ピクシブ百科事典

帝都燃ゆ

ていともゆ

私は二度と泣かない…
目次[非表示]

「帝都燃ゆ」とは、テレビ東京系列で放映されたアニメトータルイクリプス』第1・2話の題名である。
コミカライズは綱島志朗が担当。後に、『トータルイクリプス』BD&DVD全巻購入特典小説『帝都燃ゆ(完全版)』をベースとして『マブラヴオルタネイティヴ トータル・イクリプス』Windows版にてゲーム化された。

概要

主人公である篁唯依の訓練生時代を描いた回で、前編では衛士として同級生との訓練生活、後編ではBETAとの壮絶極まる実戦が語られており、次々と命を落としていく仲間たちを死を乗り越えて成長していく唯依の姿を描写したことで視聴者に強い印象、そしてトラウマを与えたエピソードである。

『トータルイクリプス』を含む『マブラヴオルタネイティブ』の世界観は見る者を熱くさせる要素や鬱な気分にさせてくれる要素が入り混じっているが、この「帝都燃ゆ」前後編はその世界観を端的に表していると言える。以下そのあらすじを紹介する。

※警告!以降の記述には第1・2話のネタバレが含まれています。また、トラウマになること請け合いの文章がありますので閲覧はご自身の責任で行ってください。

物語

訓練生としての生活(前編)

人類とBETAとの終わりなき戦いが続いている1997年、13歳の篁唯依は名家の娘であること以外は普通の少女だったが、武家に生まれたものの責務として日本帝国の帝都である京都の帝国斯衛軍衛士養成学校へ通うことになる。

衛士強化装備を纏い鬼教官の真田晃蔵による厳しい訓練が日々行われていた。訓練生の中にはその苛酷さに耐えられず去っていく人もいた。それでも唯依は同じ訓練生である山城上総、能登和泉、石見安芸、甲斐志摩子と共に打ち込んでいき、交流を深めていくのだった。

しかし、BETAは矛先を日本に向けて進撃していた。手始めに九州・四国・中国を壊滅させ京都へ向かっていた。1998年7月、帝国斯衛軍は京都守備のため戦力を送り出し、唯依達も訓練の途中で実戦に赴くことになった。

戦闘、散華、そして希望(後編)

いきなり戦場に送り出された唯依達は、この上ない緊張感に打ち震えていた。彼女達は今まで経験したことがない恐怖感を感じていたが、皆心を一つにして死闘に臨む決意を固める。外様武家の娘である上総、先の九州戦で恋人を失った和泉、安芸、志摩子と共に唯依は戦術機を駆り果敢に立ち向かっていく。

しかし、圧倒的な戦力と武力を誇るBETAに対して未熟な唯依達は赤子同然であった。必死の戦闘も虚しく防衛ラインが突破され、衛士達は次々と蹴散らされていく。安芸は突撃級BETAに轢かれ、志摩子は光線級BETAの攻撃に遭い戦死、和泉は京都駅に墜落したのちに戦術機から脱出を図るも戦闘級BETAによって命を落とし兵士級BETAに喰いちぎられてしまう。上総は全身を骨折し身動きが取れなくなり、戦車級BETAに取り囲まれてしまう。

この時無傷だった唯依に対して上総は「私を殺して」と介錯を請うのだが、彼女は同じ仲間を殺すことがなかなかできなかった。そしてためらっているうちに上総は唯依の目の前で凄絶な最期を遂げるのだった。

視聴者「オォゥ…安芸ィ…志摩子ォ…和泉ィ…上総ァ…

結局帝都である京都は陥落、唯依はだだ一人生存した訓練生となった。彼女は自分だけが生き残ったことに深く嘆き涙を流す。そして仲間達の犠牲を無駄にしないために二度と涙を見せないことを誓うのだった。

それから3年後の2001年、アラスカの国連軍ユーコン基地には衛士として逞しく成長した唯依がいた。偉大な同志を失ったが新たな仲間も出来た彼女は次なる戦いへ立ち向かうのだった。

関連項目

マブラヴオルタネイティブ
トータルイクリプス
篁唯依
戦術機
衛士強化装備
BETA
みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「帝都燃ゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50934

コメント