ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

薔薇族』1983年夏増刊号に掲載された漫画。ヤマジュン漫画では初期の部類だが、ヤマジュン作品の中でも有数の怪作。
妄想現実の錯綜する、狂気を感じさせる一本である。

登場人物

  • 神谷

恐らく主人公と思われる、新任の教育実習生。石井先生と森下との関係を持つのだが…?

  • 石井先生
立派なひげを持つ体育教師。妻子持ちでノンケの模様。体育倉庫で神谷から打ち明けられたのは…。
  • 森下
中学生。巻き尺を仕舞う為に向かった体育倉庫で石井との行為に及んでいた神谷の光景を見てしまい、神谷に屋上に呼び出されるが…。

名言集

「オレ ホモなんです」
「6時間目の間中、君のケツに入れたくて勃ちっぱなしだったんだぜ」
「君!待ちたまえそんなかっこうで」
「邪魔しないでください! 石井先生と森下君がオレとのセックスを待っているんだから!」
「どいてください、石井先生と森下君が待っているんです」
「二人が 待っているんです」

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品



関連項目

BL 山川純一 ホモ 中学校
















全ての真相

神谷は石井とも森下とも肉体関係には及んでいなかった。

そもそもこの二人はノンケ(非同性愛者)でどこにでもいるありふれた教師と生徒に過ぎず、全ては神谷の中で起きた狂気と妄想が交錯した世界の出来事だったのである。

森下が体育倉庫で実際に目の当たりにしたものとは「神谷が妄想による自慰行為をしていた光景」。屋上での出来事も、実際は神谷が森下を自分と同じと勝手に思い込んだ挙句に非同性愛である森下の拒絶に激昂して首を絞めて失神させるという暴挙。
つまり森下が失神から目覚めた時に語られたのが全ての真相だったのである。

この物語では狂気と殺人未遂の恐怖に遭った森下が唯一かつ最大の被害者となってしまった。トラウマになってもおかしくはないだろう。

この話を聞いた石井と保健教諭は
「(実習生とはいえ)教育者という責任ある立場である以上、自分を抑えて”健全な”若者(≒ノンケ)を演じ、その結果抱え続けたジレンマが爆発したのだろう」
……という旨の推測を行ったが、そこへさらなる校内を騒がす事態が発生する。

石井が保健室から出た直後、教師や生徒の衆人環視の中で全裸で狂乱する神谷は妄想の世界の石井と森下を求めており、止めに入ったのが石井本人が目の前にいるにも拘わらず、「石井と森下の所へ行くのを阻止する邪魔者」としか見えていない。
 
……そう、彼の精神はすでに崩壊していた。将来に期待した者が壊れた姿ですれ違っていく様を、石井は哀しみの目で見送るのであった……。

関連記事

親記事

山川純一 やまかわじゅんいち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「教育実習生絶頂す」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12039

コメント