ピクシブ百科事典

幻羅星龍ガイ・アスラ

げんらせいりゅうがいあすら

カードゲーム『バトルスピリッツ』に登場するカード。
目次[非表示]

概要

バトルスピリッツ星座編第1弾で登場した赤のXレア。宇宙がメインテーマの星座編シリーズにおける『惑星』を表す系統『神星』および竜の系統のひとつ『星竜』に属するカードで、名前からして地球を指すカードと思われる。
母なる星がモチーフであるだけに、その能力もすさまじくぶっ飛んだものであり、話題を呼んだ。

能力

バトルスピリッツ史上初となるLv4最大BP30000を持つ。
それまでの最高BPは激神皇カタストロフドラゴンの20000であったが、それを一気に10000も更新した。さらに、それまでのLv3が最高というバトルスピリッツの常識を覆し、Lv4という文字通り一段上のレベルを有している。

そして、ガイ・アスラを強力たらしめているのが『超覚醒』というそれまでの『覚醒』の上位能力である。
これは、フラッシュタイミングで他のスピリットからコアを移動できる本来の『覚醒』の効果に、その効果でコアをひとつでも移動した場合に回復するという効果を加えたもの。つまり、フィールドにあるコアの数だけ連続攻撃・連続ブロックが可能ということである。
またLv4の間、アタックした時に、そのバトルの間にバトルやカードの効果で破壊された相手のスピリットの上にあるコアをすべてボイドに送る。相手スピリットを破壊してリザーブに戻ったコアを防御マジックなどに使用されるのを防止するとともに、ひとつでも送り返せば最低でも相手の次のコアステップ分のコアを消したことになるので、相手の作戦を遅らせることができる。

ただし、これだけの超絶スペックで何のデメリットもないわけでは勿論ない。
まず、ガイ・アスラというスピリット自体がコスト10と重い。赤の軽減シンボルを6個持っているものの、最低でも4コスト必要となる。
さらにLv4に到達するにもコアが10個必要と、召喚にも維持にもとにかく手間を要するのである。

そして、最大のデメリットが、ガイ・アスラ上に一度置いたコアは、いかなる効果でも再度移動させることができないこと。召喚のためにリザーブに戻すことも、フラッシュタイミングでマジックを使うためのコストとすることも不可能なのである。
ガイ・アスラを手札に戻すか破壊するしかコアを自由にする手段はないため、プレイングが縛られがちになってしまう。

とはいえ、サポートの多い星竜に属しているため、定番の『ビッグバンエナジー』など、コストを減らしたり踏み倒したりすることはそこまで難しくない。
また、コストの高さを逆手に取り、高コストスピリットがいることで有利な効果を得るカードで固めてしまうのも有効。
現在ではBPだけみればガイ・アスラよりBPの高いものも少なくないためあえてこのカードを選ぶ理由はないが、いずれにせよ強力であることには変わりないので、下準備をきちんと整えられるデッキに投入すればすさまじい力を発揮するカードとなる。

活躍

アニメでは星座編発売より前の『少年激覇ダン』において異界王が作り出したカードとして登場したのが初である。
百瀬勇貴および馬神弾とのバトルの2回登場。
異界王の手によって『超覚醒』とBP30000をフルに発揮し、各色の名だたるXレアたちをことごとく撃破してみせる。
勇貴とのバトルでは攻撃を繰り返し防御をすべて打ち破って勝利したが、弾との最終決戦では、味方のコアを移動できなくなったことが仇となり、回復できないままとどめの攻撃をブロックできずに敗北した。

続く『ブレイヴ』では、謎の覆面バトラー・グレートイーグルの切り札として登場。この時も『超覚醒』を発揮して弾のライフを1ターンで3つ減らしたが、やはりガイ・アスラにコアを移動させすぎて防御マジックを使用できず、敗北を許す結果となった。
なお、このバトルの時、弾のバトルを見ていた紫乃宮まゐからは「もう二度と見たくないと思ってたのに」と言われていることから、少なからず彼らのトラウマになっているようである。

余談

かなり制圧力に特化したスピリットであり、汎用性が低かったため、後にBPとコストを下げた『天地神龍ガイ・アスラ』や『スレイヴ・ガイアスラ』、またアルティメットとして驚異のBP50000を有する『アルティメット・ガイ・アスラ』、詩姫版リスペクトカード『マイ・アスカ』など、数多くのリメイクカードを生み出している。

関連タグ

バトルスピリッツ Xレア

pixivに投稿された作品 pixivで「幻羅星龍ガイ・アスラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント