ピクシブ百科事典

春一

はるいち

『鬼灯の冷徹』に登場する八寒地獄の獄卒。
目次[非表示]

概要

鬼灯の冷徹』の登場キャラクター。
初登場は第56話(単行本七巻)。

八大地獄と対を成す八寒地獄の中でも最も過酷な地獄、摩訶鉢特摩の獄卒である雪。摩訶鉢特摩及び八寒地獄全体で見ても飛び抜けて頑丈らしく、それを理由に八大地獄への偵察に送り出されたり、臛臛婆地獄の長からは「あいつの馬鹿力で暴れられると敵わん」と言われている。
のんびりとした性格で、「~だよう」という特徴的な喋り方をする。また、人の名前を覚えてない事もしばしばで、よく一緒にいるシロクマ(本名ポラリス)のことも基本クマとしか呼ばない。ただし本人の中では確固たる理屈が確立されており、これと思うと理屈では止められない。
八寒地獄で開催されている各部署対抗の雪合戦では、4月に入ったばかりの新卒に容赦なく雪玉をなげつけ(洗礼)、若い芽を摘むことにおいて彼の右にでる者がいないことから「摩訶鉢特摩のブリザード」という本名と矛盾した二ツ名を持っている。

ちなみに、髪に埋もれて見えていないがしっかり角も二本ある(寒い地方の動物ほど身体の出っ張り部分が小さくなる法則 と説明されるので恐らく「アレンの法則」)。
白い髪の持ち主で、左目元には六花の模様がある(*←これ。横棒は無い)。

極寒の地で凍った湖に穴をあけて入っていたり(本人曰く朝シャン)、極寒の地で大した防寒もせずに朝からアイスを食べていたりと、寒さにはかなり強い様子。
(鬼灯曰く「ツンドラ在住の方が超進化したらああなりそう」)
逆に八大地獄を訪れた際は、20度の気温に耐えられず、パンツ一丁になっていた(しかもその後パンツまで脱ごうとしていた)。事あるごとに脱ぎたがり、一度摩訶鉢特摩の長から「あなたは何故そう裸になるのです」と直球で聞かれた所、「雪ん中だと服が雪で濡れて泥もつくので裸のほうが快適」と答えた。

このように、10人中9人が「ちょっとここまでとは思わなかった」とのたまうレベルの自由人である。
(摩訶鉢特摩の長談)

好きな女性のタイプはブス。磨けば光る系ではなくガチのブス。焦熱地獄で働いている天探女に興味がある。ただし別に美人が嫌いというわけではないとのこと。
毎日の仕事のノルマは達成しているタイプ。
アニメ版の声優は山口勝平

関連イラスト

摩訶鉢特摩のブリザード
はるいちくん


はるいち
鬼灯様vs春一



関連タグ

鬼灯の冷徹

pixivに投稿された作品 pixivで「春一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 644091

コメント