ピクシブ百科事典

明石咲耶

あかしさや

「アイカツスターズ!」の登場人物(メイン画像左)。
目次[非表示]

プロフィール

名前明石咲耶
学年/専攻中学2年/風の舞組(幹部生)
タイプセクシー
CV澤田美晴


人物

アニメ「アイカツスターズ!」の登場人物。
四ツ星学園の2年生で、風の舞組の幹部生。
舞組トップのS4二階堂ゆずからは「サーヤ」と呼ばれている。ゆずとは同期であるが、ゆずのことを「様」付けで呼んだり敬語を使ったりとゆずに敬意を抱いているようである。
初登場は1話で、ゆずの後ろを歩いている姿が映された。5話と18話でも本編中に容姿が登場しているが、本名とキャストが明らかになったのは19話になってからである(詳細は後述)。

S4決定戦では総合4位という結果になる。

50話での描写から、幹部を続投する可能性は高いと見られていたが、その後の51話で1話と同じくゆずの後ろを歩いている姿が描かれ、3年次でも幹部を続投していることが判明した。

本編における登場シーン

『アイカツスターズ!』本編における明石咲耶の登場シーンについて述べる(セリフは原則TV放送時の字幕より引用)。

  • 1話「ゆめのはじまり」
Aパートでゆずの後ろを歩く姿が描かれていて、これが咲耶の初登場シーンとなる。その後「いってらっしゃいませ」と言ってS4を見送っている。

  • 5話「マイ ドレスメイク!」
Bパートにおいて、桂ミキと共にゆずを探していた。ゆずを見つけた後、ミキがゆずの左腕を、咲耶がゆずの右腕をそれぞれ掴み取り、ゆずをドレスのフィッティングに向かわせた。その後はゆずのフィッティングに立ち会っている。

  • 18話「ゆりちゃんと一緒」
Aパートでゆめが幹部になった自身の姿を想像した際に、咲耶の姿が映されている。また、同じくAパートの有莉の回想の中で、前年に行われたフレッシュアイドル大投票会にて咲耶が2位にランクインしていることが確認できる。
尚この回では咲耶の容姿と名前とは別々に出ており、「明石咲耶が舞組幹部」であることが判明したわけではない。

  • 19話「真夏のトップダンサー☆」
Aパートで、5話のようにミキと共にゆずを探していた。ゆめ達に「舞組幹部2年の明石咲耶です」と自己紹介している。ここで初めて、「咲耶が舞組幹部」であることが判明したことになる。その後、5話のようにゆずの腕を掴み取ってゆずを連れ戻している(5話とは逆にゆずの左腕を取っている)。ゆずを連れ戻したあと、ダンス大会の優勝者がロサンゼルスへのダンス留学の権利を得ることを説明している。舞組全員が予選に出場したが、通過したのはゆずだけであると話した。ゆずが姿を消した後で、ゆずが好奇心旺盛で何か楽しいものを見つけたら夢中になってしまい、集合時間を忘れることは十分にありうると説明した。ゆずをダンス大会の決勝に出場させるため舞組の生徒たちがゆずの捕獲作戦に出た際に、アイカツモバイルで舞組の生徒にゆずの居る方向の指示を出している。ミキがチョウチョを追いかけているゆずを双眼鏡で発見したときに、ミキの指示を受けてバズーカ(網を放出するようになっている)を構えてゆずに向けて発射したが、ゆずはてんとう虫を見つけて難なく回避してしまい失敗に終わった。
Bパートでもゆずの捜索を続けていたが、見つけられないでいた。その後、ダチョウに乗って駆けつけてきたゆずに驚いていた。ゆずの出番が迫っていることもあり、戻ってきたゆずに準備を促した。ゆずに「ミッキー サーヤ ありがとう大好き!」と言われた際に頬を赤らめているように見える。ゆずがスタンバイしてからは他の舞組生徒たちとゆずのステージを見ていた。ゆずの優勝が決まった後で、ゆずの提案に乗って咲耶も踊っている。
EDでキャストが明らかになった。

  • 26話「奪えない夢」
Bパートでリリィの復活ステージのサポートの打ち合わせをする場にいる。1つのテーブルに椅子が6脚並べられており、芦田有莉坂本ありさの隣の2席が空いているにも関わらず、どういうわけか隣の別のテーブルに風間かおると向かい合う形で座っている(因みに、有莉のいるテーブルにはミキと美組の幹部もいて、6人で1つのテーブルの席を丁度埋められるようにはなっていた)。その後のリリィの回想でもこの場面が1カットだけ映されている。

  • 28話「ハロウィン★マジック」
Aパートでハロウィンイベントのお菓子を配る役を務めている。ドレスメイクルームにおいて、有莉、ミキ、ありさとともに「謎の美少女軍団カンブーズ」として天使に扮しており、「シャキン シャキン シャキーン!」とポーズを決めるなど、ノリノリである。その後、たい焼きの衣装に扮し回転しつつ階段を駆け上ってきた桜庭ローラにぶつかって転んでいた。

  • 37話「トキメキ!クリスマス」
OP前で、カフェテリアにて幹部主催のクリスマスパーティーの開催を有莉、ミキ、リリィと共に発表した。咲耶は四ツ星学園の生徒なら誰でも参加オッケーであることを説明している。
Bパートで、他の幹部生たちと共に雪山に登ってツリーにする木を切りに来ている。咲耶が斧を振るう描写はない。また、チェーンソーを構えたリリィに驚いている。その後のシーンで、テーブルクロスを敷いてクリスマスパーティの準備をしている様子が描かれている。夜になって、皆に忘れられないように(箱に入って宅配便で)一時帰国したハルカ☆ルカに「忘れるわけないじゃない。」と言っている。

  • 38話「アイカツニューイヤー!」
Bパートでリリィが毛筆で「進」と書く際に、有莉、ありさ及び美組の幹部と共に巫女服を着ており、正座で待機している。

  • 41話「燃えろ!星取りフェス!」
Aパートにて舞組の星取りフェスティバル作戦会議の場にいる。このとき画面に映っていたのはゆず、ミキ、咲耶、宮小路たまきの4人である(この後にハルカ☆ルカも登場している)。咲耶の着ていたジャージの色が紫色であることから、咲耶のタイプがセクシーであることが判明した。ゆずが腕を組んで唸っている様子を見て大丈夫かどうかをミキに訊いていた。
Bパートでは商店街エリアにおいて咲耶の姿が確認できる。予選を勝ち抜いた2組が発表される際には、舞組の生徒たちの中に咲耶の姿も見られる。

  • 42話「幼なじみのふたり」
Aパートで舞組の生徒が集められており、舞組のミュージッククリップでゆずとペア組むパートナーを決めようとしていた。ミキが舞組内でオーディションをしようと提案したところ、ゆずは「今ここで一緒に踊っていちばんノリノリだった子とペア決定!」と言い出して、咲耶は困惑している。幹部2人を除く舞組生徒がゆずについて来られない中で、ミキと共にゆずの相手をしようと出たが、結局2人もゆずのバイタリティには敵わなかった。その際に「咲耶先輩」と言われている。ゆずのペア決めに困っていたところでゆめ達に声をかけられる。事のあらましを話した後で、ミキの指示によりアイカツモバイルを手渡した。ミキはハルカ☆ルカに頼もうとしたが帰国できるのは一週間くらい先になりそうと言われたため断念せざるを得なかった。それを受けて咲耶は他の組から見つけるしかないと提案した。咲耶はゆずに全力でミュージッククリップの撮影に臨んでほしいと言っている。
Bパートではゆずのもとにミキと共に訪れており、ゆめ達がリリィに頼みにいったが丁重に断られたことをミキが報告し、「かくなる上はこの桂ミキ。たとえステージの上で倒れようと体力の限界までおつきあいいたします!」と言ったのに続き、咲耶は「そして桂先輩が倒れたらその次はこの明石咲耶が・・・。」と覚悟を見せている。それを聞いたゆずが大事な2人に倒れられたら困ると言ったのに対して目を輝かせていたが、その真意が「好き放題できなくなる」からだと聞いて肩を落としている。そしてミュージッククリップの撮影に際し、ハチマキを捲いて力不足ではあるが自分たちがパートナーを務めると名乗り出ている。その後リリィがゆずのパートナーを務めに現れた際には、「おそらくはゆず様もそれをお望みのはず・・・。」とリリィを歓迎している。撮影を終えた後、自分たちがゆずの後を追いかけすぎていたのかもしれないことと、それに気づいていながらも舞組のプライドに縛られすぎたことを反省していた。一方でそのおかげでめったに見られないものを見ることができたと言うミキに同意していた。そして、ミキと咲耶は舞組を代表してリリィにお礼を言った。

  • 46話「炎のS4決定戦!」
OP前においてメインキャラが一堂に会する静止画に咲耶の姿も見られる。学園長のナレーションでS4決定戦の説明がなされる中で、舞台袖からゆずのパフォーマンスをミキ、ハルカ☆ルカと共に見守っている。
Aパートで、ゆずの結果が発表される際に咲耶も壇上に立っている。前述の通り咲耶は総合4位となった。

  • 49話「一番星になれ!」
BパートでS4決定戦の後、ミキ達とランニングに取り組む様子が描かれている。

  • 50話「最強のLIVE☆」
OP前では46話のメインキャラが集う静止画と、舞台袖の咲耶の姿が映されている。
AパートのS4任命式でゆずが思いを述べる際に、回想で上記19話のシーンが映された。その後席にいる咲耶の姿が映った。
Bパートのサンキューパーティーでは、ゆずが心配で卒業する気になれないと言ったミキに対して、後のことは自分に任せるよう言っている。その後姿を消したゆずを探しに、バズーカを抱えてミキ、ハルカ☆ルカと共に駆け出した。
EDに差し掛かったところで、咲耶が有莉、リリィ、ミキたちといる姿が映された。

  • 51話「パーフェクトアイドル エルザ」
OP前においてS4を続投したのゆずの後ろを歩いている。このシーンの構図は1話AパートにあったS4見送りのシーンと同じであり、咲耶は一年前にも同じ場所を歩いていた。
52話以降、OP前において「これまでの『アイカツスターズ!』」としてあらすじが述べられ、その際に51話のこのシーンが映されることがあり、その度に咲耶が映ることになる。

  • 52話「狙われたアイドル!?」
Aパートで四ツ星学園生徒会緊急会議に出ている。ゆずの「売られたケンカはもちろん買うぞ!」という言葉に共感しているようである。

  • 57話「キラキラ☆お散歩びより」
Bパートで、ローラからステージの準備のために連絡を受けて、有莉、リリィと共に駆けつけた。咲耶は椅子の設置などの準備をしている。

  • 79話「ハロウィン サプライズ☆」
Aパートで、ハロウィンイベントの開始に先立ちヴィーナスアークの生徒たちと向き合う四ツ星学園の生徒たちの中に咲耶の姿も見られる。1年前のハロウィン回(28話)と同じく天使の衣装に扮し、「幹部ーズ」として登場している。このときのメンバーは咲耶の他に桜庭ローラ、白銀リリィ、坂本ありさ、芦田有莉となっている。ローラが「準備はいいですね!」と言ったことに対して「えぇ大丈夫。」と応じている。有莉が運んできたグミの詰め合わせを見て、「歌グミ劇グミ美グミ、舞グミですか」と言っている。有莉の「私たち幹部ーズの力で思いっきりビビらせちゃいましょ」という言葉に腕を上げて応じている。その後、エルザサイズ用のバーチャルマシーンによる爆発に遭い、咲耶達は転倒してしまった。
またBパートの親睦会では、ありさと共にエルザに対面して話をしている様子が映されている。

  • 81話「ステキなSを探して」
Aパートで、ライブハウスに来ていたゆずの実況をしていて、ゆずの見つけたSのカードは「ソロライブ」であったことを紹介した。小春から「実況の咲耶さん」と呼ばれていた。
Bパートでは、真昼がSを見つけた場に来ており、ありさ及び真昼の実況をしていた有莉と共に彼女を見守っている。番組の最後では出演者(S4と幹部生の一部)が集う中に咲耶の姿も見られ、咲耶は右手を振っていた。

  • 83話「リリィと王子様」
Aパートで学園祭の模擬店の最終確認の打ち合わせに咲耶も出ている。咲耶はかおると小春の隣に座っている。また、四ツ星学園版『ロミオとジュリエット』の打ち合わせにもジャージ姿の咲耶の姿が見られる。咲耶の担当については述べられていないが、その後のシーンではバルコニーのシーンの確認の際に台本を持って早乙女あこの左隣(画面から見て右)に立っている姿が映されている。

関連タグ

二階堂ゆず 桂ミキ ハルカ☆ルカ アイカツスターズ!

pixivに投稿された作品 pixivで「明石咲耶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8284

コメント