ピクシブ百科事典

沈黙の鎌

さいれんすぐれいぶ

沈黙の鎌は、『美少女戦士セーラームーン』に登場する、セーラーサターンの所持する戦鎌である。
目次[非表示]

セーラーサターンの持つ巨大な。「」と訳されているが、「グレイブ」とも呼ばれるように、形状は農耕用の大鎌よりも戦鎌薙刀に近い。タリスマンより格上の威力を誇り、敵のパワーなどを吸収する力がある。この武器は総ての生と死を司るとされ、「死の女神の鎌」の別名を持つ。これが振り下ろされるとき、世界は崩壊すると言われている。

鎌から出す禁忌技はアニメと原作によって違う。

死世界変革(デス・リボーン・レヴォリューション)

原作では世界そのものを破滅させてしまう禁断の技。
沈黙の鎌を掲げ、体を数回転させると無数のリボンが現れて消え、同時に負のエネルギーで全てを破滅させる(リボンはもともとコスチュームの袖部分)。その力は一つの世界、即ち星系一つを消滅させる。
対戦格闘ゲームでは沈黙の鎌から発生した高い破壊力の衝撃波を飛ばすことが攻撃する。
革命ではなく、変革である。

不動障壁(サイレンス・ウォール:、サイレント・ウォール:

鎌を全面に押し出すことで発生するバリア。第四部においてアマゾネス・カルテットからの攻撃を避けるために使用する。

沈黙鎌奇襲(サイレンス・グレイブ・サプライズ)

原作と対戦格闘ゲームでは他のセーラー戦士たちと同じ通常の必殺技で、沈黙の鎌の刃から発生した強力な電撃が敵を貫く。また雷光を飛ばして攻撃もできる。
アニメでは沈黙の鎌から発生した高い破壊力のエネルギー光球を拡散させ、沈黙の鎌を頭上から振り下ろし、周囲の環境が破滅の閃光に包まれた後消滅する。この技は世界そのものを破滅させてしまう禁忌の技(『S』ではこの技をファラオ90の体内で使用して一度は消滅したらしい)だが、セーラーちびムーンの体を張った説得で破壊力の片鱗を見せるに留まった。

関連記事

親記事

セーラーサターン せーらーさたーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沈黙の鎌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22246

コメント