ピクシブ百科事典

敵(グラブル)

てき

「グランブルーファンタジー」に登場する敵対勢力の一つ
目次[非表示]

概要

「組織」と敵対する集団。星晶獣を作り出した星の民を崇拝しているとされている。
空の世界に争いの火種を撒き散らすことを主な活動としている。
イベント「氷晶宮でミックスパイを」では亜人・ゲルラに特殊な銃弾を撃ち込み、彼を強制的に獣化させ、暴走させることで人間とクリスタリア、スヴァルの三つ巴の種族間戦争を起こそうとした。
パープル・スケール」ではバルディールを唆して始原の大水晶を悪用させ、エゼクレインサリエリアの故郷を滅ぼした上に、彼を使って大水晶を暴走させ、シャローム島の魔物達や星晶獣の凶暴化を促した。
Right_Behind_You」では噂を流すことである街に内戦を起こし、壊滅状態に追い込んでいる。また、「組織」を9つもの派閥に分け、内輪もめを引き起こしたのも彼らが送り込んだ間者の仕業とされている。
その目的の一切は不明、規模も定かではないとされていたが――――。

関連タグ

グランブルーファンタジー 組織(グラブル)

















イベント「Right Behind You」のネタバレを含みます



















その正体

空の民とも星の民とも違う、新たな勢力である月に住まう者達
その名の通り本拠地は月にある。
ルーツは空の世界の創世神話よりも更に遡る2万年前にあり、現在の空の世界とは全く異なる文明を持っていたとされている。イベントに登場した遺跡の壁画から考察するに、彼らは本来は地上の住人であり、なんらかの理由で月へと移住したと思われる。
星の民をも上回る高度な技術力を持っており、「組織」が使う武器はこの時代の技術で作られた遺物だった。

謎の言語を話し、虫のような小型のロボットを派遣して空の世界を観察・監視し続けている。
覇空戦争も観察の対象となっており、その際に技術力で劣る空の民が星の民を撃退した際に見せた「結束の力」を危険視している。
各地で争いの火種を撒いているのは、彼らの最終目標である閉ざされた母なる大地へと帰還するべく空の民に戦いを仕掛ける際、この「結束の力」を発揮させないためである。

余談

ロボミでは、王道ファンタジー作品にしては明らかに高すぎる技術で作られたアイテムや施設が多数登場したが、ケンジが自身を電子化してロボミの覚醒を待った時間は約7万年。月に住まう者達が地上に残した遺跡の年代よりも更に前の時系列となり、ファンタジーに似つかわしくないSFな技術にも何ら不思議はなくなる。だが5万年の間に何があったのか、現在は不明。

コメント