ピクシブ百科事典

池田信彦

いけだのぶひこ

真鍋昌平の漫画『闇金ウシジマくん』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

『バイトくん』編(1巻)で登場するフリーター。29→30歳。高卒。

専門学校中退後、家を出て親の仕送りと週4日のバイトで生計を立てていたが、それらをパチスロで溶かしてしまう、後の更生前の宇津井優一と同様の典型的なダメ人間。ついにはバイト先の後輩からバカにされてバイトを止め、果てには丑嶋馨が仕切る闇金業者「カウカウファイナンス」に手を出してしまう。

人物

理想だけを追い続け、それを現実にするための努力や下積みを行っておらず、パチスロばかりして借金を抱え、そのことを棚に上げて自分を「天才」と称する、いわば「遅めの中二病」(裏を返せば、「見苦しさの天才」なのだが)。

周囲の人間を心中で見下している非常に傲慢な性格だが、見下しているヤンキーと争う気はない小物である。おまけに、バイト先の同僚からは「年上のクセに全然仕事出来ない」と陰で嘲笑され、「たまにタメ口で訊くと露骨に嫌な顔をする。その年でアレだったらヤバい。オレだったら死んでる」、「(池田のような)自分たち以下の人間見ていると、まだ自分たちがマシに思えるから、あの人(池田)の存在に感謝している」と皮肉られた。

専門学校を中退後、一人暮らしを始め、週4日のバイトと仕送りで生計を立てるが、上述の通り、バイトを止め、パチスロで借金を抱え、果てには「カウカウファイナンス」に手を出し200万円の借金を上乗せしてしまう。最終的には親に100万円を肩代わりさせるハメになってしまい、丑嶋に「生命保険の加入」を促されてしまう。駅のホームで投身自殺を図ろうとするも、丑嶋に「返済がまだだぜ」と止められる。

その後、丑嶋によって残りの借金100万円(+紹介料30万円)を返済するために、山奥のタコ部屋に送られ日給3000円の仕事をさせられるが、そこで働くことに生き甲斐を見出し、終盤で一皮むけた笑顔を見せた。

丑嶋いわく「金さえ回収できれば、池田はどうなってもいい」とのことだが、結果的に丑嶋によって救われたことになる。

関連タグ

闇金ウシジマくん
ダメ人間人間のクズ更生成長
宇津井優一 - 池田と似ているが、こちらは異なった経緯で更生している。

コメント