ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

早すぎた埋葬(はやすぎたまいそう)は、『遊戯王』シリーズに登場する魔法カードである。

効果テキスト

装備魔法(禁止カード)
(1):800LPを払い、自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードが破壊された時にそのモンスターは破壊される。

解説

ライフポイントと引き替えにモンスターを蘇生する効果を持つ装備魔法。
同様に墓地からの蘇生効果を持ち、このカードより先に登場している死者蘇生と比較すると、

  • 800のライフポイントを支払う(コストの必要性)。
  • 自分の墓地からしかモンスターを選択できない(選択の自由度が低い)。
  • 表側攻撃表示でしか召喚できない(表示形式の限定)。
  • 装備したこのカードが破壊されると装備モンスターも破壊する(自壊デメリット)。
このように、一見デメリットだらけで死者蘇生の下位互換カードのように見えるカードである。

ノーコスト・相手の墓地からもカードを引っ張ってこられる死者蘇生がある手前、
あまり価値がなかった…かというとそうでもなく、死者蘇生はその強力な効果から
速攻で準制限→制限カードへと指定されていったのに対し、こちらは2年ほど無制限で
使える状態だった為に死者蘇生の代用カードとして、また「生還の宝札」による
ドローブースト要員などとして使い倒されていた。加えて、装備魔法であるという点にも
大きなメリットがあり、ハリケーン等の効果で戻すと
復活したモンスターは完全蘇生+800LP払えば再び別のモンスターを蘇生させられるという
死者蘇生には無い大きなメリットがあった。リビングデッドの呼び声も同様に
このカードと一長一短の関係であり、共に必須カードになっていた。

その後制限カードに指定されるが、アームズ・ホールでのサーチ・再利用が可能となり(早すぎた埋葬1枚を最大4回使用可能)、
氷結界の龍ブリューナクの効果でも手札に戻せる裁定だった為、
鬼のように使い回す戦法が流行し、それ以上の悪用を防ぐ為に2008年9月1日に禁止カード指定となった
(ブリューナクのテキストも後にエラッタされている)。
なお、その後も「装備魔法カードを手札に戻せる」効果は多数登場している絡み等からか
緩和はされておらず、10年以上が経過した現在でも禁止カード指定されたまま。
おそらく復帰する事もないと思われる。

完全蘇生法

  1. 手札に戻す・コストにするなど破壊以外の方法でフィールドからこのカードを取り除く。
  2. 破壊せずに無効化する。
  3. 装備モンスターを裏側守備表示にする。裏側守備表示のモンスターにはカードを装備できないため、このカードを破壊する。
  4. 装備モンスターを一時的に除外。対象が不在となったこのカードを破壊する。


名称の由来

エドガー・アラン・ポーの小説にこのカードの名称と同じタイトルの物がある。
実際には死亡していない人間が死亡したと誤認されて埋葬されるという内容であり、現実にも検死技術がまだ発達していなかった時代には埋葬された人物が実際には死亡していなかった事があったとされている。
一説にはそうした人間が棺の中でもがいた形跡があったり棺から這い出したりしたことが後にゾンビ等の伝承に繋がったとも言われており、このカードの効果もそうした背景がモチーフになっていると思われる。

余談

遊戯王OCGでは墓地に関連する効果は「埋葬」「墓」等のワードが登場する事が多く、
同パックに収録されていたカードにも「浅すぎた墓穴」というカードがあったり、
逆に自身のカードを墓地に落とす「おろかな埋葬」というカードがあったりする。

これをパロディする形で、「やりすぎた埋葬」「深すぎた墓穴」「のどかな埋葬」等の
お墓ネタシリーズ、「早すぎた帰還」「早すぎた復活」等の早すぎた〇〇シリーズ、
「遅すぎたオーク」「巻きすぎた発条」等の〇〇すぎたシリーズ等多数のカードが存在している。

関連タグ

遊戯王 魔法カード 死者蘇生 リビングデッドの呼び声
禁止カード

ジャッジメント(グラブル):類似の復活効果を持つアーカルムシリーズ召喚石。こちらの場合は風属性限定、復活対象指定不可、復活しても3ターン後に戦闘不能の違いもある。

関連記事

親記事

装備魔法 そうびまほう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「早すぎた埋葬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 720416

コメント