ピクシブ百科事典

暴走アルクェイド

ぼうそうあるくぇいど

渡辺製作所(現・フランスパン)の対戦型格闘ゲーム『MELTY BLOOD』シリーズの登場キャラクター。 ヒロインであるアルクェイド・ブリュンスタッドの吸血衝動が【タタリ】によって人格と肉体を得た存在。 人格は元の人物とは正反対に残虐な殺人快楽主義者。 ファンからは「ワルクェイド」、「ワルク」の愛称で呼ばれている。 Pixivの検索でも愛称の「ワルク」が多くヒットする。
目次[非表示]

パーソナルデータ

 身長 167cm
 体重 52kg
 スリーサイズ B88/W55/H85(Fカップ相当)
 種族/クラス 吸血鬼(真祖)/堕ちた真祖(魔王)
 主武装 空想具現化、吸血衝動
 CV 柚木涼香

概要

 遠野志貴が出会いたくないもの、又はアルクェイドの吸血衝動そのものがタタリによって具現化したもの。
冷静な場合はアルクェイドそのものだが、ひとたび精神が高揚し始めると
眼は鬼灯のように充血し、鮫の様な歯並びを覗かせ凶悪な笑みを浮かべる。
アルクェイドが血に狂って理性を失った(とされる?)姿で猟奇的且つ粗暴な言動が特徴である。

 『メルティブラッド』においてはオリジナルであるアルクェイド・ブリュンスタッドと
完全に別人格として一人立ちし、自らの元となった真祖を
「自分が例え100人いて束になってかかっても、アルクェイドには勝てない」と言うなど、
所詮は彼女の欠片に過ぎない自分に対するコンプレックスのような感情を覗かせることもある。

 タタリに限界があったためか、本来の「暴走アルクェイド」の40%程度の出力しか出せないらしい。また、タタリのキャパシティを超えていたせいか、最期には突然転ぶ攻撃をハデに外すなど奇怪な行動が増え、自ら召喚した鎖に囚われることもあった。

 ちなみに、身長や体重、スリーサイズ中の人などもアルクェイドとまったく同じである。
ゲーム内の英語表記は「Red Arcueid」。

暴走

 『月姫』本編および『メルティブラッド』で、
アルクェイド本人はこの姿では登場しないものの、過去の逸話として、
ミハイル・ロア・バルダムヨォンの奸計にはまって一度だけ血を吸ったことがあり、
その際に暴走して周囲にいた同胞たるほかの真祖たちを惨殺している。
なお、真祖にとって血は麻薬に近いような物質であり、吸いすぎると精神が破綻し、
魔王と呼ばれる悪性存在へと堕落してしまうらしい。
吸血衝動の抑制をやめ、100%力を開放した「魔王」アルクェイドの能力は、
吸血衝動を抑制している通常アルクェイドの3倍以上に跳ね上がる。

メルティブラッドでの性能

 第一作では、アルクェイドの模倣キャラでしかなかったが、Re・Act以降、アルクェイドの性能が大きく変更されたことで、無事差別化が図られることとなった。

 「イカリング」「イカ」の通称で呼ばれる「アルトシューレ」を軸とした中距離での立ち回りを得意とする。
 通常攻撃には比較的スタンダードなものが揃っており、他のクセの強いキャラと比較した場合初心者にも動かし易いキャラである。
中段攻撃であるBE5Bが見え易く、崩しらしい崩しが投げくらいしか無いので近距離で攻め込むのはやや不得手。
 以下に簡単な技解説を述べる。コマンドは右向き時のもの。
※(C=クレセントムーン H=ハーフムーン F=フルムーン)

特殊技

●BE5B(CHF)
 少し溜めることで2HIT技となり、最大溜めで中段になる。
中段部の発生フレームは27Fと標準的だが、光るエフェクトやワルク自身のモーションの大きさ等から不慣れな相手でなければガードされやすい。

●BE5C(CHF)
 最大溜めでガード不能となる。ダメージは大きいが発生は遅い。

●6C(C)
 渾身の前蹴り。前方に進むので固めに使える。BE対応。

●3C(CHF)
 モーションは2Cと同様だが、各種キャンセルとビートエッジ不可。
一応スーパーアーマー付きだが、一番の使い途は空中カウンター後の拾いであろう。

●J2B(F)
 空中から急降下しつつ爪で攻撃する。ジャンプの軌道を変えることができる。

●J2C(CHF)
 「キャベツ」の通称で呼ばれる主にエリアルの〆に使われる技。
スーパーアーマー付きだが、これを意図して活用するのは難しい。
技中に8要素を入れっぱなしにすると、最後の一段が叩き付けではなく浮かせになる。

必殺技

●アルトネーゲル(C) 236+攻撃
 A版は目の前に壁を発生させる。
かつては相い撃ち上等のカウンターヒット狙いが非常に強く「ゆとりウォール」などと呼ばれたが、
現在では攻撃判定の厚みなどが抑えられている。
ネゲコンと呼ばれる高難度のゲージ回収コンボのパーツとなる。
 B版は発生に時間が掛かるものの、発生してしまえば発生保障がある。
 EX版は長い無敵時間があり割り込みに使えるものの、ガードされた時の隙は余裕でフルコンを食らう程度に大きい。

●アルトシューレ(CHF) 214+攻撃 空中可
 ワルクの代名詞とも言えるリング状の飛び道具。
攻撃判定が大きく、空中版をばら撒く立ち回りが非常に強力。
ただし地上版の隙はやや大きめであることと、空中版も着地時には隙が生まれるため下をくぐられないよう注意を要する(空中EX版ならば、着地時の隙は少なめである)。
 地上ではA版は1つ、B版は2つのリングを続け様に繰り出す。
 EX版は多段ヒットする大きなリングを2つ繰り出す。
EXネーゲルほどではないものの無敵時間があるので割り込みに使える他、Bシューレにヒット確認して繰り出しダメージアップを図れる。
 空中ではA版はジャンプの慣性をそのまま残しつつ、B版はその場に一瞬止まってからリングを繰り出す。
 EX版では弾速とダメージが上がり、技後の隙が軽減される。

●ヴァイス・カッツェ(CF) 623+A、B 空中可
 高速移動する技で、攻撃判定は無い。
移動中は完全無敵だが、技の出だしと終わり際にそれぞれ若干の隙があるため乱用は禁物。
B版はA版よりも長い距離を移動する。

●ヴァイス・カッツェ(後方)(CHF) 421+攻撃
 自分の後方へ高速移動する。前方版と性能はほぼ同じである。

●ブリッツ・カッツェ(H) 623+A、B
 素早く突進しつつ攻撃する。ヒット時は浮いた相手に追撃が可能。

●カルスト・イェーガー(CHF) 623+C
 ヴァイス・カッツェと同様のモーションで突撃し、ヒットした場合相手を掴み上げ放り投げる。
自分の後方へ投げ飛ばすため、壁が近ければ壁バウンド後に追撃が可能。
空中ガード不可で移動中は無敵であるため切り返しに重宝するが、出掛かりには隙があるためリバサの割り込み等に使うのは危険。

●フォル・モーント(CH) 22+攻撃 空中可※
 目からびーむ。ワルクの目の位置辺りから左右一直線、画面端まで攻撃判定が発生する。
遠距離での牽制に使えないことはないが、発生はさほど早くもなく技後の隙も大きいため、乱用禁物。
※ハーフムーンのみ地上版が使用可能、クレセントムーンでは空中版のみが使用できる。

●ハイスヴァッサー(F) 236+攻撃
 A版は縦方向に、B版は横方向に飛び道具判定の衝撃波を繰り出す。
A版の隙の少なさは特筆モノで、密着でガードされてもほぼ反撃を受けないので固めに使える。
A版からB版へ連携可能。
 EX版は空中ガード不可。

●バッケンローダー(H) 236+攻撃
 地を這う飛び道具を繰り出す。
A版は弾速が遅めだが硬直が短く、B版は非常に弾速が速い。
トキの闘勁呼法のように画面内に同時に何発でも出せる特徴がある。
 EX版はEXアルトネーゲルに似た無敵技となるが、こちらは密着状態でヒットさせると全段ヒットせずに反撃を受けてしまうことがある。

●フォーアツァイト・エヒトシューレ(C) 63214+C
 通称「デカリング」。ゲージを150%消費して巨大なリング状の飛び道具を繰り出す。
弾速が速い上に非常に攻撃判定が大きく、ヒット・ガード問わずワルク側が先に動ける非常に強力な技。
 固めの継続やコンボのパーツ、空中ガードさせて地上攻撃でガー不を仕掛けるなど様々な局面で活躍するが、弾速の速さ故に避けで簡単に回避されてしまうこと・技の隙事態は大きめなので空振りすると反撃を受けるなど弱点も在るので使いどころをしっかりと考える必要がある。

●レールツェッペリン(H) 63214+C
 カルスト・イェーガーに似たモーションで突進し、ヒットすると相手を画面端まで運んで叩き付ける。
どの位置でヒットさせても確実に画面端に追い詰めることができる。
ゲージ150%消費、空中ガード不可。

●ラージェ・メルダー(F) 63214+C
 突進しつつ相手を両手の爪で引き裂く。ガードされても隙はほぼ無い。

アークドライブ

●ブルート・ディ・シュヴェスタァ(CHF) 41236+C 
 手を掲げた後、画面全体にガード不能の攻撃判定を発生させる。
初期は技の出掛かりは完全に無防備な上非常に長い硬直があったためにまったく使い途がない技だったが、最新作のMBAA ver.1.07で大幅な強化が成されようやく使い物になるようになった。以下はその強化点である。
・発生時にワルクの掲げた手の辺りから上方一直線に攻撃判定が発生し、ヒット時は月も連続ヒットする。
・手の攻撃判定・通常のガード不能部分どちらの場合がヒットしても、吹き飛んだ相手に追撃が可能である。
 ただしワルクが攻撃を食らうと(投げ抜けも含む)技が中段されてしまうことと、ガード不能部分は避けやバクステで回避可能である点はそのままである。

ラストアーク

●グナーデン・シュトース(CHF) ブラッドヒート時に地上EXシールド成立
 相手を召喚した鎖で束縛し、無慈悲な一撃を浴びせる。
成立してしまえば必ず全段ヒットするので、各キャラのラストアークの中では比較的高性能である。

勝利台詞一覧

・それでおしまい? なら、アナタの命もこれでおしまい。
・悪くなかったわよアナタ。最期の一瞬だもの、せいぜい派手に散りなさい!
・それで、トドメは何がいい? 斬死? 轢死? 圧死? 爆死? 頓死?
 なんでもいいわよ、どうせ八つ裂きにするんだから。
・ズタズタよズタズタ! 軽く撫でただけで裂きイカになるなんて、アナタ何様だっていうの!
・一つしかない命を無駄に使えるその余裕―――ホントたまらないわ、まるで虫ケラよアナタ!
・内容はどうあれ最期の声は合格ね。気に入ったわ。また遊んであげるから、生まれ変わって出直しなさい。
・ああ、こんなんじゃ話にならない!
 もっとバラバラに、元も子もないぐらい壊してくれなきゃ死ぬコトもできないなんて!
・吸血鬼の力、思い知っていただけて?
 ……って、ざあんねん。もう目も耳もなくなっちゃってたわね、アナタ。
・あー、終わっちゃったかぁ。楽しい時間ほどすぐ終わるって言うけど……
 なにも二分程度で終わるコトはないんじゃない?(※対シエル)
・あはははははは! 今度はアナタの番よ志貴!
 わたしと同じように、バラバラになってから蘇ってみせてよね……!(※対遠野志貴)
・非常食の分際で飼い主に逆らうなんて。ふふ、ちょっとビックリしちゃった。
 食べ物に襲われるなんて、人間の作る映画みたいよね?
 (※対ネロ・カオス、ワラキアの夜、さつき、吸血鬼シオン、ロア)
・忌まわしい秩序の飼い犬……!
 第六法を待つまでもないわ、おまえたちはわたしの手で一人残らず消し去ってやる……!(※対青子)
・全然歯ごたえがないじゃない! もしかして遊んでる?
 もう、本気にならないと踏み潰してあげちゃうから…!(※対アルクェイド)
・あはははははは!やっぱり吸血鬼はこうでなくっちゃ!
 残念ねアルクェイド、千遍万遍繰り返そうと、貴女は惨劇のヒロインなのよ!(※対CPU都古)
・なによ今の、アレが私の本体だっていうの?笑い話だわ。
 あんな、人間に何の感情も持っていないのが、この私の元だなんて!(※対真祖アルクェイド)

(旧作のみの台詞)
・痛覚はまだ生きてる? 脊髄はまだ存命? 脳漿はこぼれてない?
 そう、いい子ね。息耐えるまでの空白を、絶望で走り抜けなさい。
・先に逝きなさい。いずれ、みんなソコに連れて行ってあげるから。
・切り離されただけで声もあげられないなんて、悲しい話ね。
 生き物を知りたくて触ったのに、苦しむ声さえ聞けなかったわ。
・あっけないなぁ。ほんと、生き物ってみんな可憐よね。もう少し頑丈なのはいないのかしら。
・気が付かなかったの?私と出会ったココが、とっくに地獄だったのよ。
・うっ、なんてこと……まだ私が残ってる……
 あぁ、もう!人間のことなんてどうでもいいじゃないアルクェイド!!
・あれ、もう終わりなのシエル? 残念ねぇ、殺しても死なないのがあなたの取り柄だったのに。
 つまらないから、もう死になさい。(※対シエル)
・貴方はクビよ、飲血鬼。道化を雇った覚えはないわ。さっさと私の城から立ち去りなさい。
(※対ワラキアの夜)

※アルクェイドと違い、何故か「私」ではなく平仮名の「わたし」という一人称を頻繁に用いる。

豆知識

暴走アルクェイドの技名はすべてドイツ語であり、以下の意味を持つ。
以下に例をあげる。
・ブルート・ディ・シュヴェスタァ=血の姉妹(?)
・グナーデン・シュトース=慈悲の終焉
よく、プルート・ディ・シュヴェスタァと書かれるが正式にはブルート・ディ・シュヴェスタァである。

関連タグ

ワルク メルブラ TYPE-MOON

pixivに投稿された作品 pixivで「暴走アルクェイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409359

コメント