ピクシブ百科事典

朱月サク

あかつきさく

フジテレビ系列のバラエティ番組『run for money 逃走中』の世界観に登場する人物。
目次[非表示]

概要

逃走中のゲームを開催するゲームマスター・月村サトシの元に派遣された助手候補生。
西暦2900年の月面にある巨大企業クロノス社が所有するゲームマスター養成機関「クロノス・クリエイター・プラント」の中でトップクラスの腕前だったことから、高月ハンゾウの紹介で月村サトシの助手とさせるため派遣されてきた。名前「サク」の由来は「」である。
同じく候補生として青山シズカもいる。

だがその正体は、ライバル企業「ヘリオス社」のスパイ。有明リョージの差し金でゲームマスター養成機関に送り込まれ、まんまとクロノス社へ潜入に成功。月村の手腕を学ぶフリをしながら、ダミー映像などを使ってたくみに通信を使い分け、有明の手足となる形でヘリオス社のために活動を行う。使用している通信機は周波数を変えることでクロノス社↔ヘリオス社の切替ができるので、クロノス社の司令室すぐ近くでヘリオス社に通信しても滅多なことでは気づかれないようになっている。
なぜなら、彼は有明と共に元々は別のコロニー出身者であり、そのコロニーが少ないエネルギー資源を巡って起こった戦争に敗れ、その際に家族・友人・その他全てを失ったという、綺麗ごとの通用しない経験をしているからである。そうして全てを失った後、有明に拾われた。一時は月村の言う「エネルギー資源採掘を平和的手段で進める」考えに共感しかけたが、有明に諭される一幕もあった。
有明の計画のために月村を連れ去った後は、正体を隠す必要もないと判断した有明によって、もはや彼の正体を隠す必要もあまりないと考えられているようである。したがってクロノス社からのアクセスブロックも強固に施し、もはや用済みと言った風ではあるが、時を同じくしてクロノス社内部からも青山の手によって素性が暴露され、高月の知るところとなった。
その後、逃走中を乗っ取ろうとする有明の指示で、自らの命運をかけてハンター1号機をヘリオス社に転送するも、その時点で有明からは用済みと看做されており、作戦成功と同時にヘリオス社の所属情報を抹消され、捨てられた形。そして同時に、高月の放った警備隊に身柄を確保された。

余談

彼を演じる冨浦智嗣氏のTwitterには、朱月の性別がよくわからないという反響が寄せられているとか。劇中では青山シズカ曰く「大胆に見えるが実は臆病で慎重」とのこと。

関連

逃走中 月村サトシ 高月ハンゾウ 青山シズカ 有明リョージ

pixivに投稿された作品 pixivで「朱月サク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6689

コメント