ピクシブ百科事典

宇津井優一

うついゆういち

真鍋昌平の漫画『闇金ウシジマくん』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

『フリーターくん』編(7巻~9巻)に登場するニートに近いフリーターの男。

宇津井家の長男。35歳独身。神奈川県相模原市在住。高卒(推定)。普通免許所持。
日雇い派遣として働いているが、稼いだ金をパチスロに溶かし、借金を重ねるなど、更生前の池田信彦同様、典型的な「ダメ人間」。そのことを「鬱ブログ」という題でブログを綴るなど、根暗。

人物

一般常識や、仕事能力および仕事を探す根気などがほとんどない。おまけに礼儀知らずで他人の話も聞き入れない、キレると怒鳴り散らす、空しくなると泣き喚くなど、言動が情緒不安定で稚拙かつ自己中心的。

他人の成功談に対して過剰に蔑んだり、見栄を張ったり、年齢を聞かれるとすぐに偽る等、自尊心や虚栄心だけは人一倍に強い、「身体だけが大きくなった子供そのものな性格(いわゆる「ピーターパン症候群」)」。

旧友・橋本との再会時には、彼より先に小学校時代の話をしたり、その上で「小学校の頃から変わっていない」と自分を評するなど「小学校時代が全盛期」である。

金銭感覚も麻痺しており、多重債務者であるにもかかわらず、さらに借金して閲覧料を徴収される出会い系サイトで性交渉を求めたり、ネットで借金を減額する方法を検索しても「正社員になってからやろう」と先送りして携帯に届いたパチンコ店のDMを見てパチスロに逃げ込むなど、危機感を持たず、問題を解決しようとする意識もない。

そんな性格故に派遣先では年下の同僚から「人生を甘く見ている」と毒づかれたり、橋本夫妻からも散々貶されるなど、親類を含む接した人間のほぼ全員から徹底的にディスられている。
また、両親も自堕落な人物であり、特に母は優一と同様に金銭感覚がいい加減で成功する保証の無い株に手を出して多重債務者となった挙句に親戚にまで借金を求める有様である(そのせいで最終的に親戚から見放された)。

生活費の件で母と喧嘩の上、実家を勘当され、ネットカフェで生活の後、ゲストハウスに入居するもコミュ障が祟って孤立。日雇い労働の中で「椎間板ヘルニア」を患ってしまった事でゲストハウスの家賃を払う事ができなくなり強制退去。その後、ホームレス生活を送るが、そこでも自分のiPodを盗られたと誤解して騒ぐなどして周囲に馴染めずに孤立。

結末

浮浪の末にヤンキーにお金を盗られ殺されかけ、両親に電話で謝ろうとした際に母が倒れた事を知らされ、命辛々母の入院する病院へ行き、ついに両親と和解。その後、搾取されながら丑嶋馨に泣いて縋る両親の姿に痛嘆し、「自分が両親を守る」と宣言。そのことで丑嶋から精神的成長を遂げた姿に興味を持たれ、借金を「月5万円ずつの12回の返済」に減額される。これは、普段暴利を貪っている丑嶋からすれば超厚遇措置である。

その後は自己破産し、介護の仕事やパン工場で働き始める。借金返済も順調であり、職場では安易に仕事を辞めたがっている同僚を窘めるなど、驚くほどにダメ人間から立ち直る幸福な結末を辿った。
それに伴い、家族との関係も修復する。

関連タグ

闇金ウシジマくん
ダメ人間人間のクズ成長更生
池田信彦 - 宇津井と似ているが、こちらは異なった経緯で更生している。

コメント