ピクシブ百科事典

異界王

いかいおう

「バトルスピリッツ 少年激覇ダン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV小山力也

概要

異世界グラン・ロロを支配する王。
ただし、元は異界人ではなく普通の人間。
先を見通せる策謀と知略にもたけた人物で、グラン・ロロにいる多くの異界人から支持されている。

来歴

過去

元々はスペイン人であり、地球の600年以上前の大航海時代、富と名声を求め、海に出ていった船乗りたちの中の一人であった。
そして、危険な航海の果てに偶然ながらも彼は魔術などが存在する異世界グラン・ロロへの入り口を発見する。
祖国に帰った彼は、グラン・ロロを植民地とすべきだと進言するも、異世界のことを信じてもらえず、周囲の人間から嘲笑される。異世界のことについて信じてもらいたい一心で彼は異世界グラン・ロロについて著した『異界見聞録』を出版するが、それすらも人々を惑わすものとして禁書にされて焚書の憂き目にあった。

異界王として

自分の見たもの、感じたものをだれにも信じてもらえない『無理解』『孤独』にさらされた彼は、人々に失望し、一人グラン・ロロへと旅立った。

そして、彼は原始的な生活をしていた異界に文明をもたらし、『異界王』と名乗って、異界に君臨、異界魔女マギサから魔力を奪い、絶対的な統治者として君臨する。
更に、異界グラン・ロロの太陽であるマザーコアの守護・制御にも力を注いできた。

異界王の統治で苦しむ人々を見た馬神弾が、異界王を否定してきた際には、自分は大局を見ていると告げ、バトルで弾を相手に文字通り『大局を見据えて』圧勝。
更に、異界王によるマザーコアの制御・支配を辞めさせようとする弾達の行動を先読みし、それを利用して、自身の目的であった「地球とグラン・ロロの融合」を果たす。

世界の融合後、地球側の国々に対して、異世界の技術コアテクノロジーを交渉材料に同盟関係を続々と成立。更にそれすらも前座であり、世界経済の支配者たる影の政府フィクサーと同盟を結び、事実上の世界征服すら達成、それでも満足できない異界王は、マザーコアを完全に支配下におさめる。

しかし、突然過去の憎しみを再燃させたい異界王は、疫病と医療・飢餓と飽食・混乱と平和といった世界に満ちた矛盾を破壊するため、未熟な人類と野蛮なる異界人の『進化』を促すべく、天変地異を起こそうとする。
最後は異界王を止めようとする弾とのバトルに敗北。「お前達が生きる時代は俺が創った時代だ。忘れるな…」と言い残し息絶えるのだった。

バトルスピリッツブレイヴ

異界王亡き後、馬神弾達は、異界王達との戦いで気づいた世界の矛盾を無くすべく戦おうとする。しかし、世界をコントロールするフィクサー達はそんな弾たちを邪魔に思い、情報操作で弾達を弾圧、弾は友人や家族からも迫害され、大事な友人も失い、図らずもようやく異界王が抱えていた『憎しみ』を理解することとなった。

そして未来世界は、本来環境破壊で荒廃した世界だったものから、異界王の介入により、コアテクノロジーのおかげで環境破壊はなく、異界から流入した魔族と人間が争う世界となる。

そんな未来を救うため未来にやってきてた弾達。終盤、魔族と人間が一つとなり、最後の地球を救うための作戦に向かう直前。
弾が異界王に思いを馳せ、『異界見聞録』を手に取ると、精神世界にて異界王と邂逅。
かつては分かり合えなかったが、様々なものの見方を知り成長したダン、穏やかな顔つきを取り戻した異界王、世界と戦い続けてきた二人の男は語り合った。
異界王はダンの新たな時代を切り開く覚悟を確かめ、ダンは異界王のことを「見方を変えれば、あんたが一番世界を案じていた英雄だった」と返す。
成長したダンを異界王は「男の顔になったな」と喜び、最後の戦いに向かうダンを激励し、その姿を消した。

使用デッキ

あらゆる色のデッキを使いこなす。
初対面との馬神弾とのバトルでは、あえて弾と同じデッキを使用。ミラーマッチではプレイングで彼に差をつけ勝利するという圧倒的な実力を見せる。

本気で戦う際には、異界王自身の憎悪によって生み出された『幻羅星龍ガイ・アスラ』を切り札とする赤主体の混色デッキを使用する。


余談

切り札『幻羅星龍ガイ・アスラ』は、バトルスピリッツでは恒例である『次期新シリーズのエースカードの先行公開』にあたるカード。このカード自体、バトルスピリッツでは初となるLv4、そして他のスピリットとはまるで比較にならない30000という強烈なパワーを有しており、異界王が『既存の概念にとらわれない存在』であることを決定づけている。

関連タグ

バトルスピリッツ 少年激覇ダン
バトルスピリッツブレイヴ

馬神弾 幻羅星龍ガイ・アスラ

百瀬勇貴 灼熱のパンテーラ 幻惑のレオン

pixivに投稿された作品 pixivで「異界王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 696

コメント