ピクシブ百科事典

桐ヶ谷和人

きりがやかずと

川原礫による電撃文庫から刊行されているライトノベル、ソードアート・オンラインの主人公キリトの本名。
無題


仮想世界に魅せられた少年。SAO開始時では14歳、クリア時(文庫1巻時点)16歳。
埼玉県川越市で母親ととの3人暮らし(父親は海外に単身赴任中)。
物心つく前に事故で両親の鳴坂夫妻を亡くし、実母である葵の妹夫婦である桐ヶ谷家の養子として育った。その事実を10歳の頃に偶然知ってしまった事で他人との距離感が狂い、いつしかネットゲームに耽溺するようになった。

しかし、SAOをはじめとする仮想世界での経験を経て「仮想世界も現実世界も本質的には何も変わらず、相手を想う気持ちがあれば、その人が本当は誰なのかは関係ない」と悟ったことでその感情に整理をつけられ、現実世界に帰還後は義妹の直葉や養父母との絆も修復されて現在は友好な関係を築いている。
パソコンに関する能力は非常に高く、6歳から自作マシンを組み立て、10歳の頃には住基ネットの抹消記録に自分で気づいて両親を驚かせた。ゲームの才能は茅場晶彦をして最強と言わしめたが、電子工作技術はともかくゲームのスキルは現実世界ではあまり役に立たないこともあるからか彼自身は『ゲームが上手いだけの子供』というやや自虐的な評価を下している。

体格的には元々痩せ気味であったが、デスゲームに囚われていた間寝たきりであったためますます肉が落ち、生還してから1年以上経っても身体に筋肉などが付いていない。
元々は茅場晶彦に対して強い憧れを抱いていたが、デスゲームに囚われた事による月夜の黒猫団の件を始めとした様々な悲劇が引き起こされることになった元凶である彼に憤りを覚えるようになるも、デスゲームに囚われていなければ今や最愛の恋人となった結城明日奈を始めとしたかけがえのない人達とも出会えず、現実における家族とも和解する切っ掛けを掴めなかったことやALOやアリシゼーションにおける事件では窮地を救ってもらった恩もあることから今では怒りと理解や共感の入り混じった複雑なものとなっており、「やったことについては認められないが、憎みまではしない」という形に落ち着いている模様。

pixivに投稿された作品 pixivで「桐ヶ谷和人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7597479

コメント