ピクシブ百科事典

戦艦ジュリオ・チェザーレ

じゅりおちぇざーれ

イタリア海軍が建造した弩級戦艦。
目次[非表示]

Wikipedia:ジュリオ・チェザーレ (戦艦)を参照

概要

コンテ・ディ・カブール級戦艦2番艦。
艦名は古代ローマの政治家(ガイウス・)ユリウス・カエサルのイタリア語読み。ただし"Cesare"のイタリア語読みとしては「チェザーレ」より「チェーザレ」の方が実際の発音としては近く、実際他の用法では「チェーザレ」の方が一般的となっている。この戦艦を指す用法に限って「チェザーレ」で定着してしまっている。(もしくは某ラノベキャラとか。)

1910年6月24日起工、1911年10月15日進水、1914年5月14日就役。

1915年5月24日、第一次世界大戦勃発。第一戦隊(司令官:ルイージ・アメデーオ・ジュゼッペ・マリーア・フェルディナンド・フランチェスコ・ディ・サヴォイア=アオスタ少将)に配備され、主にアドリア海南部で活動したが、オーストリア・ハンガリー帝国海軍は消極的で交戦の機会はなかった。

1923年8月31日、イタリア陸軍エンリコ・テッリーニ大将殺害事件をきっかけにコルフ島事件が勃発。「ジュリオ・チェザーレ」はイタリア艦隊に加わり、イタリア海兵隊ケルキラ島(イタリアではコルフ島)上陸を援護し、ギリシャ軍艦砲射撃を加えた。

1926年、予備役となる。
1928年、練習艦となる。

1932年12月24日、フランス海軍の新戦艦「ダンケルク」が起工。イタリア海軍はその性能に脅威を感じる。
1933年10月、ティレニア海造船所ジェノヴァ工場に移され、原型をとどめない程の大改装を受け、高速戦艦に生まれ変わった。新造した方が安く済んだともいわれる。
1937年10月1日再就役。

1940年6月10日、イタリアが第二次世界大戦に参戦。
7月9日、カラブリア沖海戦に参加。イギリス海軍の戦艦「ウォースパイト」の主砲弾が距離24,000mから命中(移動目標に対する最長の命中記録の一つ)。
11月11日、イギリス海軍のタラント空襲では無傷だった。
11月27日、スパルティヴェント岬沖海戦に参加。
1941年1月8日、ナポリ港をRAFウェリントン爆撃機が夜間空襲。爆弾3発が命中し中破。戦艦「ヴィットリオ・ヴェネト」に護衛され、ラ・スペティア港に避難。
1942年12月、ポーラ港で練習艦兼宿泊艦となる。

1943年9月8日、イタリアが連合国軍に降伏。タラント軍港へ回航される。
9月9日、タラント港を空襲したドイツ空軍機を5機撃墜。連合国軍に投降するためマルタ島へ向かう。
9月12日、マルタ島に到着。翌年6月17日まで抑留された後、イタリア海軍に復帰。

1949年2月6日、賠償艦としてソ連海軍へ引き渡され、「ノヴォロシースク」と改名。
1955年10月29日、セヴァストポリ港停泊中に触雷し、ダメージ・コントロールに失敗して沈没。事件は様々な憶測を呼んだが、大戦中にドイツ軍が敷設した沈底機雷の可能性が高い。

1957年に浮揚、解体された。

外部リンク

Wikipedia:ジュリオ・チェザーレ (戦艦)

関連タグ

イタリア海軍 弩級戦艦 第一次世界大戦 第二次世界大戦 タラント空襲
コンテ・ディ・カブール級戦艦 戦艦コンテ・ディ・カブール 戦艦レオナルド・ダ・ヴィンチ

コメント