ピクシブ百科事典

彼が去れば

かれがされば

「彼が去れば」とは、映画DEVILMANの戦闘中に流れた挿入歌である。
目次[非表示]

Yo...devilman ,2004...

概要

彼が去ればとは、映画DEVILMANで挿入されたラップである。
歌手は大御所ラッパーK_DUB_SHINE
作詞家はK.Kagami
作曲家はl.Sakagami

_『DEVILMAN オリジナル・サウンドトラック』&本人のEP『自己表現』にも収録。
本家主題歌の「あれは誰だ」と「彼が去れば」で韻を踏んでいることからもおわかりの通り、
映画の内容に副ったリリックとなっている点がお見事。プロの仕事です。_ 此方より引用

要素

前半は混沌とした世界で不動明美樹の安否への焦燥や、への恨みが表現されている。
後半は美樹や一般人から見た現状の世界への思考や、神への思いが綴られている。
映画の世界観と原作の世界観の兼ね合いの取れた融合が特徴。

挿入場面

劇中でデビルマン=不動明の暴動鎮圧シーンの前後で流れた。

歌詞「あれは誰だ」で不動明がデビルマン中間形態で現場に出現。
不動明は敵を余裕綽々に薙ぎ倒し、最後の歌詞「彼が去れば」で現場を完全に鎮圧した彼はこう言い放つ「滅びろ!デーモン!!」と。

影響

その後にcrybabyで劇中にラップが多用される。
海外では「このヤバイ歌に出会うのに4年も掛かってしまった」等、割りと好評。

余談

原作続編の最後は不動明が去る所で終わる。

関連タグ

デビルマン/光の中で
不動明/牧村美樹
堕天使サタン/ 飛鳥了
映画DEVILMAN
滅びろ!デーモン!!/牛久雅夫

関連記事

親記事

デビルマン でびるまん

子記事

兄弟記事

コメント