ピクシブ百科事典

段差

だんさ

段の差。……ああっ冷たい視線はよしてー。
目次[非表示]

概要

隣接する水平方向の平面の、それぞれの高さが異なる場合、各平面は「段」となり、段と段の高さの差が段差となる。地形の段差はとなる。
上の段と下の段が同じ物体(固体)の上にあり、崖の部分が凹凸のない垂直方向の平面である場合、上の段で段差に向けて物(乗せる物体にダメージを与えない重さで、転がりやすい形をしたもの)を転がせば、重力により物は段差から下の段へ落ちる。下の段で段差に向けて物を転がせば、段差にぶつかって物は止まる。
このように、限定的ではあるがのように空間を区切る役割を果たす場合もあり、舞台では役者俳優観客を、儀式の場では地位の高い者と高くない者を、空間を連続させながら明白に区切る機能を持つ。

段差が小さければ、壁に張り付く能力がない動物でも、一定以上の大きさや脚の長さがあれば、下の段から上の段へ上がり、上の段から下の段へ落ちずに降りることができる。小さな段差を連続させて、人間などが上り下りできるようにしたのが階段である。
踏み台脚立はしごなどで人工的に段差を作り、上ることで、地面からでは届かない物に手を触れることもできる。

ゲームのキャラクターは、段差から落ちない(落ちられない)、段差から落ちてもダメージを受けない(「ドラゴンクエスト」シリーズ。落ちない段差も多い)、段差から落ちてもダメージを受けないが底が見えないとアウト(「スーパーマリオブラザーズ」)、割とシビアにアウト(「スペランカー」)と、影響は様々である。
シミュレーションゲームでは、高低差をシステムで採り入れている場合、それにより移動先や攻撃の射程が制限されることが多い。

人間などの場合、段差の上に小さな方が、段差の下に大きな方が乗ると、身長差をある程度相殺する、もしくは身長差を逆転させることができるため、コンビカップリングで色々と想像が膨らむだろう、たぶん。

関連イラスト

「段差」と付けた様々なバリエーションのタグがあるため、「部分一致」で検索した方がいろいろと引っ掛かる。

あけまして


奥深墓
スペランカーにっき



関連タグ

 平面 階段 舞台
高さ 高い 低い 身長差

pixivに投稿された作品 pixivで「段差」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3894

コメント