ピクシブ百科事典

時津潤哉

ときつじゅんや

時津潤哉は『名探偵コナン』の登場人物である。
目次[非表示]

CV: 三木眞一郎

「わかっちゃったんだなー、この密室トリック……
何なら実践してみようかい?」

概要

探偵甲子園に北の代表として招待された高校生探偵。18歳。

「了解しますた」「(夕食を)キボンヌ」など、現在では古臭いネット用語を使うオタク気質。一人称は「小生」。
越水七槻ほどではないが、一部で熱狂的なファンを獲得した。

特徴

自己顕示欲や英雄願望が強い目立ちたがり屋という点ではコナン(新一)や平次と同様だが、白馬以上の自信家で、熱血漢の平次を「無能」「探偵失格」と罵るなど、傲慢で嫌味な印象が強い。

また、真相究明よりも自分の名誉や体面などを優先し、自身のミスで非の無い人間が被害を受けても責任を取ろうとしない(コナンも『歩美ちゃん誘拐事件』で同様の行いをしようとして被害者の相棒を更に怒らせている)という、探偵としては難のある性格。

来歴

かつて四国を旅行中、住んでいたお嬢様が自殺した通称「ラベンダー屋敷」を訪れ、別の人間が仕掛けた細工から殺人であると早合点。自分の推理力を誇示するかのようにそれを警察やマスコミに吹き込み、間違いに気づくとあろうことか自分の名前を伏せるよう根回しした。
結果、事件当時お嬢様と2人きりだったという理由で無実のメイドが疑われ、警察の厳しい尋問に耐え切れず自殺してしまう。そのことで恨みを買い、殺害されることに。
コナン』では珍しい、殺人事件の未成年の被害者となった。

尚、殺される直前まで何の反省の色もなく当時の間違った推理を自慢げに話したため、犯人に「取るに足らない男」と評された。自身が捜査した事件で犯人が死亡・逃亡するケースが多かったため、ラベンダー屋敷の事件もその一つとして全く気に留めていなかった模様。

ある意味、コナン(新一)・平次・白馬のマイナス面を凝縮した存在と言える。

関連項目

名探偵コナン 江戸川コナン 服部平次 白馬探 越水七槻 探偵甲子園

pixivに投稿された作品 pixivで「時津潤哉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2230

コメント