ4の直後の二人。 二人だけが一緒に居れない淋しさ。 ちょっとすれ違いと互いの心の傷に触れてしまいました。 不自然な設定はスイマセン。
  • 心新たに

    因縁の京都

    1作1作時間がかかります。 島田さんに本当は買って欲しい気持ちがあるんですが、島田さんってギリギリ凌ぎを削るけどいつも負けちゃう人なのかなと。 宗谷さんからすれば、1度勝たせてしまうと分からないので一戦一戦必死なのかもしれないぞと思います。 二階堂が勢いで切り開くのに対し、桐山くんは静かに最善手を指していく…ような、キャラクターによって役目があるのかなと。 頑張って柳原さんには買ってもらって、同年代3人タイトルホルダーの状態になってくれたらいいなと思って書いてます。 いいね、フォローよろしければお願いします。
    10,303文字pixiv小説作品
  • HERO

    ※コミックス派の人ごめんなさい。128話まで読まないと意味わかんないと思います。 うみの先生のアシさん達も林島!って騒いでいたしやっぱり林島だよなと思っていたのですが、128話で島林に目覚めました。 需要増えればうれしいナ。。。
  • 3月のライオン

    ログ1

      ちょこちょこ書いていたメモ書きの話を4つくっつけました。 猫とチョコと子供たちが島田さんを取り囲んでいます。 まめぞうの普段の頭の中はこんななのかよ……と思って頂ければ! 妄想と自分の萌えのありったけを突っ込みました! 島田さんと隈さんの二人組はダメな人と保護者みたいで書いてて楽しいです。
  • 澄んだ水を心にそそぐ

    こんにちは、うたみです。島田さんと零君のお話です。 *短いです。きちんと書くと長くなるのですが、とてもこのシーンをアップしたくなりました。 *ブックマーク、コメント、いいね!フォローetc.本当に嬉しいです。ありがとうございます。
  • 熱い強い夏風

    こんにちは、うたみです。短いコメディです。島田さんと零君です。他のCPの名前が出てきます。 ✽広告です。 『島田さんと零君』グループを開いています。 ✽https://www.pixiv.net/group/index.php?id=37256 ✽島田さんと零君の内輪話がたくさんできます。島零が好きな方ならどなたでも、書き手さまも描き手さまも読み手さまも、いつもは別CPを書いていらっしゃる方も、心から歓迎いたします。 お試しで入ってみて、気分で出たりまた入ったり、自由に楽しんでください。お話はしなくても、グループに入りたいだけでももちろん大丈夫です。島零が好きな仲間を募集中です!どうかお気軽にお声がけくださいませ。 ✽「島田さんっ!今入会すると、希望すれば、先着1名さまに、天童市ふるさと納税ノベルティの、島田さんのパンフレットがもらえるそうです!僕今すぐ入会します!」 桐山の叫び声が、寝室に響いた。 さっきまで、少し恥ずかしそうにふたつの和布団を並べて敷いていた桐山が、自分のライトグリーンの布団の上に正座して、スマホを手に、島田さんのパンフレット…!と幸せそうに繰り返している。 今は土曜日の夜22時、ふたりともが明日の日曜日から来週いっぱいの8日間、対局も解説も取材もない、という付き合い始めてから初めての夜。再来週からまたふたりともタイトなスケジュールだとわかっている。だから今夜はお互い甘い期待を胸に、島田がムードを丁寧に作り、桐山はうっとりと溶かされていき、さあ、というまさにその瞬間だった。 ちなみに、そう見られることは全くないが、島田は恋人には大人の男として振る舞える、爪を隠した能ある鷹である。 島田は、桐山へと伸ばした右手を、充てどころなく彷徨わせた後、さすがに慣れた大人の風格で落ち着くまで待とうと決めた。この場合、島田が慣れているのは恋にではなく、桐山に、である。そして、島田さんの島田さんの、とはしゃぐ桐山に、そっと呟く。 「…実物がここにいるんだけど…」 島田の胃痛を心配し、甲斐甲斐しく世話をする桐山が、時々原因そのものになっていることを、桐山が気付くのは何時になるのか。 そして、数日後。 「パンフレットの島田さん、とってもステキです。でも、僕やっぱり、ここにいる島田さんが、いちばん好きです」 おずおずと囁く桐山を、島田はぎゅっと抱きしめた。 ✽『人は挫折に共感する』というある記事を読んで、その上で努力して乗り越えてゆく島田さんが大好き、と書きたかったのです。 ✽ブックマーク・コメント・いいねetc.コメディを書いたのは初めてなので嬉しいです。本当にありがとうございます!
  • 心新たに

    棋匠への挑戦権

    すみません、力尽きました。 少し雑な展開かもしれません。 さすがに挑戦者決定戦でこんな話しないかも。と思うながらも書きました。
  • 鬼ごっこ

    お久しぶりです。最後の更新から約4ヶ月が経ち、やっと更新できました! 今回は零島です! 今回の小説には、自分の好きな設定をたくさんぶち込みました(笑) 「両片思い」「勘違い」「受けの大暴走」「受けが攻めから逃げる」…などなど。大満足の内容です。 本当は宗島でもいいかなと思ったんですが、宗谷名人は京都在中なので今回は桐山君に頑張ってもらいました。 そしてなんと2万字越え!我ながら頑張りましたー。 注意としては、原作ベースで頑張りましたが、基本の設定を完全に無視をしてる部分があります。 そこを注意していただければと…。 後、この話が載っている漫画を所持していないので、勘違いしてる部分があるかもしれません。 その時はすみません。そこを無視してくださいm(_ _)m
    22,526文字pixiv小説作品
  • Good comes out of evil

    島田と零と二階堂と重田のお話。 つまりは島田研究会のお話。ほんのり島田×零です。 ※4/6 一部加筆修正しました。
  • 月隠りの小夜 ~後島

    舌の根も乾かぬうちに、駄文投下を失礼します。 やはり本命で終わりたくて…。ヤりたかったんですが、ヤれませんでした… 初詣行ったらニュースとか中継に映っちゃって、桐山とか香子とかスミスとかからワチャワチャ連絡来ちゃうのとかも妄想はしてたんですけど…行き着けませんでした。 もう一方の本命は…年明けに5~8人でまた何か遊べたら良いなと思いながら。人数増やすと放置の人とか出てきちゃうし、思い付いてもいないので解らないんですけど…。だいたい、棋士の皆様年明けもお忙しいでしょうに。という訳で、この後ニュアンス島あか投下予定です。 毎度ご覧頂きました皆様、ご反応頂きました皆様、ありがとうございます。ゴミのような駄文ですが、また年明けもお付き合い頂ければ嬉しいです。
  • 島田開の1週間

    島田開の1週間(土曜日)

    6話→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8445381(宗島、後島)の続き 本当にお久しぶりです…。久々の更新となりました。 実は今回の更新でこのシリーズもやっと最終回を迎えることができました! 今まで評価やブックマークをして頂きありがとうございました。 通勤中にちまちま書いて気づいたら初の9000字越え! いつもより長くて、文章構成にまとまりはありませんが良ければお読みください…。 このシリーズは、島田開の愛されっぷりを形にしたくて書き始めました。 愛されてるっていうか、巻き込まれて島田さんを困らせてるっていうか…。 それでも最後まで書き終えることができて良かったです。 次からは1話完結の話を書いていきますので、引き続きよろしくお願いします。 話が変わりますが、前編DVDに13巻も発売されましたね! どちらの島田さんもカッコ良くってキュンキュンしました。 13巻の島田さんの毛の量が増えてイケメンで…個人的には薄毛キャラの島田さんが好きなので寂しいような…。 あと、後島が後島だった…。
  • きのおけない

    きのおけない4

    まただらだら喋ってるよ 長いよ また会話文だけだよ っていうか本誌が 公式が最大手状態なんですが BLぶっ込んできやがったと我々は大騒ぎでござる トライアングラー、まさかの?! マジかよ!!!!! そうさ高志は島田担の壁サーだから! 俺たちの高志だから 高志おまおれだから 我々はストーリーに描かれている島田しか知らないが、高志は島田が新四段のプロ入りの頃から追っかけしてるんだろ?うらやましい とりあえず君が持ってる将棋現代のバックナンバー全部見せろ、島田のページどうせスクラップ帳にまとめてんだろ知ってんだぞ けしからん 今度の春コミで島田本だせよタカシ 出してよ こちらの世界からじゃ島田見つめるのに限界があるんだよ 高志!!! ----------------- どうやらわたくし、TLにラーメンテロを起こした模様(スガキヤカップ麺を啜りながら)
    13,201文字pixiv小説作品
  • 花が静かに綻ぶように恋をする

    3月のライオンの捏造乱文です。短文です。 思いつきの文章です。誤字ばかりの思い付いたまま書いている乱文です。みなさんの、ブックマーク、いいね、とても嬉しく勇気をもらっています。いつも閲覧ありがとうございます。 追加ありがとうございます! ※素晴らしい絵師さまの花山吹様の表紙を、大切に使わせて頂いています!!※※花山吹様は素晴らしい※

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. 悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー