ピクシブ百科事典

戦艦コンテ・ディ・カブール

こんてでぃかぶーる

イタリア海軍が建造した弩級戦艦。

概要

コンテ・ディ・カブール級戦艦1番艦。
艦名は「カブール伯爵」(イタリア王国初代首相、カミッロ・ベンソ・コンテ・ディ・カブールの事)に因む。

1910年8月10日起工、1911年8月10日進水、1915年4月1日就役。

1915年5月24日、第一次世界大戦勃発。第一戦隊(司令官:ルイージ・アメデーオ・ジュゼッペ・マリーア・フェルディナンド・フランチェスコ・ディ・サヴォイア=アオスタ少将)の旗艦だったが、オーストリア・ハンガリー帝国海軍は消極的で、交戦の機会はなかった。

1928年5月18日退役。

1932年12月24日、フランス海軍の新戦艦「ダンケルク」が起工。イタリア海軍はその性能に脅威を感じる。
1933年10月、トリエステ造船所に移され、原型をとどめない程の大改装を受け、高速戦艦に生まれ変わった。新造した方が安く済んだともいわれる。

1937年6月1日再就役。
1940年6月10日、イタリアが第二次世界大戦に参戦。
7月9日、カラブリア沖海戦に参加。
1940年11月11日、イギリス海軍タラント空襲で魚雷1本が命中し、大破着底。
1941年7月、浮揚に成功。トリエステ造船所で修理が行われる。
1943年6月、修理が中断。

9月8日、イタリアが連合国軍に降伏。ドイツ軍はトリエステ周辺を占領し、コンテ・ディ・カブールを接収。
1945年2月20日、アメリカ軍の空襲で沈没。
1950年12月8日、浮揚作業の開始。
1952年に浮揚、解体された。

関連タグ

イタリア海軍 弩級戦艦 第一次世界大戦 第二次世界大戦 タラント空襲
コンテ・ディ・カブール級戦艦 戦艦ジュリオ・チェザーレ 戦艦レオナルド・ダ・ヴィンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「戦艦コンテ・ディ・カブール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131

コメント