ピクシブ百科事典

有明リョージ

ありあけりょーじ

フジテレビ系列のバラエティ番組『run for money 逃走中』の世界観に登場する人物。メイン画像では右下の男性。
目次[非表示]

演:津田寛治

概要

▼容姿に関してはこちらの作品の9ページをご覧いただきたい。

うらしま!


西暦2900年の月面にある巨大企業クロノス社にかつて所属していた幹部。現在はライバル企業のヘリオス社に幹部として所属。
竹取カレン月村の母と旧知の仲だったように、彼も月村の母と面識があった。

各種出番

月村が開催するゲーム逃走中のコマとして作られたアンドロイド「ハンター」の軍事転用案「ハンターX計画」に加わっていた人物。
ハンター開発中からすでに計画はあったようで、総裁の指示の元、計画を進めつつも邪魔な月村サトシを失脚しようと裏工作を繰り返す。計画に必要なハンター起動方法を探っていた所を月村から逆に調査の手が掛かり、警備員に包囲されるが、どのような形でやり遂げたかはわからないが巧く逃亡する。
その後、総裁が逮捕されクロノス社内のハンターX計画賛同派が一掃されてからは、ライバル企業のヘリオス社に移籍。総裁に協力していたことで一時は警察の手が掛かるものの、総裁が全ての罪を1人で被ったため、彼は証拠不十分で釈放されている。
自分たちハンターX計画の賛同者を全員警察の手から逃がしてくれた総裁には心底感謝しており、一刻も早く軍事態勢を整えないと他のコロニーからの侵略で滅ぼされてしまう懸念から、計画を引き継ぐ。
ヘリオス社移籍後に短期間で幹部の座におさまる辺りかなり有能な人物のようで、クロノス社への攻撃をしかける次の手を早速考案。クロノス社のゲームマスター養成所に朱月サクをスパイとして送り込み、月村の下で研修させ、内部情報を掌握しながら新たな計画を立てている。
総裁の持っていた力をまるでそのまま引き継ぐような勢力を持っているかのような存在になった彼だが、元々彼は別のコロニーの出身であり、かつてエネルギー資源を巡る戦争で敗れた際に多くのものを奪われたことが、力への執着を持った背景だった。また、同じく多くのものを戦争で失った朱月を拾い、共に過ごしてきたため、朱月からは心から慕われている。
そして、この計画の為に月村をヘリオス社に連れ去り、スパイとしてクロノス社に送り込んでいた朱月を使って「逃走中」のゲームデータをコピー。そのうえ、オリジナルの(クロノス社の)逃走中プログラムを消滅させることで、逃走中の開催をヘリオス社のみで行えるよう画策。ゲームで集めた資金を軍事に回すつもりのようである。
逃走中を自ら開催させる為にはハンター自体をコピーして生産できる必要があったので、ゲーム中に朱月を使ってヘリオス社に直接転送させる。その際、彼を慕っていた朱月を用済みとして登録を抹消・互いの持つ端末からデータを消去する。さらに月村を始末しようとするが、ハンターによって1度は攻撃を庇われる(2度目の攻撃で月村に致命傷を与えてはいる)。転送させたのは1号機であり、月村への皮肉を込めたつもりだったが、まさかの予期せぬ行動に戸惑う場面も。ならば修理してからコピーしようと宣言した直後、月村によってハンターの自爆機能を起動させられ、ハンターは月村と共に自爆、計画は大きく回り道を余儀なくされることになった。

関連タグ

逃走中 戦闘中(クロノス) ハンター(逃走中) クロノス社
月村サトシ 朱月サク 望月ミレイ 竹取カレン

pixivに投稿された作品 pixivで「有明リョージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6752

コメント