ピクシブ百科事典

榊(.hack//G.U.)

さかき

.hack//G.U.に登場する人物。「The world」内に存在する巨大ギルド「月の樹」の二番隊の隊長。

「なるほど、死臭の漂うようなキャラだな...死の恐怖、ハセヲ君」

CV:小西克幸

概要

ネットゲーム「The World」内部に存在する礼節、秩序と調和を重んじる巨頭ギルド、「月の樹」の二番隊隊長。非常に切れ者で弁も立ち、また「The World」内の秩序を乱すものを見過ごせない正義感の強い性格でもある。「The World」のPKも同様の存在として断じているが、PK相手でも力だけでなく言葉で懐柔することも得意であり、かつて「赤鉄の鬼人」と恐れられたも彼に惚れ込み部下の一人となっている。
実質彼がギルド内の処務全般を行っており、ギルドマスターであるは唯のお飾りと揶揄して彼につくプレイヤーも多く、ギルド内部は2つの派閥で対立している。

PKKであるハセヲに度々接触し、PKKを辞めさせギルドに勧誘しようと試みているが性格の反りが合わず、その度に対立している。
逆に部下であるアトリは優しく話を聞き、導いてくれる彼に心酔しており、ハセヲとアトリの関係を険悪にさせる遠因となったりもしている。

関連タグ

.hack//G.U. ハセヲ アトリ



























※この先は.hack//G.U.の重要なネタバレが存在します





























榊〈Zenith〉


「これが榊だ!! The worldの神だぁ!!」



Vol.2中盤、彼はその醜悪な本性を現す。当初はをギルドマスターから蹴落とし、巨大ギルドのマスターになることを画策して行動していたが、その中でAIDAの存在を知り、その現実世界をも変え得る力の魅力に取り憑かれていった。
そして彼は八相の力を取り込ませ、能力を爆発的に増大させたAIDAを世界ネットワークに拡散させて人の思考を乗っ取り、争いの無い現実世界を築き上げる”という愚かしくも危険な思想に染まってゆく。

榊は碑文使いPCを持つアトリを駒として利用するために、AIDAで思考を乗っ取った上で彼女の心を踏みにじり、憑神イニスを覚醒させて従順な下僕として操る。そして、野望の手始めとしてギルド月の樹にAIDAをばら撒いてギルドが存在するエリアごとAIDAサーバー化、無数のプレイヤーをエリアに閉じ込め、AIDAに感染させた。(その過程でアトリに欅をキルさせている。)

アトリを救うべく月の樹に乗り込んだハセヲ達であったが、それも彼の計画の一つでありイニスにハセヲの持つ死の恐怖を喰らわせようとする。
しかし、逆に感染させたAIDAを除去されて失敗。想定外の事態に逃走を図るもシステム管理の手からは逃れることが出来ず、ハセヲ達に追いつかれてしまう。

だが、そこで”あの男”から貰ったAIDA<Victorian>に自ら感染。一度はハセヲ、アトリ達に倒され感染から解除されるも、その後自分の手で再度感染。自らがAIDAを操れることを条件にCC社の上層部を脅し、八咫をG.U.の指導者から引きずり落とす。

そして、システム管理者というまさに「The world」の神のような存在になった彼は暴走を加速させ、終には新世界の神になることを欲した。

あの男”の目的の前では、彼自身も一つの駒であるとは露とも知らずに。



リアル
本名、鵜池トオル。年齢はなんとまだ10歳の少年である(あの朔望よりも一つ歳下)。
裕福な家庭に生まれ、これまで不自由なく暮らしてきた小学生。学校の成績も優秀、友達も多く非の打ちどころの無い少年であった。しかし、彼は精神年齢が高すぎたせいか、同世代の子供達との会話では物足りなく感じるようになる。そんな時に始めた「The world」で彼は自分の年齢とは関係なく対等に扱われることに驚いた。
そして彼は自分を正しく評価して欲しい一心でゲームにのめり込んでいき、次第に「月の樹」の二番隊隊長という甘美な肩書に囚われて、変貌してゆく。

最終的には「The world」の真の守護者達にPCを顔面から叩き斬られ、殺された後にネットゲームおよびネットに関する記憶を全て削除される。
そして鵜池トオルという、ごく普通の小学生に戻ったのだった。

小説版では成人男性に設定が変わっており、売れない三流役者として登場している。
幼稚な承認欲求を満たしていたゲーム版とは異なり、こちらでは望んだ役割を演じることが、望むまま評価されることに愉悦を感じていた節があり、人の顔色を意識していたアトリの心の傷に、徐々に引きずられていったという描写がされている。

関連記事

親記事

.hack//G.U. どっとはっくじーゆー

兄弟記事

コメント