ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ぼくたちの国の 神さまの子供」

配役

TVアニメ:石田彰、実写映画:加瀬亮

概要

物語開始時点から名人に在位する天才プロ棋士。30歳代後半。
中学生でプロになり、史上最年少の名人位、七冠独占という偉業を成し遂げている。
島田開八段とは同期、隈倉健吾九段とはほぼ同年齢である。
現在は名人のほかに獅子王・棋神・聖竜・玉将のタイトルを獲得。名人戦は6連覇で通算12期。玉将戦は5連覇を記録。
モデルは「全盛期の谷川浩司九段と羽生善治永世七冠を足して2で割っていない」キャラクター設定となっている。

キャラクター

あらゆる戦型を指しこなすオールラウンダーで、相手の得意戦法を受けて立つのを好む。その強さは「」とも「悪魔」とも例えられる、作中最強の棋士である。
その容姿はデビュー以来、時間が止まったかのように長年にわたり変化がない。
佇まいや言動など全てが浮世離れしており、話がかみ合わないことも多く「不思議ちゃん」「ギリギリ人の姿を保っているだけの将棋の鬼」と畏怖されている。

実はストレスによる突発性難聴が原因だが、神宮寺嵩徳将棋協会課長ら幹部、数人の対局相手のほかに彼の持病を知るものは少ない。また、もともと言動や振る舞いが天然系だったことも手伝って、周囲には「天才だから」で済まされてきた。
医師にはもちろんかかったが治しようがなく、本人は「静かでめんどくさくなくていい」「将棋は制限時間内に終わらせればいい」と気にしなくなってしまった。

作中で喋ることは稀であり、フキダシで発したセリフは数えるほどしかない。
TVアニメでも、画面に登場はしていても声優は一言二言つぶやく程度の話が殆ど(それどころか声優が現場にいないことも…)である。また、「おやつ」の時間には紅茶にブドウ糖とレモンを足して飲むだけ(神宮寺たちには”ただの脳のエサ”と呆れられた)など、たびたび非人間的な雰囲気の描写がされる。

一方で土橋九段とのタイトル戦では、意識の外で彼の気を散らしていた虫をそっと逃がしたり、思わぬ展開を見て、試合後に研究会を開いたりもしている。
二階堂との対戦では、非常に良い将棋をしていた彼が持病の悪化で倒れかける姿を見て、思わず意識を呼び戻させようと手を出すなど、やや常軌を逸したレベルの将棋への情熱を見せた。


関連イラスト

(´∀`*)
宗谷名人


宗谷冬司
無題




関連タグ

3月のライオン 桐山零 島田開 隈倉健吾 棋士
ラスボス 最強 白い 銀髪 白髪

関連記事

親記事

3月のライオン さんがつのらいおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宗谷冬司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 391748

コメント