ピクシブ百科事典

小川純

おがわじゅん

真鍋昌平の漫画『闇金ウシジマくん』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

『ギャル汚くん』編(4巻~5巻)で登場するフリーターの青年。22歳。通称「ジュン」。
自身を低学歴といっており、最終学歴は中卒高卒であることが分かる。
その名の通り、ギャル男であり、中肉中背の体系が特徴。家族には両親と中学生くらいの妹がいることが明かされている。
音楽バンドのイベサーイベント系サークル)「バンプス」の代表で最年長者であり、仲間からは「お父さん」と呼ばれているが、慕われているというわけではなく、むしろ年長者であることを皮肉って言われているという方が正しい。
口癖は「にーっ」であり、感情が高ぶった時によく言う。また、よく鼻水が出るが、病気なのかは不明。

人物

自信のない自分にコンプレックスを抱き、無理して複数の人脈を作った上に多額の借金をしてまでイベサーで成り上がろうとしているが、そのための努力や下積みを行ってる様子はないばかりか、バイト先の「日焼けサロン」で遅刻を繰り返した挙句最新マシンを勝手に使って日焼けして店長に叱られてその時点でバイトを止めるなど怠惰なうえに金遣いが荒い性格である。
既に消費者金融から返せなくなるほどの借金を重ねてブラックリスト入りしており、日頃から周囲の人間から金を無心しすぎたせいで返済も滞納しており、信用を失って孤立に近い状態になっており、果てには両親からも借金絡みのトラブルで絶縁されている。更には複数の人脈を作りすぎたことが仇となり、協賛金やハコ代、みかじめ料ケツモチ料)に追われている。美人局に協力させられている(している)親友の根岸雄太(通称:ネッシー)からは「無理してイベサーやることはない」、「もっと自分を大事にしろ」と説教されている。
おまけに、たまたま歩いてた女子中高生を見かけて「おっ!!カワイイ」と言うなどロリコン疑惑あり。

一見周囲の人気者だが、実際の人望は全くない。そのため、年下の仲間の「イケメンゴレンジャイ」の尚也以外のメンバーからはバカにされている(彼らは家が金持ちで高価なものを身に着けており、ジュンと尚也が貧乏であることが理由。また、それぞれ18歳で受験生であることも相まって、ジュンに連れまわされることに不満を抱いていることも兼ねているとも見て取れる)。

バンプスのイベント資金を集めるために借金を重ね、行き詰った際に、愚かにも「闇金業者から金を借りて踏み倒そう」という不届き者として丑嶋馨を恐喝で訴えて示談金を取ろうとする。このやり方はネッシーから教わったが、あくまで「理論的に可能」と言っただけであり「成功する補償の有無」を言っていない。そのため、丑嶋の弁護士や部下たちの活躍により丑嶋が釈放されて失敗。さらに周囲に無心した金の債権もカウカウファイナンスに買い取られ、計200万円の借金(+利息分475万円)を負う。

それを前後して、自分にイベサーの件を連絡をしなかったため、ジュンから金をせしめようと駆けつけた暴走族のヘッド・石塚ミノル(通称:豚塚)に助けを求めるが、石塚自身は相手が悪い丑嶋から身を引こうとするために丑嶋にメンチを切ってジュンを見限り、その場を後にした。

尚也を襲った肉蝮の恐喝から始まったトラブルに巻き込まれた挙句、保身のために親友のネッシーを肉蝮に売ってしまい、最後は自らがのし上がるために、なりふり構わず毒を持て余したことが仇となり、再度「今度は被害届出さない」、「お前らみたいな闇金業者は警察に捕まっちまえばいいんだ」などと丑嶋らを恐喝したため、丑嶋たちによって樹海に連れて行かれる。

全裸にワインと蜂蜜を体にかけられ、丑嶋に最後のチャンスとして「借金の保証人になるやつが1人でもいれば開放する」、「(やっぱりイベサーで稼いだ金で返済すると言った)お前の言葉は信用できない」として電話をかけさせたが、助ける者は誰もいなかった(親とイケメンゴレンジェイに至っては電話にすら出なかった)。
その後、言葉通り、匂いを嗅ぎつけた虫が体中に群がる中、樹海の中に放置されるという凄惨な末路を迎えた。

実写版

映画オリジナルの設定で幼馴染の鈴木未來とスポンサーの猪股が登場しており、前者の方は他の人物とは逆にジュンを尊敬している。
冒頭でイベサーに出資するはずだった猪股が取り立てで丑嶋達に拉致されてスポンサーの取引が台無しとなってしまう。ちなみに丑嶋に追い詰められた猪股の末路は奇しくもジュンと同様に味方だと思っていた仲間達から見捨てられるというものであった。
終盤で樹海に放置されたシーンでは偶然未來から電話がかかってきて藁にもすがる思いで助けを求めようとしたが、ちょうど人生をやり直そうとしていた彼女の話を聞いている内に「(未來を)巻き込みたくない」「自分のツケは自分で払う」と諦めて自ら死を選んだ。なお、当の未來は(樹海での状況を知らないまま)これからもジュンの味方でいるつもりであった模様。

大筋は原作通りであるものの、本当の意味で味方になってくれる者が1人だけいた事が原作以上に悲惨と言える。

関連タグ

闇金ウシジマくん
人間のクズ ギャル男 因果応報 ルサンチマン

コメント