ピクシブ百科事典

十角館の殺人

じゅっかくかんのさつじん

十角館の殺人とは、綾辻行人作のミステリー小説である。
目次[非表示]

概要

綾辻行人氏のデビュー作にして代表作、『館』シリーズの第一作品にも当たる。
日本のミステリー界に大きな影響を与え、新本格ブームを巻き起こしたとされる。
この小説の登場を期に、本格ミステリ界では「綾辻以降」という言葉が使われるようになった。

1987年に初版が講談社ノベルスから出版し、1992年に文庫化。その後2007年に全面的な加筆修正を行った《新装改訂版》として再発行。
2008年には『YA!ENTERTAINMENT』からヤングアダルト向けとして発行された。(此方の図丁は作者の妻である作家の小野不由美)

あらすじ

1986年3月26日。大分県K××大学・推理小説研究会の一行は角島(つのじま)と呼ばれる無人の孤島を訪れた。彼らの目当ては半年前に凄惨な四重殺人事件が発生した通称『青屋敷跡』と、島に唯一残る『十角館』と呼ばれる建物である。彼らはそんな島で1週間過ごそうというのだ。

一方その頃、本土では研究会のメンバーに宛てて、かつて会員であった中村千織の事故死について告発する怪文書が送りつけられていた。怪文書を受け取った一人である江南孝明は、中村千織の唯一の肉親である中村紅次郎を訪ねるが・・・

登場人物紹介

『館』シリーズ共通

島田潔(しまだ きよし)
寺の三男で中村紅次郎の友人。本職は小説家。次兄は大分県警警部。浅黒い肌と鷲鼻、長身痩躯が特徴。
ヘビースモーカーだったが、以前肺病を患ったため現在は1日1本の節煙中。
江南孝明(かわみなみ たかあき)
研究会の元会員。名前の読みは「かわみなみ」だが、島田は「こなん」と呼んでいる。

十角館にやって来た人々

推理小説研究会の仲間。主要メンバーはそれぞれ、有名作家にちなんだニックネームで呼ばれている。

ポウ
医学部四回生。口髭をたくわえた大柄な男。オルツィとは幼馴染。
カー
法学部三回生。三白眼と青髭の目立つしゃくれ気味の顎が特徴の捻くれ者。なにかにつけて他の
メンバーに噛み付くことが多い。
エラリイ
法学部三回生。背が高く色白で、マジックを趣味とする博識な男。本作で探偵役をかって出るが・・・
ヴァン
理学部三回生。痩せ気味の青年。とあるつてで角島での合宿を可能にする。
アガサ
薬学部三回生。長い髪をソフトソバージュにした「女王」の貫禄のある美女。
オルツィ
文学部二回生。頬のそばかすが目立つショートヘアの小柄な女性。ポウとは幼馴染。引っ込み思案な性格だが古文などの知識には長けている。
ルルウ
文学部二回生。今期の会誌の編集長。円眼鏡をかけた童顔の小男。

十角館関係者

中村青司(なかむら せいじ)
建築家。十角館、並びに青屋敷の設計者。半年前の事件で死亡している。
吉川誠一(よしかわ せいいち)
行方不明の庭師。
中村千織(なかむら ちおり)
中村青司の娘。1年前に起きた『ある事故』で急死している。
中村紅次郎(なかむら こうじろう)
高校教師。中村青司の弟。ひょんなことから島田と知り合い、以来懇意にしている。

関連タグ

ミステリー 綾辻行人

pixivに投稿された作品 pixivで「十角館の殺人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42313

コメント