ピクシブ百科事典

平賀三郎

ひらがさぶろう

平賀三郎とは、『銀魂』に登場する機械(からくり)バカ、及び彼に因んで作られた機械である。

人物

江戸一番の機械技師とうたわれる平賀源外の息子。故人である。
険しい顔で「人殺しの道具」を作る父親に反発し、戦ではなく親子喧嘩をしに高杉晋助率いる鬼兵隊の一員として攘夷戦争に参加した。
父親譲りの優れた機械技師だったようだが、同時に剣術はからきしだった(高杉談)。

戦争時に結成された当時の鬼兵隊メンバーで、高杉を除き唯一名前の判明している人物である。

幕府に粛清され、晒し首になってしまった。
それを目の当たりにした平賀源外は、のちに「三郎」という名の機械を作るようになった。

pixivに投稿された作品 pixivで「平賀三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 648

コメント