ピクシブ百科事典

暗黒館の殺人

あんこくかんのさつじん

暗黒館の殺人とは、綾辻行人作のミステリー小説である。
目次[非表示]

概要

『館』シリーズ第7作品目に当たる。
ノベルスでは作者初の上下巻刊行、後の文庫化では10,11月と挟んで四部構成で発行されている。

あらすじ

主人公の私──中也は某大学建築学部に籍を置く普通の学生だったが、ある事故が元で記憶喪失になってしまった。
途方にくれていた私は、偶然その事故に居合わせた『友人』を名乗る男──浦登玄児の元へ居候する事になる。
そしてある日。帰省する玄児に連れられて彼の実家である浦登邸──通称『暗黒館』を訪れるのだが・・・

主な登場人物

中也(ちゅうや)
主人公。一人称は「私」。ある事故に巻き込まれ記憶喪失になる。名前は「サァカス」で有名な詩人「中原中也」から玄児が名づけた。
その為彼にあやかって黒のソフト帽とフランネルのマントを付けている。

浦登玄児(うらど げんじ)
事故に居合わせた中也の『友人』で、浦登家現当主・浦登柳士郎の息子。記憶を失った彼を自宅に居候させる。実家に中也を招くのだが・・・

浦登美魚(うらど みお)
浦登柳士郎の娘で玄児の異母妹。美鳥とは双子。中也に懐く

浦登美鳥(うらど みどり)
浦登柳士郎の娘で玄児の異母妹。美魚とは双子。中也に懐く

関連タグ

ミステリー 綾辻行人

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒館の殺人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178466

コメント