ピクシブ百科事典

ダークジョーカー

だーくじょーかー

『ナースエンジェルりりかSOS』に登場する悪の組織
目次[非表示]

概要

ナースエンジェルりりかSOS』に登場する悪の組織。宇宙空間に拠点の居城を置いている。
地球の姉妹星であるクイーン=アースを滅亡寸前まで追いつめ、次の標的として地球侵略を目論む。

ダークジョーカーが「命の花」からつくる「黒のワクチン」には植物を枯らし、人々をダークジョーカーへと変える闇の力が秘められている。
ダークジョーカーはその力で地球を生のない静寂な死の惑星に変貌させることを企んでいる。
この黒のワクチンを清浄なる緑のワクチンに浄化できる唯一の存在がナースエンジェルである。

メンバー

基本的に魔術師超能力者である。
幹部以下はアニメ版は右手の甲、原作版は身体のどこかか衣服のパーツにダークジョーカーのしるしであるスペードのマークがついている。

ブロス

CV:堀川りょう
ダークジョーカーの首領。

  • アニメ版
圧倒的な長身で、ウェーブした長い緑髪とオッドアイ、緑色の唇(口紅?)と公家のような口調が印象的な魔術師
絶対悪と言うにふさわしい人格の持ち主であり、部下を捨て駒に使ったり卑劣な手を使って相手を貶め、またそれを愉しむ徹底した残忍ぶりをのぞかせる。
「冷酷で残忍、目的のためなら手段を選ばない。騙し、欺き、相手の最も弱いところを突いてくる。そして一度狙った相手は絶対に逃さない」というデューイの発言を聞けばいかに非道な人物かよく理解できるであろう。
自身の影から無数のコウモリを生み出したり、幻覚を利用した騙し討ち、強力な衝撃波を生み出すなど様々な能力を持つ。
配下はある程度容姿の良い男性ばかりで、デューイやカノンのような美少年を好む傾向も見られる。
  • 原作版
概ねアニメ版と同じだが公家口調ではなく、配下に対する妖しい描写もない。
弟がおり、ブロスなりに兄弟としての情があるらしい描写もあって、アニメ版とは若干印象が異なる。

幹部(アニメ版)

ケトー

CV:石井康嗣
序盤の敵役。原作版にも登場する。
首のあたりまでのウェーブした赤茶色の髪の青年。使い魔として飼っている黒猫を案外可愛がっている様子。
変装が得意で一般人になりすまし、りりかや周囲の人を騙して罠にかける。
同僚である以上に競争相手であるデューイとの関係はよくない。
失敗は咎められるのにケトーの作戦がある程度の結果を出してもさほど評価されず、ブロスの言葉ひとつでデューイにおいしいところを譲らされる展開が続く。

デューイ

デューイ


CV:渕崎ゆり子
右肩で三つ編みにした水色の髪と大きな青い瞳が印象的な、ブロスの覚えめでたい美少年。
魔物を使役するほか、自身も素早い動きとレーザーブレード、超能力を武器とする。
標的に対し冷酷なことを無邪気を装ったおどけた言動で行い、相手の動揺を誘う。
とくにりりかに対しては大はしゃぎで、歯の浮くようなキザなセリフを平気で連発する。
→詳細は個別記事を参照(※『概要』より下はアニメ版の重大なネタバレを多数含みます)

その部下(アニメ版)

第5話に登場。原作版にも登場する。
(アニメ版では幹部の配下だが原作版ではケトーと同格の様子)
食べた人を無気力状態にするクッキー(原作版ではパン)を売りさばく。

第6話に登場。
霧を操る。惚れっぽく、りりかにも恋していた。
第7話に登場。
電話に出た相手の思い出(記憶)を奪い取り、結晶化してコレクションしていた。
第8話に登場。
怒ったりりかに口上もろくに聞いてもらえず名前すら正しく呼んでもらえなかった。
第9話に登場。固有名詞は不明のまま。
加納になりすまし、りりかにナースエンジェルを辞めさせようと企む。

・その他、あまり高い知能をもたないような魔物や、ブロスや幹部、黒のワクチンがつくりだした魔物が多数登場する。

カイザー

原作版にのみ登場。口ぶりからするとケトーやルーヴとは同格らしい。
長いストレートヘアと下睫、紅を差したような唇という派手な顔立ちをしている。
直接の武器である蜘蛛の糸と卑劣な策略によってりりかたちを苦しめる。

レギ

原作版にのみ登場するブロスの弟。
中学1年生くらいの美少年。懐こい表情で、にこやかな笑みを浮かべていることが多い。
ブロスの弟らしい無邪気な残酷さを持つ。自信家で小賢しく、人を食ったような態度。
計略をめぐらすこと、またそれで物事や他人が自分の思いどおりに動くさまを見るのが大好きで、逆に相手に驚かされたり計算外のことが起きるのを嫌う。
若さゆえか彼の見識や策は自身が思うほど優れているとは言いがたく、詰めも甘い。
直接的な攻撃技のほか、人の心に干渉して操ったり行動不能にする催眠術のような能力を使う。
りりかのことを気に入っており、色仕掛けで迫る。

アニメ版の重大なネタバレ

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン























カノン
CV:菊池英博
第14話で亡くなったと思われていたが、ブロスの手に堕ち、黒のワクチンの力でダークジョーカーとして復活。
非常に卑劣な人格になっており、目つきや口調も別人のように険しくなっている。
戦闘服のデザインはそのままだが色が全体的に暗い色調に変わっている。
りりかに寄せられた思慕を最大限に利用し、まったく疑わず加納先輩が帰ってきたことをただ喜ぶりりか、彼の正体に気づいたがそのことをりりかに信じてもらえず苦悩する星夜を悪辣に弄ぶ。









ブロスの正体

ブロスとは「ダークジョーカーの母体である悪の意識体がつくりあげた実体のない不死身のモンスター」(デューイ談)である。
りりかは前世でもブロスと戦っていたような描写があり、その際に彼女は一時的に退けることはできてもブロスを完全に滅することはできなかった。
本編においてもりりかはブロスを倒したが、彼がそのような概念的な存在であるかぎりいつかまた遠い未来に力を蓄えて復活するのかもしれない。






















関連タグ

デューイ 森谷りりか

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークジョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28

コメント