ピクシブ百科事典

森谷りりか

もりやりりか

森谷りりかとは、『ナースエンジェルりりかSOS』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:麻生かほ里

概要

 『ナースエンジェルりりかSOS』の主人公で、ナースエンジェルに変身する。私立白鳩学園4年B組の明るく元気で優しい女の子。
 10歳の誕生日に転校生の加納望先輩(正体は別の宇宙にあるもう一つの地球・クイーン=アースの騎士カノン)から地球とクイーン=アースを守るためにダークジョーカーと戦い、命ある星に咲いているという命の花を探す使命を託される。
 加納に対して好意を持っているが、隣に住んでいる幼馴染クラスメイト宇崎星夜のアプローチには極めて鈍感。
 加納、星夜との交流とダークジョーカーとの戦いを経て、すべての人々を守りたいという強い使命感を抱くまでに成長していく。

ナースエンジェル

 りりかが「聖なる力、聖なる願い、ここへ!」の掛け声と共にエンジェルキャップが装着され、ナースエンジェルに変身。
 「眩く光、気高き白、聖なる大地の命の叫び。ナースエンジェル!天よりの使い!」の決め台詞で決める。
 エンジェルバトンに緑のワクチンの入ったカプセルを装填して戦い、ダークジョーカーを浄化する。ベールを羽衣にして空を飛ぶこともできる。

いのちの日



必殺技

エンジェルビーム
 エンジェルバトンの先から光線を放つ技。
エンジェルシャインスクロール
 エンジェルバトンを回転させ、バトンに光の力(緑のワクチン)を集め、それを一気に放出して攻撃(浄化)する。
エンジェルエイドボムビーム
 エンジェルシャインスクロール」の叫びから武器であるバトンに光の力(緑のワクチン)を集め、それをバトンの先端から一気に放出して攻撃(浄化)する。
エンジェルリングフォースシールド
 エンジェルリングから発せられるバリアで17話でデューイの攻撃を防ぐときに使われた。
ヒーリングフラッシュ
 25話で使用。全身から眩い白い光を発動させ、ブロスが仕掛けた幻影を消滅させた。
エンジェルエイドヒーリングフラッシュ
 26話で使用、全身から光を発生、カノンの精神に憑依していたブロスの精神を分離させた。
エンジェルリングフォースピクサー
 27話で使用、エンジェルリングから光を発生させ、隠れていた黒のワクチンを実体化させた。

専用アイテム

エンジェルキャップ
 りりかがナースエンジェルに変身するときに使用するナースキャップ。もともとはヘレナ王女がナースエンジェルを探し出す使命と共にカノンに託したものだったが、カノンはこれをりりかの10歳の誕生日にプレゼントとして手渡した。
 変身時に必ずりりかの手元になければならないというわけではなく、第9話では敵に奪われたキャップがりりかの念に反応して彼女の手元に戻るといった描写も見られた。
エンジェルバトン
 ナースエンジェルの主戦力となる武器で「エンジェル・ビューアップ」の掛け声と同時に発生させる。中に緑のワクチンの入ったカプセルを装着することで、ダークジョーカーを浄化する必殺技「エンジェルシャインスクロール」「エンジェルエイドボムビーム」の発動、黒のワクチンに冒された者や重い怪我や病気を負った者の治癒を行うことができる。
 緑のワクチンが装着されていない状態でも、バトンの先から光線を放つ「エンジェルビーム」などの技が使用可能だが、威力は緑のワクチン装着時より弱まる。
 「エンジェル・ビューアップ」「エンジェルシャインスクロール」「エンジェルエイドボムビーム」の台詞にはテロップが入っていた時期があった。
エンジェルハートカルテ
 ダークジョーカーや黒のワクチンに冒された者の居場所を突き止めることのできるアイテム。薄型の電子手帳のような形状で、タッチペンで操作する。カノンがダークジョーカーとなった際に、重要な役割を果たすことになる。
メディカルボックス
 小型のお医者さん鞄のような形状のアイテムで、大地のエネルギーを注入することにより傷ついた人を治癒したり、植物を芽吹かせたりすることができる。
ナースヒーリングペン
 ペン型のアイテムで、軽い怪我や頭痛の治癒ができる。

関連イラスト

生命の輝きは永遠に
ナースエンジェルりりかSOS
☆久々の色紙イラスト☆
りりかSOS!!
私の命をあげる



関連タグ

ナースエンジェルりりかSOS りぼん 主人公 変身ヒロイン
ポニーテール 金髪 小学生

外部リンク

ナースエンジェルりりかSOS[必殺技辞典]

ネタバレ注意

 物語序盤を終えた前半で、恋心を抱いていた加納がダークジョーカーとの戦いで戦死してしまう。
 悲しい想いを抱きながらも、加納の力を受け継ぎ正式に仲間となった星夜と共にナースエンジェルとして戦い続ける。

 幾度となく立ちはだかるダークジョーカーの幹部であるデューイとの戦いで、デューイが捨て駒として利用されていたことを知る。
 それまで敵対心を抱く相手でしかなかったデューイに対し、りりかは持ち前の優しさを持って、僅かに残った緑のワクチンの力を使って彼を助けた。
 その後、ダークジョーカーと成り果てて復活した加納の裏切りに再びつらい想いを抱き、緑のワクチンも持たないことも合わさって絶体絶命の状態にまで陥る。だが、直後に借りを返す形でやってきたデューイに助けられてからは、デューイを信じつつ、ダークジョーカーとの厳しい宿命に立ち向かうようになる。
 最終的にりりかは共に仲間である星夜と、加納とは逆に味方として協力してくれるようになったデューイの3人でダークジョーカーのボスであるブロスとの決闘に挑み、激闘の末に勝利する。
 加納も洗脳が解けて、ブロスとの因縁はここで閉ざされるようになる。その後りりか達3人は、ブロスが敗れた今もなお世界中に散らばるようになった黒のワクチンに蝕まれる地球を救うべく、ダークジョーカーの刺客達と闘いながら命の花を探すことになる。

 ところが、ダークジョーカーの勢力が増す中、一向に命の花は見つからずにりりかは11歳の誕生日を迎えるようになった。その誕生日の前日にミミナがりりかの記憶を覗き、驚愕の真実が明らかとなる。
 遠い昔、りりかの前世である先代のナースエンジェルが、ダークジョーカーに悪用されそうになった命の花を自分の命に封じ込めてしまった。探し求めていた命の花はりりかの命の中にあり、命の花を解放するためにはりりかの命を犠牲にしなければならないのだ。ミミナはカノンとヘレナに全てを伝え、カノンは命の花を咲かせる為に、りりかに遠い昔から定まっていた辛い運命を告げに行く。
 久しぶりに再会したカノンに自分の死を告げられ、当初「自分の命」と「世界の命」が天秤に掛けられたことで泣き崩れ苦悩するりりかだが、地球と大好きな人達を守るために、彼女は誕生日パーティの後に星夜とデューイの反対を押し切りナースエンジェルに変身。
 そしてヘレナは自分の残された力を全てりりかに与え、りりかは命の花を復活させ消えていく。
 このことで地球とクイーンアースに潜むダークジョーカーは全て消滅した。



































 目を覚ましたりりかは命の花の花畑で眠っていたことに気づき、同時に自身が生きていることに気づく。ヘレナが自身の全ての力を注ぎこんだお陰によるものだ。
 一方、クイーンアースでは命の花が開花したためにヘレナは健康を取り戻すことが出来たのだった。

pixivに投稿された作品 pixivで「森谷りりか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117513

コメント